author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

パソコンの容量がいっぱいになり、動きが大変遅くなって、普通の操作や日常の作業までに影響が出た場合、どうしたらいいでしょう?パソコンにHDDとSSDを両方搭載するのもいい方法じゃないかと考えられます。次に元パソコンにSSDを追加し、元HDDからSSDにOSを簡単に移行する方法を紹介します。


パソコンの容量がいっぱいになり、動きが大変遅くなって、普通の操作や日常の作業までに影響が出た場合、どうしたらいいでしょう?大容量のハードディスクに交換するか、パソコンのHDDからSSDに交換するかというのは考えられる解決方法でしょう。でも、SSDの動作速度は速いが、容量が小さいというデメリットもあります。だから、パソコンにHDDとSSDを両方搭載するのもいい方法じゃないかと考えられます。
パソコンの起動はSSDから起動するようにし、データの保存は元のままHDDに任せると、パソコンの高速化とともに十分な容量確保もできます。
じゃ、OSをHDDからSSDに簡単に移行する方法はないでしょうか?

次に元パソコンにSSDを追加し、元HDDからSSDにOSを簡単に移行する方法を紹介します。

まずここをクリックして無料移行ツールを取得!

パソコン高速化

HDDからSSDにOSを移行する前の準備

SSD:性能、容量が優れたものを選んでください。

OS移行ツール:Renee Beccaは勧められる無料データバックアップソフトです。データバックアップ機能以外、OS移行、HDDクローン等の時にもお役に立ちます。更に、これらの機能は無料で利用できます。

HDDからSSDにOSを移行する方法

ステップ1:Renee Beccaをパソコンにダウンロード・インストールします。

動作OS: Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。

Windows版ダウンロード

ステップ2:ソフトを起動し、左側の「クローン」を選択ます。

OSを移行する前に、SSDをパソコンに接続し、「クローン」をクリックし、「システム移行」をクリックします。

システム移行を選択します。

ステップ3:システム移行先にSSDを選択します。

移動元と移動先を選択します。
ヒント:
Renee Beccaは自動的にパーティションを作成することができますので、手動でSSDにパーティションを作成しなくていいです。

ステップ4:「システム移行」をクリックし、完了までを待ちます。

システム移行を行います

ステップ5:移行が完了すると、SSDをパソコンに取り付け、BIOSの設定画面でSSDから起動するように変更します。

次回からシステムはSSDから起動します。

BIOSの設定でSSDから起動するように変更
※BIOS画面に入り、起動順位を変更します。BIOS画面に入る方法はこちらをご参照ください
注意:
1、OS移行成功したら、元HDDからOSのパーティションをフォーマットして、データ保存スペースとして使用することができます。
2、コンピュータがスリープ状態になると、動作が停止してしまうので、次の設定でスリープ状態になることを防ぎます。「開始ボタン」-「コントロールパーネル」-「システムとセキュリティ」-「電源オプション」-「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」(ウィンドウの左側)- 「コンピューターをスリープ状態にする」の(なし)を選択します。
3、OSだけじゃなく、OSを含んだデータを丸ごと移行する場合、OSごとデータをコピーする方法をご参照下さい。
今すぐRenee BeccaをダウンロードしてHDDからSSDへOSを移行し、パソコンの高速化と最適化をしよう!
Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...