【フリーソフト活用】パソコンデータ消去する方法

Satoshi  プロダクトマネージャー
 

概要

多くの方はデータ完全消去の意識はないかもしれないが、データが悪用されないように、パソコンデータを消去することを心掛けておくべきです。ただの2ステップでパソコンデータを完全に消去できます。データを徹底的に抹消し、復元できなくなります。ハードディスク/パソコン処分する前に必ずご利用ください。


パソコンデータ消去パソコンまたはハードディスクの廃棄・譲渡前に、中のデータを安全に処理しましたか?なぜパソコンデータ消去処理が必要なの?という疑問を持つ人がいるかもしれません。実は、データをゴミ箱に捨てても、ハードディスクを初期化しても、工場出荷状態に戻しても、データ復元ソフト、データ復元サービス等を利用すると、データを戻すことは可能です。なお、パソコンは壊れても、HDDがまだ利用できる場合もありますので、HDDのデータ消去も必要です。更に、物理障害のHDDのデータを復元してもらえるサービスもあるらしい。

従って、多くの方はデータ完全消去の意識はないかもしれないが、データが悪用されないように、パソコンデータを消去することを心掛けておくべきです。

パソコンに個人情報がいっぱい入っているので、データ消去しなくて本当にいい?

自宅用のパソコンでも会社用のパソコンでも、長い期間を使用すると、どうしても個人情報や機密情報等がパソコンに残ってしまいます。例えば、次のようなデータが記録されている可能性があります。

自分や、家族、知人等の個人情報:姓名、住所、連絡先等の情報

オンラインショッピングの記録

クレジットカード情報

インターネットのアクセス履歴

家計記録データ

家族の写真、ビデオ等

各種アカウントのID・パスワード等の情報

漏洩してはいけない仕事資料

・・・

個人情報
このような非常に個人的な他人に見られたくないデータはパソコンにいっぱい入っていると思います。これらの重要資料をゴミ箱に入れて、ゴミ箱を空にしたり、ディスクをフォーマットしたり、工場出荷状態に戻したりして、消したつもりのデータは完全消去処理をしないと、まだデータを復元することは可能です。悪用されないように、パソコンを廃棄または譲渡する前に、必ずパソコンデータを徹底的に消去してください。

パソコンデータを消去するには?

パソコンデータを完全に消去する方法は主に3種類があります。各自もメリットとデメリットがあります。

  • データ抹消ソフトウェアでパソコンデータを完全消去。
    メリット:操作簡単、自分で手軽に処理できる。無料データ消去ソフトもあるので、いつでもどこでも容易にデータ消去可能。
  • 物理的に設備を破壊する。
    デメリット:HDDを再利用したい場合、この方法は利用不可。道具等でHDDを潰す時、怪我をする危険性がある。
  • ハードディスクを磁気的に破壊し、読めなくする。
    デメリット:専用装置と技術が必要のため、専門業者を依頼しかない。
これらの方法の中、データ消去ソフトを利用しパソコンデータ消去するのは一番便利・安全・効率的な方法です。初心者にもプロにもおすすめです。

データ消去ソフトはたくさんありますが、無料ソフト「Renee Becca」を推奨します。Renee Beccaはパソコンデータ消去機能が付いている無料ソフトです。データ消去以外、PCデータバックアップ、HDDクローン、OS移行等の機能も統合されています。

>>> パソコン消去フリーソフトをダウンロード!

廃棄・譲渡する前に工夫一つでプライバシを完全保護!

ファイル削除やハードディスクフォーマットはデータを完全に消去できないが、パソコンデータ消去ソフト「Renee Becca」はきれいに消去できます。なぜでしょうか?パソコンデータ消去ソフトはどのようにデータを抹消しているのでしょうか?
「Renee Becca」は他のデータで元のデータを上書きさせる方法を採用してデータ完全消去しています。データ復元ソフトで簡単にデータ復元できますが、上書きされたデータは復元できません。従って、パソコン/ハードディスクを廃棄・譲渡する前に、「Renee Becca」のような専用ソフトを利用すると、プライバシを完全に保護し、安心できます。

操作方法はとても簡単で、初心者もわずかのステップでパソコンデータを消去できます。次に操作手順を紹介します。

まず、無料データ消去ソフトをダウンロードし、パソコンにインストールします。
動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード
※インストール後、無料でライセンスキーをもらって、ソフトを登録すると、製品の制限がなくなります。

ステップ1:ソフトを立ち上げ、データ消去したいHDDをパソコンに接続します。

もしくは、データ消去したいパソコンにソフトを立ち上げます。

HDDをパソコンに接続

ステップ2:データ消去します。

「ツール」-「ディスク/パーティションのクリーンアップ」をクリックし、データ消去したい場所を選択し、「クリーンアップ」ボタンをクリックします。

完全消去機能を選択
消去するHDDを選択
注意事項:

ソフトで消去したデータは元に戻すことはできないため、誤らないように慎重に作業してください。

パソコンが立ち上がらない場合のハードディスク消去はどうしたらいい?

Windowsシステムの問題、HDD障害などの原因でパソコンはすでに立ち上がらない場合、どうすれば、ハードディスクのデータを消去できますか?

PCを廃棄するつもりですが、PCはすでに立ち上がらない状態です。この場合、次の2つの方法があります。

方法1:廃棄PCのハードディスクを取り出して、他のPCに接続してハードディスクのデータを消去します。この方法は無料ソフトRenee Beccaで実行できます。

必要なもの:

  1. 正常に稼働できるPC1台
  2. 無料データ消去ツール Renee Becca
  3. USB接続ケーブル

操作手順:パソコンデータを消去する方法

 

方法2:起動ディスク(USBメモリ/DVD)を作成し、PCを起動ディスクから起動して、ハードディスクのデータを消去します。この方法は有償ソフト Renee PassNow が必要です。

※このソフトはWindowsシステム環境が損傷してもPCを起動できます。方法1でハードディスクを認識できない場合、もしくはハードディスクを取り出せない場合、この方法をおすすめします。

必要なもの:

  1. 正常に稼働できるPC1台
  2. 無料データ消去ツール Renee PassNow
  3. USBメモリ/DVD

操作手順:パソコンが立ち上がらない場合のハードディスクデータ消去方法

PCやハードディスクを廃棄、処分、譲渡する前に、ハードディスクのデータ消去は欠かさない作業です。この記事は2つのパソコンデータ消去方法を紹介しました。どれにしても、ただの2ステップでパソコンデータを完全に消去できます。データを徹底的に抹消し、復元できなくなります。ハードディスク/パソコン処分する前に必ずご利用ください。
Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>