サポートマネージャー
 

概要

パソコン故障を防ぐため、常にデータバックアップを心掛けておいたほうがいいです。また、ハードディスク交換やデータ保護等の目的なら、HDDクローンは一番楽なバックアップ方法です。まだ間に合う内にHDDクローンでデータをバックアップしましょう!


HDD コピーHDDクローンたは元ハードディスクから先ハードディスクへOSを含んで丸ごとコピーし、同じ内容のハードディスクを作成することができます。専用ツールを借りると操作はとても簡単です。元ハードディスクが壊れた場合、パソコンの交換やイメージファイルを復元必要がなく、クローン先からデータをすぐ取り出すことができます。もしくは、先ハードディスクをパソコンに取り付けると、すぐに元のまま(パソコン設定、データ、システム、アプリケーション等も変わらない)パソコンを使い始めることはできます。だから、HDDクローンは一番楽なHDDバックアップ方法と言えるでしょう。

次の状況でHDDクローンを利用したら、非常に便利です。

HDDを壊れる寸前、HDDのデータを丸ごと移行したい。

コンピューター全てのデータをバックアップしたいが、一番便利な方法でやりたい。

HDDをOSごとにSSDにコピーし、SSDをパソコンに取り付けると、SSDから起動でき、データもパーティションも元のままにしたい。

パソコンの寿命を更に何年間を伸ばしたいので、大容量HDD/SSD交換をしたい。

HDDが妙な音がして、HDDに異常を感じた時、HDDを丸ごとバックアップ/クローンしたい。

HDDクローン専用ツールで、クローン作業を簡単に!

「Renee Becca」はパソコンデータをバックアップ、クローン用の専用ツール。無料ソフトですが、とても豊富な機能を備えています。ファイル/パーティション/OS/ディスク単位のバックアップ、HDDクローンはもちろん、OS移行機能もあります。HDDからSSDに換装する時はお役に立てます。更に、パソコンデータ消去機能もついています。初心者でも手軽に操作できるように設計されています。

Renee BeccaはWindows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP など複数のOSを対応できます。

HDDクローン専用ツールRenee Beccaを利用すると、複雑そうなクローン作業も簡単になります!

>>> HDDクローンソフト無料体験版を取得!

パソコンが壊れる前に強力なバックアップフリーソフトでパソコンのデータをバックアップしておきましょう!フリーソフトとわずかな操作時間、5000円ぐらいで入手できるHDDで、パソコンを爆速化にしたら安いもの。

パソコン高速化
目次に戻る

初心者もわかる簡単にHDDクローンする方法

Renee Becca」は初心者も簡単に自分で操作できるHDDクローンフリーソフトです。次に初心者も分かるHDDクローンの簡単方法を紹介します。

まず、パソコンにフリーソフトをダウンロードし、インストールしてください。

動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。
Windows版ダウンロード
※インストール後、無料でライセンスキーをもらって、ソフトを登録すると、製品の制限がなくなります。

ステップ1:ソフトを起動し、「クローン」-「ディスクのクローン」をクリックします。

ディスクのクローンを選択します。
ヒント:

OSシステムのみをクローンしたい場合、「システム移行」をクリックしてください。

ステップ2:クローン元とクローン先を選択します。

ディスクをブート可能にする
ヒント:

ディスククローン後、OSシステムをそのまま利用したい場合、「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」にチェックを入れてください。

HDD(SSD)から起動する必要がなく、ただのデータをクローンする場合、「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」にチェックを入れないでください。

目次に戻る

大容量HDDを無駄なく利用する

OSを含みHDDの全てを大容量HDD/SSDにコピーして、HDD/SSDからパソコンを起動したいが、元HDDより多い空間は利用できますか?

はい、ソフトを利用して、余った未割り当て部分を新しいドライブを作成するか、既存のパーティションを拡張することができます。もしクローンする時、多い容量の配分を忘れても、後でソフトを利用して配分できます。

HDDを無駄なく利用するには、次の操作方法を参照してください。

1.クローン設定するとき、多い領域を配分する場合

多い容量を配分する
1.同じサイズのパーティションを増やす:

クローン元のHDDとクローン先のHDDの容量差を比例配分してパーティションを作成します。

例:同じサイズのパーティション2つを増やす、

クローン元のHDD:200GB、クローン先のHDD:300GB

変更後結果 -

パーティション追加
2.パーティション拡張:

クローン元のドライブサイズに比例して、未割り当て領域が自動的に元ドライブに追加されます。

例:クローン元のHDD:60GB

Cドライブ:20GB、Dドライブ:40GB

クローン先のHDD:120GB

Cドライブ:20GB⇒40GB、Dドライブ:40GB⇒80GB

変更後結果 -

パーティション拡張
3.元のサイズを維持:

クローン先はクローン元より多い容量を処理しません。未割り当て領域のままにします。

例:クローン元のHDD:200GB、クローン先のHDD:300GB

変更後結果 -

元のサイズを維持
目次に戻る

2.クローン設定するとき、多い領域の配分を忘れた場合

クローン設定するとき、多い領域の配分を忘れたても問題ありません。クローン完了してからでも、簡単に配分できます。
大容量HDD無駄なく利用する
注意:

これはHDD変換完了後利用できる、多い領域の配分方法です。HDD変換前にこの方法を利用すると、交換後、HDDから正常にパソコンを起動できなくなります。

ステップ1:ソフトを立ち上げ、「ツール」-「ディスクの管理」をクリックします。

ディスクの管理画面が表示されます。

ディスクの管理

ステップ2:ハードディスクの未割り当て部分を右クリックし、「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

すると、新しいパーティションが作成されます。

新しいボリューム作成
注意:
  1. 大容量のHDD導入時には注意!MBR形式のHDDは「2TB の壁」という容量の壁が存在するため、最大2TBの容量のみ利用できません。従って、MBR形式のHDD容量が2TBを超えた場合、2TB超え部分の容量配分ができません。
  2. MBR形式のHDDは、プライマリパーティションは4つまでしか作れません。すでに4つのパーティションが存在した場合、パーティションを増やすことができません。多い容量は既存のパーティションに拡張してください。
目次に戻る

動画で操作手順を確認する

次の動画から操作手順を確認できます。
注意:

1、OSをリカバリーする時、Windowsシステムが起動できないため、起動メディアの作成が必要です。詳しくはOSバックアップ方法を参照してください。
2、バックアップソフト以外、クラウドにデータの保存も利用できます。ただし、iCloudから個人情報流出事件の発生から見ると、やはり安心できない感じ。

パソコン故障を防ぐため、常にデータバックアップを心掛けておいたほうがいいです。また、ハードディスク交換やデータ保護等の目的なら、HDDクローンは一番楽なバックアップ方法です。まだ間に合う内にHDDクローンでデータをバックアップしましょう!
Windows版ダウンロード
目次に戻る

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

  • k.moriya

    6年経過したHDDを交換したくクローン作製に挑戦しました。Windows10、64bitです。
    ソフトはReneeBeccaを有償でダウンロードしました。
    ソフトを実行しクローン作製を始めて約15分経過したところで、データ転送中にエラー発生となり
    ストップ、何回繰り返しても解決しなく、レニーラボラトリーのテクニカルサポートへメールで相談しました。テクニカルサポート担当者と何回かメールのやり取りをして、やっと解決しました。
    今回はテクニカルサポート担当者様のエラー解決への対応について、的確にかつ
    真摯に、更にはスピーディーに行っていただき感謝しております。十分に満足です。
    レニーラボラトリーテクニカルサポートはしっかりしていると大いに感じました。
    何でも気軽に相談できるテクニカルサポートと思いました。

    • reneelab_support_jp

      弊社ソフトをご利用くださいまして、誠にありがとうございます。
      今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • Kosei Japan

    おはようございます。このサイトを見て質問したいことがあります。
    (https://www.reneelab.jp/hdd-clone-free.html)

    HDDからまるごとコピーをしてSSDに移した場合、SSDからの起動はできますか?なぜならついこないだ、M.2を他のやつで使っていて新しい基板上にM.2を取り付けたとき、BIOSもろとも認識しず、起動が出来ませんでした。この様な問題は起きないでしょうか?
    今考えているのが、Win7(メーカー製)が入ったHDDから他のHDDに移したいと思っています、しかし普通にPCケースにWin7が入った(古い方の)HDDを入れて起動しようとするとエラーが起こります。原因はそもそも他のPCで起動しているということだと考えておりますが、実際この様な問題がまるごとコピー「後」に起こるか心配です。お教え願います。

    • reneelab_support_jp

      コメントありがとうございます。
      1.HDDから丸ごとコピーしてM.2のSSDに移し、M.2のSSDから出来るか?という疑問ですか?M.2のSSD切口はHDDの切口は同じであれば、問題なく起動出来るはずです。
      2.新しいHDDからWin7 PCを起動するには、BIOSで起動順番に新しいHDDを一番目にする必要があります。

      そのほかご不明な点がございましたら、また気軽にお問い合わせください。

  • reneelab_support_jp

    この度はRene.E Laboratory サポートセンターへお問い合わせ頂きありがとうございました。

    >無事完了しましたが、OSがコピーされていません。

    OSもコピーしたい場合、「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」にチェックを入れる必要があります。
    今この機能は無料版が利用できません。

    >作業を行っている途中で、フォーマットを行いますか?の表示が表れた形跡がありました。作業中に人の手が関与する場面があるのでしょうか?

    フォーマットしないでください。このメッセージを無視してください。

    >また、コピー先である新品のHDDは、フォーマットも何もされていない勿論パーテイションも設定されていない、まっさらな状態でしたが、これで良いのでしょうか?

    大丈夫です。クローン後はクローン元と全く同じ状態になります。

    またよろしくお願い致します。