author avatar
  サポートマネージャー  

概要

この記事はユーザーの異なるニーズに応じて、コストパフォーマンスが最も高いM.2/NVMe SSDと性能が最も優れたM.2/NVMe SSDを紹介します。


現在市販されているマザーボードのほとんどはM.2接続インタフェースを提供するので、転送帯域幅のより広いM.2 NVMe SSDは段々主流となっています。次には、ユーザーの異なるニーズに応じて、M.2 NVMe SSDの2選を紹介します。
一般的には、M.2 NVME SSDは同じ容量のSATA SSDより価格が少々高いですが、次に紹介したいインテル(Intel)760pはそうではなさそうです。

コストパフォーマンス最高のM.2/NVMe SSD:インテル(Intel)760P

インテルの最新760シリーズM.2 NVMe SSDはインテル64層3D TLC NANDフラッシュ採用。価格はほぼSATA SSDと同じ。

連続読込速度はほぼ最高速度2800MB/s前後で変動します。ランダムアクセスにおいて優れていないかもしれないが、この価格帯では一番の製品と言っても過言ではありません。

インテル760P
ほとんどのユーザーには影響を与えませんが、TLC フラッシュ採用の760Pは、連続読み込むまたは大量のデータをコピーする時、キャッシュが6GBを超えると、書込速度が大幅にさげます。 しかし、760P全体の性能は、他のM.2 NVMe製品と少し差別がありますが、この価格帯で最も優れたM.2 NVMe SSDです。

性能最高のM.2/NVMe SSD:サムソン(SAMSUNG)960 PRO

ベテランゲーマーにとっては、ハードディスクの読み書き性能は最も重要です。この時、サムソン(SAMSUNG)960 PROはオススメです。
項目

SANSUNG 960 PRO

理論的最高転送速度3200MB/s
連続読書速度3000MB/s以上
連続書込速度2100MB/s以上
ランダムアクセス440/360K IOPSに達し
サムスン960 PRO
サムソン960 PROの容量は2TBにも達し、高性能のM.2 NVMe SSDでは非常に珍しいです。もちろん、大容量により、価格は全然低くありません。予算不足の場合は、1TB、512GB、256GBなど規格の製品を選択できます。

関連記事:

Loading comments...