author avatar
  サポートマネージャー  

概要

PCのストレージはHDDからSSDに主役が交代しています。HDDからSSDへのクローン、SSDからSSDへのクローンは必須能力とされるでしょう。また、ハードディスク交換やデータ保護等の目的で、HDD/SSDクローンは一番楽で効率的な方法です。この記事は2020年最新・初心者向けなHDD/SSDクローン・コピー・換装方法を紹介します。



HDD コピー
日本HDD協会(IDEMA JAPAN)によると、近年、HDDの年間出荷台数は減少を続け、5年連続のマイナス成長しています。世界でもHDD出荷台数は過去6年で約3分の2に減少しました。PCのストレージはHDDからSSDに主役が交代しています。HDDからSSDにクローン、SSDからSSDへのクローンなどが重要なスキルとなるでしょう。
クローンたは元HDDから先SSDへOSを含んでディスクを丸ごとコピーし、同じ内容のハードディスクを作成することができます。専用ツールを借りると操作はとても簡単です。元HDDが壊れた場合、パソコンの交換やイメージファイルを復元必要がなく、クローン先からデータをすぐ取り出すことができます。もしくは、先ハードディスクをパソコンに取り付けると、すぐに元のまま(パソコン設定、データ、システム、アプリケーション等も変わらない)パソコンを使い始めることはできます。だから、HDDからSSDへのクローンは一番楽なHDDバックアップ方法と言えるでしょう。

次の状況でHDDクローンを利用したら、非常に便利です。

HDDを壊れる寸前、HDDのデータを丸ごとSSDへ移行したい。

コンピューター全てのデータをバックアップしたいが、一番便利な方法でやりたい。

HDDをOSごとにSSDにコピーし、SSDをパソコンに取り付けると、SSDから起動でき、データもパーティションも元のままにしたい。

パソコンの寿命を更に何年間を伸ばしたいので、大容量HDD/SSD交換をしたい。

HDDが妙な音がして、HDDに異常を感じた時、HDDを丸ごとバックアップ/クローンしたい。

一、SSDの分類と選択

一般的なインターフェイスの種類によると、SSDは、SATA SSDとM.2 SSDの2つのカテゴリに大別できます。
おすすめ - ADsRenee Becca - 安全高速にSSDクローン・システム移行 クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDの性能を引き出す。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント 4KアライメントでSSDの性能を引き出...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

1.SATA SSD

SATA SSDは従来のハードディスクのSATAインターフェースを引き続き使用します。このインターフェースは依然として主流のハードディスクで広く使用されています。 さらに、SATA SSDはAHCIプロトコルのみをサポートしますが、SATA SSDは従来のHDDより約3倍高速です。

SATA SSD

2.M.2 SSD

M.2 SSDは小さくて薄いため、ノートブックコンピューターに最適です。 M.2 SSDはAHCIおよびNVMeプロトコルの両方と互換性があり、SATAまたはPCI-eチャネルを使用できます。 M.2 SSDの速度は、一致するプロトコルとチャネルにも依存するため、すべてのM.2 SSDがSATA SSDよりも高速であるわけではないことに注意してください。

M.2 SSD

次の表から、異なるプロトコルを実行する異なるインターフェースが異なる速度を生成することを理解できます。 NVMeプロトコルを実行すると、M.2 SSDの転送速度が最速になります。

SSD接続規格プロトコル速度
SATA SSDSATAAHCI550MB/s
M.2 SSDSATAAHCI550MB/s
M.2 SSDPCI-eNVMe3200MB/s
TipsM.2 SSDを購入すると、プロトコルを製品情報で確認できます。
M.2 SSDがNVMeプロトコルを実行している場合、製品にはNVMeというラベルが付けられます。 SATA M.2などの他の単語が表示される場合、AHCIプロトコルが一般的に使用されます。
M.2 SSDプロトコル

SSDの分類を理解した後、SSDの選択には、コンピューターのマザーボードに合わせてそれらを一致させる必要があります。 次に適切なSSDの選択方法を説明します。

二、HDDからSSDにクローンするには?

SSDをインストールしたら、次のステップは通常システムをインストールすることです。 ただし、システムのインストールには時間がかかり、インストール後、元のファイルデータとアプリケーションを新しいシステムに移動する必要があります。 現在、ほとんどのユーザーは、古いハードディスクのデータとシステムを新しいSSDに直接移行する傾向があり、このシンプルで高速な方法は、サードパーティのクローンソフトを使用するする必要があります。

しかし、クローンソフトが多くあります。どちらがより実用的ですか? 次に、3つの人気のある無料のクローンツールを紹介します。

おすすめ - ADsRenee Becca - 安全高速にSSDクローン・システム移行 クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDの性能を引き出す。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント 4KアライメントでSSDの性能を引き出...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

HDDクローン専用ツールまとめ

Clonezilla

Clonezillaはパーティションとディスクイメージのクローン作成用のフリーソフトであり、1つの機能しかありません。 使用する時、Ghostなどの仮想環境で操作し、USBドライブまたはCDを使用する必要があります。 全体のプロセスは複雑で扱いにくく、操作インターフェースは理解しにくく、初心者には使いやすいものではありません。

Clonzialle

特徴

  • USBまたはCDから実行できる無料ソフトウェア。バックアップにより、ハードドライブ全体または単一セクターを復元できます。
  • 要求目标分区必须等于或大于源分区,差异/增量备份尚未实现。ターゲットパーティションはソースパーティション以上である必要があり、差分/増分バックアップ機能はありません。

こんなユーザにおすすめ:特定の専門知識を持つ人々に適しています。

すすめ度:★★☆☆☆

Renee Becca

Renee Beccaはパソコンデータをバックアップ、クローン用の専用ツール。無料ソフトですが、とても豊富な機能を備えています。ファイル/パーティション/OS/ディスク単位のバックアップ、HDDクローンはもちろん、OS移行機能もあります。HDDからSSDに換装する時はお役に立てます。更に、パソコンデータ消去機能もついています。初心者でも手軽に操作できるように設計されています。

SSDクローンソフトRenee Becca

特徴

  • ソフトウェアには、自動4Kアライメント機能が組み込まれており、SSDが最高のパフォーマンスを達成するのに役立ちます。
  • 個人のプライバシーを保護する観点から、ディスク/パーティション消去機能が提供され、データの削除と個人データの保護に役立ちます。

こんなユーザにおすすめ:初心者も自力で操作できます。

すすめ度:★★★★★

Drive Image XML

Drive Image XMLは、パーティションと論理ドライブのバックアップとイメージの作成する信頼性の高いプログラムです。プライベートバージョンは無料ですが、商用バージョンは有料です。 無料のプライベートエディションは自宅のコンピューターでのみ使用でき、商用利用はサポートされていません。 Drive Image XMLインターフェースはシンプルで簡単に相談でき、初心者にも適しています。

DriveImage XML

特徴

  • ファイルの参照、表示、抽出、ドライブのバックアップと復元、自動バックアップのスケジュールをサポートします。
  • パーティションのバックアップには役立ちますが、システム移行機能はありません。

こんなユーザにおすすめ:初心者もプロも適しています。

すすめ度:★★★☆☆

まとめ

ソフトClonezillaDrive Image XMLRenee Becca
システムバックアップリカバリ
ファイルバックアップ
システム移行
ディスク/パーティションクローン
バックアップスケジュール
データ消去
プロフェッショナルで信頼性の高いRenee Beccaは、より理想的であり、より強力な機能と柔軟性を備えていることがわかります。 Renee Beccaは、ディスク/パーティションのクローン作成とシステム移行の実行に役立つだけでなく、自動4Kアライメント機能も提供するため、時間を大幅に節約できます。 それでは、SSDの4Kアライメントに必要ですか? SSDが4Kアラインされていない場合、読み取りと書き込みの速度が影響を受け、SSDの寿命が短くなります。

さらに、一部のユーザーは容量が小さいSSDの購入し、古いハードドライブを新しいものにクローンする方法は不明です。Renee Beccaも役立ちます。大容量HDDを小容量SSDにクローンすることもできます。

パソコン高速化

初心者もわかるHDDからSSDにクローンする方法

方法1:HDDを丸ごとSSDへクローンする

Renee Beccaは、元のHDDのパーティションサイズに応じて、ターゲットSSDに小さなパーティションを作成し、データをSSDの対応するパーティションに転送できます。

デスクトップコンピューターの場合、SSDをインストールした後、通常は同じデバイスでHDDのクローンを直接作成できます。 ラップトップコンピューターの場合、新しいSSDをインストールした後、取り外したHDDをハードディスクボックスに入れ、そのボックスをコンピューターに接続してから、クローンを作成する必要があります。

Renee Beccaは初心者も簡単に自分で操作できるHDDクローンフリーソフトです。次に初心者も分かるHDDクローンの簡単方法を紹介します。

まず、パソコンにフリーソフトをダウンロードし、インストールしてください。

動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。
おすすめ - ADsRenee Becca - 安全高速にSSDクローン・システム移行 クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDの性能を引き出す。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント 4KアライメントでSSDの性能を引き出...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!
ステップ1:ソフトを起動し、「クローン」-「ディスクのクローン」をクリックします。
ディスクのクローンを選択します。
ステップ2:クローン元とクローン先を選択します。
クローン先とクローン元の指定。ディスクをブート可能にする

方法2:HDD上のシステムをSSDに移行する

Renee Beccaは、元のHDD上のシステムパーティションと関連するブート情報をSSDに書き込むことができます。

デスクトップコンピューターの場合、SSDをインストールした後、通常は同じデバイスでHDDのクローンを直接作成できます。 ラップトップコンピューターの場合、新しいSSDをインストールした後、取り外したHDDをハードディスクボックスに入れ、そのボックスをコンピューターに接続してから、クローンを作成する必要があります。

ステップ1:Renee Beccaをパソコンにダウンロード・インストールします。
おすすめ - ADsRenee Becca - 安全高速にSSDクローン・システム移行 クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDの性能を引き出す。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント 4KアライメントでSSDの性能を引き出...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

ステップ2:ソフトを起動し、左側の「クローン」を選択ます。OSを移行する前に、SSDをパソコンに接続し、「クローン」をクリックし、「システム移行」をクリックします。

システム移行を選択します。

ステップ3:システム移行先にSSDを選択します。

移動元と移動先を選択します。

SSDが正常に起動できる場合は、HDDの元のシステムパーティションをフォーマットし、ディスク領域を引き続き使用できます。 または、コンピューターの電源を切った後、元のHDDを取り外してコンピューターを再起動します。 次に、HDDをコンピューターに接続し、パーティションをフォーマットします。

大容量HDDを無駄なく利用する

OSを含みHDDの全てを大容量HDD/SSDにコピーして、HDD/SSDからパソコンを起動したいが、元HDDより多い空間は利用できますか?

はい、ソフトを利用して、余った未割り当て部分を新しいドライブを作成するか、既存のパーティションを拡張することができます。もしクローンする時、多い容量の配分を忘れても、後でソフトを利用して配分できます。

HDDを無駄なく利用するには、次の操作方法を参照してください。

1.クローン設定するとき、多い領域を配分する場合

多い容量を配分する
1.同じサイズのパーティションを増やす:

クローン元のHDDとクローン先のHDDの容量差を比例配分してパーティションを作成します。

例:同じサイズのパーティション2つを増やす、

クローン元のHDD:200GB、クローン先のHDD:300GB

変更後結果 -

パーティション追加
2.パーティション拡張:

クローン元のドライブサイズに比例して、未割り当て領域が自動的に元ドライブに追加されます。

例:クローン元のHDD:60GB

Cドライブ:20GB、Dドライブ:40GB

クローン先のHDD:120GB、

Cドライブ:20GB⇒40GB、Dドライブ:40GB⇒80GB

変更後結果 -

パーティション拡張
3.元のサイズを維持:

クローン先はクローン元より多い容量を処理しません。未割り当て領域のままにします。

例:クローン元のHDD:200GB、クローン先のHDD:300GB

変更後結果 -

元のサイズを維持

2.クローン設定するとき、多い領域の配分を忘れた場合

クローン設定するとき、多い領域の配分を忘れたても問題ありません。クローン完了してからでも、簡単に配分できます。
大容量HDD無駄なく利用する
注意:

これはHDD変換完了後利用できる、多い領域の配分方法です。HDD変換前にこの方法を利用すると、交換後、HDDから正常にパソコンを起動できなくなります。

ステップ1:ソフトを立ち上げ、「ツール」-「ディスクの管理」をクリックします。

ディスクの管理画面が表示されます。

ディスクの管理
ステップ2:ハードディスクの未割り当て部分を右クリックし、「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

すると、新しいパーティションが作成されます。

新しいボリューム作成
注意:

  1. 大容量のHDD導入時には注意!MBR形式のHDDは「2TB の壁」という容量の壁が存在するため、最大2TBの容量のみ利用できません。従って、MBR形式のHDD容量が2TBを超えた場合、2TB超え部分の容量配分ができません。
  2. MBR形式のHDDは、プライマリパーティションは4つまでしか作れません。すでに4つのパーティションが存在した場合、パーティションを増やすことができません。多い容量は既存のパーティションに拡張してください。

動画で操作手順を確認する

次の動画から操作手順を確認できます。

三、クローン後SSD換装・交換のやり方

現在、市場の主流のSSDは、SATAおよびM.2インターフェイSSDです。 次に、これら2種類のSSDをデスクトップコンピューターとノートブックコンピューターにインストールする方法を説明します。

1.SSD換装の準備と注意事項

デスクトップおよびノートパソコンにSATA SSDとM.2 SSDをインストールするための準備

必要品デスクトップパソコンノートパソコン
2.5インチから3.5インチのブラケットSATA SSDのみ必要必要なし
SATA 3.0ケーブルATA SSDのみ必要必要なし
プラスドライバー必要必要
ねじ必要必要
静電気防止手袋必要必要

SSD換装に必要なツール

  • 通常、2.5インチから3.5インチのブラケットはデスクトップコンピューターに使用されます。 シャーシのハードドライブブラケットが2.5インチの場合、ブラケットは不要です。 もちろん、場合によっては標準の設置位置がないため、事前に準備することをお勧めします。
  • SATA 3.0ケーブル。 SATA 3.0ケーブルは、SSDの購入には基本的に含まれていませんが、通常は別途購入する必要があります。 購入時には、ケーブルにSATA 3または6Gbpsのマークが付いていることを確認してください。
  • プラスドライバーとネジ。 ソリッドステートドライブをデスクトップまたはラップトップにインストールする場合、基本的に、ネジとプラスドライバーを使用してハードドライブを固定する必要があります。
  • 静電気防止手袋。 SSDを取り付けると、静電気が発生する場合がありますので、静電気防止用手袋を着用することをお勧めします。

2.デスクトップパソコンのSSD換装手順(動画)

注意:SSDをデスクトップコンピューターにインストールする前に、電源を切断し、電源コードを抜いてください。

SATA SSDの取り付け方法

1、デスクトップコンピューターのケースカバーを取り外します。 詳細については、取扱説明書を参照してください。

2、SSDに電源ケーブルを接続します。

SSDに電源ケーブルを接続

3、SATAケーブルの一方の端をマザーボードのSATAインターフェイスに挿入し、もう一方の端をSSDの伝送インターフェイスに挿入します。

SSDの接続口

4、2.5インチSSDをアダプターブラケットに入れ、ブラケットに入れ、ブラケットをネジで固定します。 デスクトップコンピュータのブラケットがちょうど2.5インチであれば、ブラケットは必要ありません。

ブラケット

5、最後に、シャーシカバーを戻します。

デスクトップコンピューターにSATA SSDをインストール/交換するためのビデオチュートリアル:

M.2 SSDの取り付け方法

注意:インストールして使用する前に、コンピュータのマザーボードは、M.2 SSDをサポートすることを確認してください。
1、筐体のカバーを取り外し、マザーボードのM.2スロットの位置を見つけます。 マザーボードのM.2スロットの前にネジがある場合は、取り外します。

M.2 SSDスロットを見つける

2、M.2 SSDを25度傾け、M.2コネクタの位置に挿入してから、平らに押し込みます。

M.2 SSDを取り付け

3、M.2 SSDをネジで固定します。 最後に、カバーを戻します。

カバーを戻す

3.ノートパソコンのSSD換装手順(動画)

注意:ノートパソコンでSSDを取り付ける前に、コンピューターを電源から外し、バッテリーを取り外してください。

ノートパソコンでのSATA SSDの取り付け方法

1、ラップトップの背面カバーを開き、ハードディスクが取り付けられている場所を見つけます。 さまざまなタイプのラップトップの背面カバーの開き方は若干異なるため、ユーザーマニュアルを参照することをお勧めします。

2、プラスドライバーを使用して、HDDの周りのネジを緩め、HDDを引き出します。

ノートブックコンピューターの背面カバーの開く

3、ハードディスクを保持しているフレームを取り外し、SSDに取り付けます。

SSDを固定

4、SSDをハードドライブスロットに挿入し、ネジで固定します。

SSDを戻す

5、最後に、背面カバーを戻します。

ノートパソコンでSATA SSDをインストール/交換するためのビデオチュートリアル:

3.ノートパソコンでのM.2 SSDの取り付け方法

注意:M.2 SSDをインストールして使用する前に、コンピュータのマザーボードは、M.2インターフェイスをサポートすることを確認してください。

1、ラップトップの背面カバーを開き、M.2スロットを見つけます。 各ノートパソコンの背面カバーの開き方は若干異なりますので、取扱説明書を参照してください。

カバーを開く

2、M.2 SSDを25度傾けてM.2コネクタに挿入し、平らに押し込みます。

M.2 SSDを差し込む

3、M.2 SSDをネジで固定します。 最後に、ノートブックの背面カバーを戻します。

M.2 SSDを固定

四、SSDの正常な動作を確保するための作業

1、BIOSで起動順番の変更

すべての準備が整ったら、BIOSの最初起動順番としてSSDを設定し、コンピューターをSSDから起動できるようにする必要があります。

①コンピューターを起動します。画面が表示されたら、ホットキーを押し続けてBIOS設定(通常はF2、F8、F12、Del)に入ります。 お使いのコンピューターのメーカーに応じて、対応するホットキーを押してBIOSに入ります。

②BIOSに入ったら、矢印キーを使用して[ブート]タブを選択し、SSDを最初のブートディスクとして設定します。

BIOSでhddを一位

③F10を押して設定を保存し、コンピューターを再起動します。

2、ブートモードの設定

ハードディスクパーティション方式には、MBRとGPTの2つのフォーマットがあります。 MBR形式のブートモードはレガシーである必要があり、GPTに対応するブートモードはUEFIです。 正しいブートモードを設定して、SSDが正常に動作できるようにします。

①コンピューターを起動します画面が表示されたら、ホットキーを押し続けてBIOS設定(通常はF2、F8、F12、Del)に入ります。 お使いのコンピューターのブランドに応じて、対応するホットキーを取得してBIOSに入ります。

②矢印キーを使用して[ブート]タブを選択し、[UEFI / BIOSブートモード]を選択してEnterを押します。 次に、ハードディスクパーティションに応じて、ブートモードLegacyまたはUEFIを選択します。

Legacy またはUEFIを設定

③F10を押して設定を保存し、コンピューターを再起動します。

3、AHCIモードの設定

Intelが開発した技術標準であるAHCI(フルネームAdvanced Host Controller Interface)は、ソフトウェアがSATAストレージデバイスと通信できるようにするハードウェアメカニズムです。 SSDのAHCIモードを有効にすると、SSDのパフォーマンスをある程度向上させることができます。

①「Windowsアイコン」キー +「R」キーを同時に押して実行ボックスを開き、「regedit」と入力してEnterキーを押します。

regedit

②レジストリエディタが表示されたら、次の場所を順番に見つけます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\iaStorV

③iaStorVファイルを展開し、StartOverrideファイルを右クリックして[削除]をクリックします。

StartOverrideファイル削除

④テキストドキュメントを作成して開き、次の内容をコピーして、ドキュメントをAHCI.batとして保存します。

reg delete “HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\storahci\” /v StartOverride /f

⑤保存したAHCI.batファイルを右クリックして、「管理者として実行」を選択します。

⑥ポップアップコマンドプロンプトウィンドウで「Yes」と入力し、Enterキーを押します。

Yesを入力

⑦コンピューターを再起動し、BIOSセットアップに入ります。 次に、右矢印ボタンを押して[メイン]タブを選択し、次に矢印ボタンを押して[SATA]を選択し、Enterを押します。 最後に、AHCIモードを選択してEnterを押します。終了したら、F10を押して設定を保存し、終了します。

IDEとAHCIモード

4、TRIM機能の開始

TRIM機能を有効にすると、SSDが最適化されて最高のパフォーマンスが維持され、コンピューターの速度が向上します。

TRIM機能の原理は、ファイルデータの削除操作が実行された後、システムがファイルデータにマークを付け、どのデータブロックが使用されなくなり消去できるかをSSDに通知することです。 データが再び書き込まれると、SSDはデータブロックを消去せずに処理済みデータブロックに直接データを書き込むことができるため、多くの時間を節約できます。

以下は、コマンドプロンプトからTRIMを有効にするためのガイドラインです。 この操作は管理者として実行する必要があります。 管理者権限がない場合は、最初に管理者アカウントを作成することをお勧めします。

①検索ボックスで「cmd」を検索し、「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。

コマンドプロンプト

②コマンドプロンプトで、「fsutil behavior query DisableDeleteNotify」と入力し、Enterを押します。 このコマンドの実行後、「DisableDeleteNotify = 0」が表示される場合、TRIMは正常に開始されています。

TRIMを有効にする

5、SSD起動できない時の対処法

SSDにクローンを作成した後、SSD起動できない場合、その原因と解決策を参照して、起動の問題のトラブルシューティングと修復を行うことができます。 起動中に0xc000000f0xc000014C0xc00000010xc00000340xc0000098などのエラーが表示される場合、通常は、Windows起動情報BCDファイルの設定が原因です。クローンソフトRenee Beccaなら、パーティション形式を自動的に一致させ、ハードディスクのクローンを作成するときに関連する起動情報を設定します。

0xc000000fエラー

五、適切なSSDを選ぶ

SSDの内部は主にメインコントローラーチップ、キャッシュチップ、フラッシュメモリチップで構成されており、フラッシュメモリチップはSSDの寿命と読み取り/書き込み速度に影響を与える重要な要素です。 異なるタイプのフラッシュメモリチップは異なる特性を持ち、異なるユーザーに適しています。詳細については、SSDのQLC・SLC・MLC・TLCの違い参照してください。

さらに、取り付けの観点から適切なSSDを選択することは、機器に基づいて決定する必要があります。SSDを購入するときは、コンピューターのマザーボードがサポートしているインターフェイスと接続規格を確認してください。 一般的に、マザーボードにSATAインターフェースしかない場合、またはM.2インターフェースをサポートしていない場合、SATAインターフェースを備えたSSDを直接選択することをお勧めします。

SSDインターフェース

M.2 SSDをインストールできるかどうかは、M.2スロットの互換性、プロトコルモード、物理サイズの3つの側面に依存します。今の最新のマザーボードには基本的に1つ以上のM.2インターフェイスが装備され、ユーザーにコンピューターのパフォーマンスを向上させるための複数のオプションが提供されます。

M.2スロットの互換性とプロトコルモードについて

M.2の一般的に使用されるコネクタはSocket 2とSocket 3ですが、M.2インターフェイスデザインにはB Key、M Key、B&M Keyの3種類があります。 中でも、Socket 2はB Keyに対応し、SATAおよびPCI-e x2接続規格をサポートしますが、B Keyインターフェイスのみを使用するデバイスは一般的ではありません。Socket 3はM Keyに対応し、PCI-e x4接続規格をサポートします。このM Keyインターフェイス設計は通常、ハイエンドのM.2 SSDで使用されます。

現在、ほとんどのM.2 SSDはB KeyとM Keyを直接使用するため、B Keyに基づいて互換性が拡張されます。B KeyスロットまたはM Keyスロットに挿入できますが、このインターフェイスは一般に SATAまたはPCI-e x2を対応します。

M.2スロット

M.2SSDのB key、M key

マザーボード上のM.2インターフェイスがPCI-e接続規格のみをサポートする場合、SATAチャネルのみをサポートし、M.2 SSDと互換性がないことに注意してください。 したがって、M.2 SSDを購入するときは、コンピューターのマザーボードにM.2インターフェイスがあるかどうか、およびそれらがSATAおよびPCI-eチャネルをサポートしているかどうかを確認する必要があります。

M.2接続口

M.2 SSDの物理サイズについて

M.2 SSDにはさまざまなサイズがあり、2230、2242、2260、2280、および22110の仕様があります。 M.2 2242を例にとると、22は幅、つまり22mmを指し、42は長さ、つまり42mmを指します。

現在、ほとんどのデスクトップコンピューターとノートパソコンは、基本的にサイズが2242/2260/2280のM.2 SSDをサポートしています。 主流のサイズは2242と2280ですが、短いM.2 2242は標準の2280スロットに取り付けることができます。 M.2 SSDのサイズを選択すると、コンピューターのマザーボードに対応できるサイズに合わせてサイズを調整できます。 通常、マザーボードには適切なサイズの表記が付いていますが、明確なサイズがない場合は、固定ネジに従って測定することをお勧めします。

SSDサイズ

SSDサイズ

Tips適切なSSDを購入したら、使用する前にフォーマットする必要があります。 フォーマットプロセスでは、パーティションスキームとファイルシステムの選択に注意する必要があります。 パーティションスキームとファイルシステムの選択方法については、SSDのフォーマット注意事項を参照してください。 Windowsディスクの管理を使用してSSDをフォーマットすることもできますが、プロセス全体が非常に面倒であり、この方法にはデータ移行機能がありません。 手動でフォーマットおよび分割を行いたくない場合、および古いデータを新しいSSDに直接移行したい場合は、専門のクローンソフトを使用することをお勧めします。

おすすめ - ADsRenee Becca - 安全高速にSSDクローン・システム移行 クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDの性能を引き出す。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント 4KアライメントでSSDの性能を引き出...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!
Loading comments...