author avatar
  テストマネージャー  

概要

あの頃データをバックアップしておけば良いのに、まさか自分がこんな事故に・・・そうなる前にデータバックアップをとっておきましょう!故障や万が一のトラブルを防ぐため、普段からこまめにデータをバックアップする習慣はありますか?不測の事態時に、バックアップイメージファイルがあれば、復元することはできます。


あの頃データバックアップしておけば良いのにあの頃データをバックアップしておけば良いのに、まさか自分がこんな事故に・・・そうなる前にデータバックアップをとっておきましょう!まだ間に合います。
故障や万が一のトラブルを防ぐため、普段からこまめにデータをバックアップする習慣はありますか?不測の事態時に、バックアップイメージファイルがあれば、復元することはできます。バックアップしておいた方が安心です。

>> 今すぐ無料バックアップソフトをダウンロードします!

無料データバックアップソフト

データバックアップは手動で一つ一つデータコピーする方法もありますが、手動でOSコピーすることはできません。なお、資料などは随時更新しているので、更新する度に手動コピーするのは面倒ください。
これらの作業は専門のデータバックアップツール「Renee Becca」に任せば、簡単な設定をするだけで、自動でバックアップしてくれます。ハードディスク全体を丸ごとバックアップ、またはパーティション単位でバックアップ、指定ファイルのバックアップ作業はもちろん、変更分のみをバックアップする増分バックアップ機能や、スケジュールにより自動バックアップなど豊富な機能もあります。データバックアップ専用のソフトを使うと、作業効率を大幅にアップすることができます。従って、操作簡単で使い勝手のいいデータバックアップソフトはとても重要です。
>> 無料バックアップソフト「Renee Becca」をダウンロードします

データバックアップする方法

バックアップはパソコン全体バックアップと指定部分データバックアップの2種類に分かれています。
パソコン全体バックアップはWindowsシステムや、アプリケーション、資料、写真、ビデオなどパソコンにある全てをバックアップします。指定部分データバックアップは指定したオフィスで作成した資料、カメラで撮った写真、録画した動画などのデータをバックアップします。前者のバックアップする範囲は広いため、より完全・安全にデータを守れます。後ろの指定部分データバックアップは必要なデータのみをバックアップし、時間の節約ができます。「Renee Becca」はこの2種類のバックアップ作業もできます。

次にデータバックアップソフトを利用した簡単なデータバックアップ方法を紹介します。

ステップ1 ソフトをパソコンにダウンロードして、インストールします。

動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード

ステップ2 「バックアップ」をクリックし、バックアップ種類を選択します。

システムのバックアップ、ディスク/パーテイションのバックアップ、ファイルのバックアップを選択できます。

種類を選択後、バックアップ先とバックアップ元を指定します。

バックアップ元とバックアップ先の指定

ステップ3 スケジュールを設定します。

バックアップをオンにすると、指定した時間に自動的にバックアップすることができます。自動実行させたくない場合このステップをスキップします。

スケジュールの指定

ステップ4 バックアップ方式を指定します。

適合なバックアップ方式を指定することにより、時間とスペースの節約ができます。

バックアップスキームの指定
バージョンチェーンスキームとは、最近の5つのバージョンが保持されます。新しいバックアップバージョンを作成後自動的に最も古いバージョンが削除されます。
増分バックアップとは、前回のバックアップより増えたもののみバックアップするということです。初回バックアップは完全のバックアップをします。
増分バックアップ
差分バックアップとは、毎回バックアップする時は初回バックアップと比較し、差の分のみをバックアップすることです。初回バックアップは完全のバックアップをします。
差分バックアップ
これでバックアップは完了しました。

データリカバリー(復元)する方法

データが失った時、復元するには、どうしたらいいでしょうか?次の方法をご覧ください。
データをリカバリー(復元)するにもソフトのインストールが必要です。
Windows版ダウンロード

ステップ1 「タスク」をクリックし、作成したバックアップファイルを探し出します。

見つけ出したイメージファイルの「リカバリー」ボタンをクリックします。

バックアップ完了
※外付けハードディスクにバックアップした場合、パソコンに接続する必要があります。

ステップ2 リカバリー先とリカバリー元を指定し、リカバリー作業をします。

リカバリーする場所指定画面が表示されると、リカバリー先を選択し、「今すぐリカバリー」ボタンをクリックします。バックアップデータは復元されます。

リカバリーさせたい場所の選択
リカバリー完了すると、「リカバリーは成功」というメッセージが表示されます。
リカバリーは成功
注意:
  1. コンピュータがスリープ状態になると、動作が停止してしまうので、次の設定でスリープ状態になることを防ぎます。「開始ボタン」-「コントロールパーネル」-「システムとセキュリティ」-「電源オプション」-「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」(ウィンドウの左側)- 「コンピューターをスリープ状態にする」の(なし)を選択します。
  2. OSをリカバリーする時、Windowsシステムが起動できないため、起動メディアの作成が必要です。詳しくはOSバックアップ方法を参照してください。
  3. バックアップをせずにデータが失った場合、どうしたらいいですか?最後の挽回手段として、データ復元ソフトで失ったデータを救出してみてください。
今すぐ無料ソフトRenee Beccaをダウンロードしてデータをバックアップしよう!まだ間に合ううちに。
Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...