author avatar
  サポートマネージャー  

概要

HDDを交換する際、HDDを丸ごとコピーすることが必要です。HDDのバックアップを取りたい時、HDDを丸ごとコピーするのは一番簡単なバックアップ方法だろう。無料の多機能バックアップツールを利用すると、次のようなHDDにある全てのデータも丸ごとコピーできます。この記事はパーティションテーブルやファイルシステム、OSなどHDDにある全てのデータも丸ごとコピーする方法を紹介します。



HDD コピーパソコンが壊れる前に、HDDを変換すると、パソコンの寿命を延ばすことができます。HDDを交換する際、HDDを丸ごとコピーすることが必要です。元HDDは廃棄だけど、中に入っているデータは必要で、簡単には捨てられません。

HDDのバックアップを取りたい時、HDDを丸ごとコピーするのは一番簡単なバックアップ方法だろう。システム(OS)であろう、重要資料であろう、先HDDに全部丸ごとコピーすると、万が一の時、バックアップ時の状態に戻すことができます。

HDD丸ごとコピーできる無料ツール

「Renee Becca」はバックアップやリカバリー、HDDクローン、起動ディスク作成、データ消去等が対応できる多機能なバックアップツール。このツールを利用すると、簡単にHDDを丸ごとコピーできます。更に、ファイル、パーティションのバックアップも対応できます。
>>> 無料ツールをダウロードします。
ハードディスクを丸ごとコピーするには、2つの方法があります。

HDD丸ごとコピーの対象となるデータ

この無料多機能バックアップツールを利用すると、次のようなHDDにある全てのデータも丸ごとコピーできます。
  • ハードディスクに記録されているMBR(ますた・ブート・レコード)
  • パーティションテーブル
  • ファイルシステム
  • アプリケーション
  • OS(システム)
  • 各種設定データ
  • ユーザーデータ

方法1:HDDクローンでHDDを丸ごとコピーします。

HDDクローンをすると、元のHDDを全く同じHDDを作るので、リカバリーする手間がありません。HDDを換装すると、利用できるようになります。この方法はHDD交換や、HDDからSSDに交換する時はお役に立てます。復元する作業は必要ないので、1回作業で済み、とても便利。

 

HDDクローン方法を紹介します。

ステップ1:無料多機能バックアップツール「Renee Becca」をダウロードし、パソコンにインストールします。

動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード

ステップ2:クローン先HDDをパソコンに接続し、ソフトを起動します。

「クローン」-「ディスクのクローン」をクリックします。

ディスクのクローンを選択します。
注意:

バックアップ先HDDは必ず元HDD容量より多いものにしてください。

ステップ3:クローン先とクローン元を選択します。

ディスクをブート可能にする
ヒント:

ディスククローン後、OSシステムをそのまま利用したい場合、「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」にチェックを入れてください。

HDD(SSD)から起動する必要がなく、ただのデータをクローンする場合、「ターゲットディスクをブート可能にする(システムディスクのみ)」を入れないでください。

方法2:HDDバックアップでHDDを丸ごとコピーします。

HDDバックアップすると、元のHDDを丸ごとイメージファイルを作成して、保存します。イメージバックアップとリカバリーという2回の作業が必要です。この方法は普段のデータバックアップする時にお役に立てます。HDDを復元する時は起動ディスクの作成が必要です。定期バックアップする時、バックアップ方式を設定すると、大幅に時間を空間を節約できます。

 

HDDバックアップ方法を紹介します。

ステップ1:無料多機能バックアップツール「Renee Becca」をダウロードし、パソコンにインストールします。

「Renee Becca」はWindows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 / 10 / 2003 / 2008 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード

ステップ2:バックアップを機能を利用して、バックアップ元とバックアップ先を指定します。

「バックアップ」-「ディスク・パーティションのバックアップ」をクリックして、バックアップ元とバックアップ先を指定します。

バックアップ元とバックアップ先の指定

ステップ3:定期自動バックアップが必要な場合、スケジュールを設定します。

複数回のバックアップ、定期バックアップが必要な場合、スケジュールを設定することで、指定した時間で自動的にバックアップされます。一回のみバックアップする場合、この設定をスキップしていいです。

スケジュールの指定

ステップ4:バックアップスキームを指定します。

複数回のバックアップ、定期バックアップが必要な場合、適切なバックアップ方式を設定すると、空間と時間の節約ができます。一回のみバックアップする場合、この設定をスキップしていいです。

バックアップスキームの指定
どれを選んだらいい?

バージョンチェーンスキームとは、最近の6つのバージョンが保持されます。最初は完全バックアップバージョンが作成され、それ以降、5つの差分バックアップバージョンが作成されます。続いて、完全バックアップバージョンと、5つの差分バックアップバージョンが作成され、これが繰り返されます。新しいバックアップバージョンを作成後自動的に最も古い差分バックアップバージョンが削除されます。手動削除しなくても、いつも最新バージョンを保存する上、ハードディスクの使用容量も最小化にします。

バージョンチェーンスキーム
増分バックアップとは、前回のバックアップより増えたもののみバックアップするということです。初回バックアップは完全のバックアップをします。
増分バックアップ
差分バックアップとは、毎回バックアップする時は初回バックアップと比較し、差の分のみをバックアップすることです。初回バックアップは完全のバックアップをします。
差分バックアップ

ステップ5:「今すぐバックアップ」ボタンをクリックし、バックアップが開始します。

バックアップ開始
バックアップをリカバリーする方法
ソフトをインストール後、次の手順でリカバリーできます。

ステップ1:バックアップ先のHDDをパソコンに接続し、「タスク」で作成したバックアップファイルを探し出します。

バックアップ完了

ステップ2 「リカバリー」ボタンをクリックすると、リカバリーする場所指定画面が表示されます。

リカバリーさせたい先を選択し、「今すぐリカバリー」ボタンをクリックします。

リカバリーさせたい場所の選択
これで簡単にHDDをリカバリーできます。
次のビデオからバックアップ方法を確認できます。
注意:

コンピュータがスリープ状態になると、動作が停止してしまうので、次の設定でスリープ状態になることを防ぎます。「開始ボタン」-「コントロールパーネル」-「システムとセキュリティ」-「電源オプション」-「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」(ウィンドウの左側)- 「コンピューターをスリープ状態にする」の(なし)を選択します。

ツールを利用せずHDD丸ごとコピーするのはとても複雑な作業です。「Renee Becca」は初心者も簡単に利用できるように画面を簡潔に設計されています。チュートリアルもあるので、是非この無料ツールを活用してみてください。
Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...