——SSDについて——

SSDとは?

ソリッドステートドライブ(英:Solid State Drives、SSD)とは、記憶装置として半導体素子メモリを用いたストレージとして扱うことのできるデバイスである。即ち、メモリチップと基盤で構成されたハードディスクです。SSDはコントロールユニットとメモリセル(FLASHチップ、DRAMチップ)からなります。インタフェースの規格、仕様、機能及び使用方法において、従来のハードディスクドライブ(英:Hard Disk Drive、HDD)と完全に同様です。それに、外見やサイズも普通のハードディスクとほぼ同じです。

SSDのメリット

優れた構造

異なる動作原理により、SSDとHDDの内部構造には大きな違いがあります。最大の違いは、SSDにはモーター、円盤、磁気ヘッド、回転軸などのHDDに必要な機械部品がないことです。SSD はNANDフラッシュメモリなのでHDDより非常に高速です。実は、読み書きを行う際、HDDは機械の動きに90%以上の時間が費やされますが、SSDは1/10未満の時間で同じ動作を完成できます。

衝撃に強い

HDDには、磁気ヘッド/円盤が高速に動作するので、強い振動を与えないように注意を払う必要があります。そうしないと、磁気ヘッドが円盤を傷つけ、ディスクを破壊する可能性が十分あります。そして、SSDはHDDのように磁気ヘッドが物理的に動いている訳ではなくて、衝撃に耐えられる設計もあるので、耐衝撃性は非常に高いです。それに、駆動パーツがないため、動作音は圧倒的に少ないです。

SSDメリット

高速な読み書き

上記のように、SSDには複雑な機械部品や物理的な移動がないので、読書速度がHDDよりかなり高速です。例えば、最も広範囲に使用されているSATA3.0 SSDは、読取速度がほぼ500M/sで、書込速度がほぼ400M/sです。即ち、普通なSSDも、HDDの3-5倍の読書速度を持っています。ここから、SSDとHDDの性能に大きな違いが明らかになります。

SSDHDD
読取速度(SATA 3.0)500MB/s以上約100MB/s
書込速度(SATA 3.0)400MB/s以上50-70MB/s
Win10起動所要時間6-8秒30~50秒
SSD

優れた構造

異なる動作原理により、SSDとHDDの内部構造には大きな違いがあります。最大の違いは、SSDにはモーター、円盤、磁気ヘッド、回転軸などのHDDに必要な機械部品がないことです。SSD はNANDフラッシュメモリなのでHDDより非常に高速です。実は、読み書きを行う際、HDDは機械の動きに90%以上の時間が費やされますが、SSDは1/10未満の時間で同じ動作を完成できます。

耐衝撃・耐振動

HDDには、磁気ヘッド/円盤が高速に動作するので、強い振動を与えないように注意を払う必要があります。そうしないと、磁気ヘッドが円盤を傷つけ、ディスクを破壊する可能性が十分あります。そして、SSDはHDDのように磁気ヘッドが物理的に動いている訳ではなくて、衝撃に耐えられる設計もあるので、耐衝撃性は非常に高いです。それに、駆動パーツがないため、動作音は圧倒的に少ないです。

高速な読み書き

上記のように、SSDには複雑な機械部品や物理的な移動がないので、読書速度がHDDよりかなり高速です。例えば、最も広範囲に使用されているSATA3.0 SSDは、読取速度がほぼ500M/sで、書込速度がほぼ400M/sです。即ち、普通なSSDも、HDDの3-5倍の読書速度を持っています。ここから、SSDとHDDの性能に大きな違いが明らかになります。

SSDHDD
読取速度(SATA 3.0)500MB/s以上約100MB/s
書込速度(SATA 3.0)400MB/s以上50-70MB/s
Win10起動時間6-8秒30~50秒

関連記事: SSDの基礎知識

【2018年】SSDおすすめ

各メーカーの革新とともに、SSDは段々従来のHDDを置き換えます。接続インタフェースにおいて、SATAはまだ主流となっていますが、M.2も人気が出ています。次には、接続インタフェース及び適用範囲から何種類のSSDをお勧めします。

HDDからSSDにOSを移行する方法

HDDからSSDにOSを移行する原因

高速や強い安定性により、SSDはOSのインストールに非常に適します。SSDは優れた読書速度を持ちますが、完璧とは言えません。SSDは同容量のHDDよりかなり高いため、SSDのみをストレージデバイスと使用するのは無理かもしれません。従って、SSDをシステムディスクとしてアップグレードし,HDDをデータディスクとするのは段々主流のストレージ・ソリューションになっています。

OS移行の難しさ

HDDからSSDにOSを移行する

コンピュータ操作に詳しくない初心者の場合には、SSDをシステムディスクとしてアップグレードする際、システムディスクに格納されている大量のファイルを再整理し、バックアップする必要があります。これはほとんどOSの再インストールと同じ操作です。それに、再インストール後、厄介なアップグレードとライセンス認証を行わなければなりません。何かOSをSSDに完全にコピーできる方法はありませんか?


ハードディスクやパーティションのクローンを作成できると宣伝されるソフトは多く市販されていますが、これらのソフトのほとんどはOSを丸ごと移行できません。無理にパーティションをコピーしても、システムが正常に実行できません。最後、システムを再インストールせざるを得ません。


システムをSSDへ丸ごと移行したければ、プロのOS移行ソフトRenee Beccaはオススメです。

OS移行の難しさ

HDDからSSDにOSを移行する

コンピュータ操作に詳しくない初心者の場合には、SSDをシステムディスクとしてアップグレードする際、システムディスクに格納されている大量のファイルを再整理し、バックアップする必要があります。これはほとんどOSの再インストールと同じ操作です。それに、再インストール後、厄介なアップグレードとライセンス認証を行わなければなりません。何かOSをSSDに完全にコピーできる方法はありませんか?

ハードディスクやパーティションのクローンを作成できると宣伝されるソフトは多く市販されていますが、これらのソフトのほとんどはOSを丸ごと移行できません。無理にパーティションをコピーしても、システムが正常に実行できません。最後、システムを再インストールせざるを得ません。

システムをSSDへ丸ごと移行したければ、プロのOS移行ソフトRenee Beccaはオススメです。

プロのOS移行ソフト - Renee Becca

Renee Beccaとは?

Renee BeccaはOS移行においてプロのディスククローンソフトウエアです。ディスクやパーティションのクローン作成に役立つばかりか、システムを他のディスク/パーティションに丸ごと移行するのもできます。それに、Renee Beccaも高信頼性のデータバックアップソフトで、ディスク、パーティションやファイルを簡単にバックアップ/リカバリーできます。

Renee-Becca clone function

Renee Beccaのメリット:

  • システム/パーティション/ディスクを新しいディスクにクローンできます。
  • 自動的に4Kアライメントを行い、SSDの性能を最大限に向上されます。
  • MBR/GPTパーティションテーブル形式に対応可能。
  • FAT/NTFSファイル/システムに対応可能。
ダウロード

プロのOS移行ソフト - Renee Becca

Renee Beccaとは?

Renee BeccaはOS移行においてプロのディスククローンソフトウエアです。ディスクやパーティションのクローン作成に役立つばかりか、システムを他のディスク/パーティションに丸ごと移行するのもできます。それに、Renee Beccaも高信頼性のデータバックアップソフトで、ディスク、パーティションやファイルを簡単にバックアップ/リカバリーできます。

Renee-Becca clone function

Renee Beccaのメリット:

  • システム/パーティション/ディスクを新しいディスクにクローンできます。
  • 自動的に4Kアライメントを行い、SSDの性能を最大限に向上されます。
  • MBR/GPTパーティションテーブル形式に対応可能。
  • FAT/NTFSファイル/システムに対応可能。
ダウロード

関連記事:OS移行に関する知識

OSをSSDに移行する前の準備

Renee BeccaでOSを移行する前に、ターゲットSSDをパソコンに接続する必要があります。場合によって、接続方法も異なります。

ノートパソコン:

Guidance button

この場合には、元のハードディスクが唯一のインタフェースを占有したため、USB外付けハードディスクケースでSSDをホストに接続することを推奨します。これで、パソコンを解体する必要がなくて、初心者でも簡単に接続を完成できます。

video playing button関連記事:USB外付けSSDケースの選び方

デスクトップコンピュータ:

video playing button

一般的には、デスクトップコンピュータにはいくつかのインタフェースがあります。それに、最近生産されたマザーボードはSATA3.0、M.2やPCIeなどの常用なSSDインタフェースも全部持っています。従って、この場合には、ホストを解体し、SSDを直接マザーボードに接続しても良いです。これで、USB外付けハードディスクケースのためお金を使う必要もあいりません。

SSD換装・交換のやり方:Guidance buttonデスクトップコンピュータGuidance buttonノートパソコン

ssd replacement
  • ノートパソコン:

    Guidance button

    この場合には、元のハードディスクが唯一のインタフェースを占有したため、USB外付けハードディスクケースでSSDをホストに接続することを推奨します。これで、パソコンを解体する必要がなくて、初心者でも簡単に接続を完成できます。

    Guidance button関連記事:USB外付けSSDケースの選び方
  • デスクトップコンピュータ:

    video playing button

    一般的には、デスクトップコンピュータにはいくつかのインタフェースがあります。それに、最近生産されたマザーボードはSATA3.0、M.2やPCIeなどの常用なSSDインタフェースも全部持っています。従って、この場合には、ホストを解体し、SSDを直接マザーボードに接続しても良いです。これで、USB外付けハードディスクケースのためお金を使う必要もあいりません。

    SSD換装・交換のやり方:Guidance buttonデスクトップコンピュータGuidance buttonノートパソコン

Renee BeccaでSSDへOSを移行

OS移行によくあるご質問 Q & A

同時にHDDとSSDをパソコンに接続しているが、SSDがソフトに認識されません。どうしたらいいでしょうか?

1.SSDがパソコンに認識されるかどうかを確認します。2.ディスクの管理で、SSDがオフラインと表示される場合には、再び取り付けしてください。

移行またはクローン作成の時に、エラーコード8が表示され、ターゲットディスクにデータを書き込みできません。何か対処方法がありませんか?

1.管理者としてソフトを実行します。2.「システム移行」機能で、再度OSを移行します。3.「不良セクタを無視する」オプションにチェックを付けてから、移行を開始します。

移行またはクローンした後、元のディスクに格納されたシステムやデータなどは消えるでしょうか?

移行やクローンは、元のディスクに格納されたシステム及び関連データをターゲットディスクにクローン/コピーするだけです。元のディスクにあるデータや情報は全然影響されないので、ご安心ください。

システムパーティションの使用領域がSSDの総容量より大きい場合はどうしたらいいでしょうか?

移行する前に、システムパーティションに保存されたキャッシュファイルや不要なソフトファイルなどを削除してください。

移行またはクローン作成の時に、エラーコード11が表示され、ターゲットディスクにパーティションを作成できません。何か対処方法がありませんか?

1.管理者としてソフトを実行します。2.ディスクの管理で、ターゲットSSDを選択し、右クリックで全部のパーティションを削除します。3.「システム移行」機能を再利用します。

システムを移行する時、Cドライブにインストールされたソフトのファイルも一緒に移行されるでしょうか?

システムを移行する時、Cドライブに格納されたソフト及び関連データも一緒に新たなディスクにコピー/移行されます。従って、移行が完了した後、ソフトを再インストール必要がありません。新たなディスクからパソコンを起動してから、元通りに使用できます。

同時にHDDとSSDをパソコンに接続しているが、SSDがソフトに認識されません。どうしたらいいでしょうか?

1.SSDがパソコンに認識されるかどうかを確認します。2.ディスクの管理で、SSDがオフラインと表示される場合には、再び取り付けしてください。

システムパーティションの使用領域がSSDの総容量より大きい場合はどうしたらいいでしょうか?

移行する前に、システムパーティションに保存されたキャッシュファイルや不要なソフトファイルなどを削除してください。

移行またはクローン作成の時に、エラーコード11が表示され、ターゲットディスクにパーティションを作成できません。何か対処方法がありませんか?

1.管理者としてソフトを実行します。2.ディスクの管理で、ターゲットSSDを選択し、右クリックで全部のパーティションを削除します。3.「システム移行」機能を再利用します。

移行またはクローン作成の時に、エラーコード8が表示され、ターゲットディスクにデータを書き込みできません。何か対処方法がありませんか?

1.管理者としてソフトを実行します。2.「システム移行」機能で、再度OSを移行します。3.「不良セクタを無視する」オプションにチェックを付けてから、移行を開始します。

移行またはクローンした後、元のディスクに格納されたシステムやデータなどは消えるでしょうか?

移行やクローンは、元のディスクに格納されたシステム及び関連データをターゲットディスクにクローン/コピーするだけです。元のディスクにあるデータや情報は全然影響されないので、ご安心ください。

システムを移行する時、Cドライブにインストールされたソフトのファイルも一緒に移行されるでしょうか?

システムを移行する時、Cドライブに格納されたソフト及び関連データも一緒に新たなディスクにコピー/移行されます。従って、移行が完了した後、ソフトを再インストール必要がありません。新たなディスクからパソコンを起動してから、元通りに使用できます。

Renee Beccaバックアップ/リカバリー機能

  • システム、ディスク/パーティション、フォルダ及びファイルのバックアップを作成できます。

  • 5種類のバックアップスキームが提供され、増分バックアップや差分バックアップもあります。

  • バックアップスケジュールによって、各方面からデータを保護できます。

backup-function-intruduction
  • システム、ディスク/パーティション、フォルダ及びファイルのバックアップを作成できます。

  • 5種類のバックアップスキームが提供され、増分バックアップや差分バックアップもあります。

  • バックアップスケジュールによって、各方面からデータを保護できます。

バックアップの操作手順及び注意事項

リカバリーの操作手順及び注意事項

    プロダクトマネージャー