author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

ブルーの「Recovery」画面で、エラーコード0xc000014cが表示され、PC起動できない時、どうしたらいいでしょうか?なぜこのようなエラーが出ますか?この記事はエラーコード0xc000014cの原因とその解決方法を紹介します。


0xc0000014cエラー

一、エラーコード0xc000014cが出る原因

エラー0xc000014c発生原因というと、Windowsシステムファイルが破損している可能性は最も高い。もしシステムファイルが破損した場合、PC安全を脅かす可能性もあります。次にエラー0xc000014c発生の主な原因をまとめました。
  • 原因1:ブート構成データ (BCD) 紛失・破損
    これは0xc000014cを引き起こす一番多い原因です。ディスク書き込みエラー・停電・ブートレコードウイルス感染などによる故障です。
  • 原因2:ファイルシステムの整合性問題
    重要なデータがブートセクタに書き込まれている間にPCの電源を切ると、ファイルシステムの整合性問題は頻繁に発生することになります。
  • 原因3:システムファイル破損
    ウイルス・マルウェア・アプリの変更などの原因でシステムファイルが壊れる可能性があります。
  • 原因4:互換性悪いハードウェア
    新しいハードウェアとシステムの相性が悪い場合、0xc000014cエラーも発生します。
  • 原因5:不良セクタ
    停電やコンピュータの不適切なシャットダウンなどによる不良セクターが発生すると、0xc000014cエラーも発生します。

二、0xc000014cエラーが出る時の解決方法

解決方法1:最近インストールしたハードウェアを取り外す

互換性が悪いハードウェアによる問題なら、この方法は問題を解決できます。

① マウス・キーボード以外の周辺機器を取り外してください。

② 再起動して正常に起動できるか確認します。

computer-on-desk-blank-screen

解決方法2:「前回正常起動時の構成」を実行する

アプリの更新で現有のシステム構成が影響されることもあります。この場合前回正常起動時の構成に戻せば、多くのWindowsエラーを解決できます。

① PCを再起動し、F8 キーを押し、詳細ブートオプションに入ります。

※OSによってショートカットキーは違う可能性があります。通常は F8 キーを押せば入れます。

キーボードでwin+G
② 詳細ボートオプションに「前回正常起動時の構成」を選択します。
セーフモードの詳細ボートオプションに「前回正常起動時の構成」を選択
③ 自動再起動を待ちます。自動再起動になったら、操作成功だということです。再起動失敗したら、次の方法を参照してください。

解決方法3:Windows 回復環境 (WinRE) でスタートアップ修復を行う

ブート構成の参照としてのBCDファイル紛失・破損が起こると、Windows起動時BCDファイルを見つからず、ブルースクリーン、0xc000014cなどのエラーが発生します。

① Windows 10 Media Creationをダウンロードし、Windowsインストールメディアを作成します(方法はここを参照してください)。作り上げたWindowsインストールメディアをコンピューターに接続します。
USBメモリ/DVD/CDを挿入します
② コンピューターを起動して、BIOS設定に入ります。ブート順番にUSBメモリを一位に変更し、再起動します。(CD/DVDから起動する場合、CD-ROM Driveを一位に変更します)

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。
③ 修復用のディスクから起動したら、インストールインターフェイスの左下にある「コンピュータを修復」をクリックして、Windows REを起動します。
windows10ダウンロード中コンピューターを修復する
「トラブルシューティング」>>「詳細オプション」>>「コマンドプロンプト」を選びます。
コマンドプロンプト
⑤ コマンドプロンプト画面で、以下のコマンドを一つずつ入力して、「Enter」キーを押します。
  • bootrec /fixmbr
  • bootre  /fixboot
  • bootrec /rebuild
ブート修復

解決方法4:chkdskコマンドで不良セクターをチェック・修復する

①  Windows 10 Media Creationをダウンロードし、Windowsインストールメディアを作成します(方法はここをクリックしてください)。作り上げたWindowsインストールメディアをコンピューターに接続します。

USBメモリ/DVD/CDを挿入します
② コンピューターを起動して、BIOS設定に入ります。ブート順番にUSBメモリを一位に変更し、再起動します。(CD/DVDから起動する場合、CD-ROM Driveを一位に変更します)

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。
③ 修復用のディスクから起動したら、インストールインターフェイスの左下にある「コンピュータを修復」をクリックして、Windows REを起動します。
windows10ダウンロード中コンピューターを修復する
「トラブルシューティング」>>「詳細オプション」>>「コマンドプロンプト」を選びます。
コマンドプロンプト
⑤ コマンドプロンプト画面で、コマンド「chkdsk C: /f /x /r」と入力して、「Enter」キーを押します。
コマンドchkdsk
終了なら再起動して、ブートエラーの有無を確認します。

解決方法5:sfc /scannowコマンドで修復する

システム ファイル チェッカー ツール (SFC.exe) を利用して、Windows システムファイルをスキャンして、不足または破損しているファイルを正常のファイルに修復できます。

①  Windows 10 Media Creationをダウンロードし、Windowsインストールメディアを作成します(方法はここをクリックしてください)。作り上げたWindowsインストールメディアをコンピューターに接続します。
USBメモリ/DVD/CDを挿入します
② コンピューターを起動して、BIOS設定に入ります。ブート順番にUSBメモリを一位に変更し、再起動します。(CD/DVDから起動する場合、CD-ROM Driveを一位に変更します)

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。
③ 修復用のディスクから起動したら、インストールインターフェイスの左下にある「コンピュータを修復」をクリックして、Windows REを起動します。
windows10ダウンロード中コンピューターを修復する
「トラブルシューティング」>>「詳細オプション」>>「コマンドプロンプト」を選びます。
コマンドプロンプト
⑤ コマンドプロンプト画面で、コマンド「sfc /scannow」と入力して、「Enter」キーを押します。(約15~20分間がかかります)
sfc scannowコマンド
スキャン結果表示された後、問題あれば修復が自動的に始まります。修復終了したら、再起動してください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...