author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

パソコンにクラッシュやフリーズが発生した場合、ブルースクリーンになります。ブルースクリーンの原因は多いですが、エラーコード0xc0000034が表示された状況にどうすればよいですか?東芝・富士通の機種でこのようなエラーが発生したら、どのように対応したらいいでしょうか?次にエラー0xc0000034の原因とその対処法を紹介します。



0xc0000034

一、0xc0000034エラーが出る原因は?

  1. BCDファイルの破損または紛失。Windows ブートマネージャー (Bootmgr) は、ブート構成データ (BCD) に存在しない、またはアクティブなパーティションのBootBCDが破損・紛失されたこともエラー0xc0000034を起こします。
  2. 不良セクタ。不良セクタのため重要システムファイルは読み込めない時、エラー0xc0000034が発生する可能性があります。
  3. 互換性が悪い。最近PCにインストールしたハードウェア・ソフトウェアが互換性ないまたは互換性が悪い時、エラー0xc0000034を起こす可能性はあります。
  4. Windowsシステム破損。何らかの理由でオペレーティングシステムがクラッシュしました。 この場合は、エラー0xc0000034が発生します。

二、0xc0000034エラーが出る時の対処法

対処法1:スタートアップ修復を実行する

① 作り上げたWindowsインストールメディアをコンピューターに接続した後、コンピューターを起動して、BIOS設定に入ります。ブート順番にUSBメモリを一位に変更し、再起動します。(CD/DVDから起動する場合、CD-ROM Driveを一位に変更します)
起動ディスクを起動順番の一番に設定します。
② 修復用のディスクから起動したら、インストールインターフェイスの左下にある「コンピュータを修復」をクリックして、Windows REを起動します。
windows10ダウンロード中コンピューターを修復する
③ Windows REに入り、「トラブルシューティング」>>「詳細オプション」>>「スタートアップ修復」を選択します。
スタートアップ修復

対処法2:コマンドで修復する

① 作り上げたWindowsインストールメディアをコンピューターに接続した後、コンピューターを起動して、BIOS設定に入ります。ブート順番にUSBメモリを一位に変更し、再起動します。(CD/DVDから起動する場合、CD-ROM Driveを一位に変更します)

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。
② 修復用のディスクから起動したら、インストールインターフェイスの左下にある「コンピュータを修復」をクリックして、Windows REを起動します。
windows10ダウンロード中コンピューターを修復する
「トラブルシューティング」>>「詳細オプション」>>「コマンドプロンプト」を選びます。
コマンドプロンプト
④ コマンドプロンプト画面で、以下のコマンドを一つずつ入力して、「Enter」キーを押します。

  • Bootrec/fixmbr
  • Bootrec/fixboot
  • Bootrec/rebuildbcd
bootrec

対処法3:不良セクタをチェック・修復する

ディスク検出ツールHDD-SCAN(無料)をダウンロードします。 ダウンロード終了した後、それを開き、ディスクをスキャンします。
HDD SCAN
② 結果により、不良セクタの位置を確認してください。
不良セクタ
③ スキャン結果において、ディスク製造メーカーの修復ソフトを使用して修復てください。
使用しているHDDの製造メーカーが修復ツールをすると、データ消える恐れがあります。修復前にWindowsシステムレスキューツールRenee PassNowWindowsに搭載されるドライブのエラーチェックツールを利用して重要なデータをバックアップしてください。
使用しているHDDの製造メーカーが修復ツールを提供していない場合は、Windows 10/8/7に搭載されるドライブのエラーチェックツールを使用してください。
① 「Win」キー + 「R」キーを同時に押します。
キーボードでwin+Rキー
②  「diskmgmt.msc」と入力し、「OK」をクリックします。
diskmgmt.mscを入力
③ ディスクのパーティションを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
ディスクのパーティションを右クリックし、「プロパティ」を選択します
④ 「ツール」-「チェック」をクリックします。
「ツール」欄の「チェック」を選択します
⑤ Windows 7/8の場合は、「ファイル システム エラーを自動的に修復する」と「不良セクタをスキャンし、回復する」にチェックを入れてください。Windows 10の場合は、デフォルトですべてのエラーを自動的に修復します。
「ファイル システム エラーを自動的に修復する」と「不良セクタをスキャンし、回復する」にチェックを入れます

修復後にも不良セクタが大量存在する場合、またはしばらくしてから不良セクタが再度発生する場合は、HDDを交換する必要がある

HDDを交換するには、データを新しいHDDにコピーする必要があります。無料のソフトRenee PassNowの使用をすすめます。このソフトは、不良セクタのあるディスクに格納されているデータを他のディスクへ移行できます。

Renee PassNow - PC起動しない時のデータ救出データ移行

操作簡単 簡単な操作で任意ファイルを救出。

データ移行 Windowsが起動しなくても簡単にデータ移行。

データプレビュー データ救出する前に、ファイルプレビュー可能。

多機能 Windows起動せずに、パスワード削除、データ移行、管理者アカウント作成、データ抹可能。

互換性 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP対応。

操作簡単 初心者も自力でデータ救出可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成可能。

データプレビュー 救出する前に、ファイルプレビュー可能。

無料体験無料体験 88625名のユーザー様に体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

操作手順:

1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CDを挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。

USBメモリ/DVD/CDを挿入します

起動ディスク作成

3.データ転送したいのコンピューターにUSB / CDを接続します。

起動ディスクを挿入します 4.電源を入れたらすぐに「F2」キーを押し、BIOS画面に入ります。

※パソコンメーカーによって押すボタンが異なります。取扱書を参照してください。もしくは、こちらを参照してください。 (BIOS画面に入る方法

F2キーを押、BIOS画面を呼び出す

5.BIOS画面に入り、「Boot」または「起動デバイス」のタブで、「CD-ROM Dirve」/「USB」/「Removable Device」のような項目があります。起動ディスクを一番上に設定してください。

CD/DVDから起動する場合、「CD-ROM Dirve」項目を一番目にします。 USBメモリから起動する場合、「USB」/「Removable Device」のような項目を一番目にします。

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

※UEFI等の記述があったら、それはUEFI環境です。UEFI環境は従来のBIOS環境と少し異なるため、起動順番の設定方法も違います。

UEFI環境PCで起動ディスク(USB/CD/DVD)から起動する方法

6.起動順番を設定したら、設定を保存し、終了します。

設定を保存し、終了します。

7.WinPE起動ディスクからPCを起動させ、「Data Transfer」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

8.データ移行機能の画面が表示され、データ移行を行います。

  1. データ保存元を選択します。
  2. データ移行先を選択します。
  3. 移行したいデータを選択し、クリックしたまま移行先へ移動します。

PC起動しないデータ移行手順

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...