author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

パソコンのウィルス感染やパソコンディスク故障等の原因でOSは起動できなくなったら、非常に困るでしょう。ディスクの交換、OSを再インストールだけじゃなく、アプリケーションのセットアップ、設定変更等も必要です。万が一の事故を防ぐため、おすすめするのは普段から、OS、PCデータのバックアップを取っておきます。



OSバックアップパソコンのウィルス感染やパソコンディスク故障等の原因でOSは起動できなくなったら、非常に困るでしょう。ディスクの交換、OSを再インストールだけじゃなく、アプリケーションのセットアップ、設定変更等も必要です。これらの作業を完了して元のようなシステムを再現するには、何日間かかるでしょう。

このような万が一の事故を防ぐため、おすすめするのは普段から、OS、PCデータのバックアップを取っておきます。ファイルコピーの簡単操作でPCデータをバックアップできますが、OSのバックアップは簡単にできません。こんな時、専用ツールを利用してOSを丸ごとバックアップする必要があります。こうすると、突然の故障が起きても心配する必要はありません。このバックアップで素早く復旧することはできます。

手軽に操作できるので、次の操作方法をご覧ください。

OSバックアップするための準備

OSバックアップツール:Renee Becca はHDDクローン・システム移行など機能が統合されたバックアップフリーソフトです。データバックアップ以外、OSのバックアップもできます。

USBまたはCD:ブータブルメディアを作成するために使用します。

OSバックアップ手順

ステップ1 無料ツールをダウンロードして、インストールします。

Renee Becca はWindows XP / 7 / Vista / 8 / 8.1 / 10 /2003 / 2008 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード

ステップ2 「バックアップ」-「システムのバックアップ」をクリックし、バックアップ先とバックアップ元を指定します。

指定後、「今すぐバックアップ」ボタンをクリックすると、OSのバックアップイメージファイルが作成されます。

システムをバックアップする
※外付けハードディスクにOSをバックアップする場合はハードディスクをパソコンに挿入する必要があります。

ステップ3 ブータブルメディアを作成します。

CDまたはUSBをパソコンに挿入し、「タスク」-「ブータブルメディア作成」をクリックして、ブータブルメディアを作成します。

バックアップ完了

OSバックアップから復旧する手順

システムは壊れて、OSを起動できない場合、ブータブルメディアからパソコンを起動します。次にOSバックアップイメージでシステムを復旧します。

必要なもの:

自分で作成したOSバックアップのイメージ。

自分で作ったブータブルメディア(CDまたはUSB)。

ステップ1 ブータブルメディアをパソコンに挿入して、Bios画面に入り、起動設備にブータブルメディアを選択します。

Bios画面に入る方法はこちらをご覧ください。

UEFI環境で起動メディアからパソコンを起動するには、こちらの方法を参照してください。

起動順序を変更します

ステップ2 OSを復旧します。

パソコンはブータブルメディアから起動したら、次の画面が表示されます。OSバックアップファイル(リカバリー元)とシステムの保存ドライブ(リカバリー先)を選択し、「リカバリー」ボタンをクリックします。

OSを復旧
無料ソフトでもOSバックアップを簡単復旧できます。早速OSバックアップしましょう!
操作簡単
Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...