author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windowsパソコンが起動できず、エラーコード0xc000000fが出まして困ってますか?0xc000000fエラーコードの原因から解決方法までを説明します。参考にしてください。


エラーコード0xc000000fが表示され起動できません

エラーコード0xc000000fが表示される理由

1.周辺機器のケーブル損傷/接続問題

ケーブル接続問題のため、Windowsの起動時の読み取り・書き込みエラーが発生し、起動ができず、0xc000000fというエラーが表示される可能性があります。また、周辺機器を接続した場合、設備の故障もエラーを生じる可能性があります。
コンピューターケースやモニタなどの接続をチェックする

2.BCD破損

Windows Boot Manager (Bootmgr) とは、Microsoft Windows で採用されるブートローダーおよびブートマネージャー。

BCD(Boot Configuration Data)とは、Windows Boot Manager (Bootmgr)  が参照するブート構成データです。

つまり、起動(ブート)するときに、参照としてのBCDファイルには紛失・破損などの問題が起こしたら、ブートマネージャー(Bootmgr)は起動構成データを読み込めなく、PCが起動できないわけです。これも0xc000000fというエラーの原因の1つであります。

BCD損傷または遺失による0xc000000f問題

3.システムファイルの破損

システムファイルの破損は、0xc000000fエラーの原因ともなります。システムファイル処理中、突然の電源切れまたはシャットダウンが発生すると、システムファイルが損傷されます。
自動修復

対策1:データケーブル替え・周辺機器取り外し

1.ケーブルが損傷してるかを確認してください。ケーブルが損傷している場合は、交換してください。

SATA

2.周辺機器(CD・USBメモリ・プリンターなど)を全部取り外してください。それで再起動します。

周辺機器

対策2:Windows 回復環境 (WinRE) で修復する

操作手順

1. Windows 10修復用のディスクをコンピューターに挿入します。

コンピューターを起動して、BIOS設定に入り、ブート順番にUSBメモリを一位に変更し、再起動します。(CD/DVDから起動する場合、CD-ROM Driveを一位に変更します)

Passnow2

2.修復用のディスクから起動したら、インストールインターフェイスの左下にある「コンピュータを修復」をクリックして、Windows REを起動します。

windows10ダウンロード中コンピューターを修復する

3.Windows REに入り、「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

4.「詳細オプション」をクリックします。

詳細オプション

5.「スタートアップ修復」をクリックします。

スタートアップ修復

Windows 10が自動修復状態で正常に起動しない場合、強制的に電源オフを2回繰り返し、3回目の起動は自動修復モードが始まります。詳細オプション→トラブルシューティング→詳細オプション→スタートアップ設定で修復する方法もあります。

対策3:BCD再構築し、ブート領域を修復

操作手順

1.Windows 10修復用のディスクをコンピューターに接続します。

コンピューターを起動して、BIOS設定に入り、ブート順番にUSBメモリを一位に変更し、再起動します。(CD/DVDから起動する場合、CD-ROM Driveを一位に変更します)

Passnow2

2.起動した後、「トラブルシューティング」>>「詳細オプション」>>「コマンドプロンプト」を選択します。

トラブルシューティング

詳細オプション

コマンドプロンプト

3.コマンドプロンプト画面で、以下のコマンドを一つずつ入力して、「Enter」キーを押します。

  • bootrec.exe / fixmbr
  • bootrec.exe / fixboot
  • bootrec.exe / rebuildbcd

ブート修復

4.操作が終了まで待ちます。するとBCDが再構築されます。「Enter」キーを押して再起動してください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...