author avatar
  サポートマネージャー  

概要

この記事は、USB外付けSSDケースを選ぶ時の注意事項を説明し、おすすめの外付けSSDケースを紹介します。


一般的には、ノートパソコン内部の空間が足りないため、多くの人は外付けハードディスクケースを利用してSSDを接続します。外付けハードディスクケースは接続やすいだけでなく、内部スペースを大幅に節約できます 。現在、様々な接続口が出たが、USBハードディスクケースを使用すると、PCにうまく接続できます。では、どのようにSSDに適したUSBハードディスクケースを選びますか?次には、 購入時に考慮すべき注意事項を紹介します。

SSDの接続インタフェース規格

SATA >>

SATA
現在、SATA SSDは広範囲に使用されています。SATA SSDを使用したければ、一般的には外付けSSDケースが必要です。2.5インチSSDの場合は、市販されているSATAハードディスクケースは基本的に適応できるため、選択肢が広いです。

IDE >>

IDE
IDE SSDを使用したければ、IDE接続に対応できるSSDケースが必要です。しかし、現在IDE SSDはもうあまり生産されていない。それに、IDEの転送速度はSATAよりかなり遅いので、IDE SSDを使用している場合は新しいSSDを変更した方が良い。

M.2 >>

M.2
新しい型の接続インターフェースを利用したM.2 SSDであれば、それに対応できるSSDケースも必要です。購入する時、接続インタフェースのことを注意すれば良いです。
もっとSSDの接続インタフェース規格に関する知識及び様々な接続インタフェースの違いを知りたいなら、SSDの接続インタフェースの基礎知識をクリックしてください。

PCとの接続インタフェース規格

現在、市販されているSSDケースのほとんどには、接続やすくて電気供給の便利なUSBインタフェースがSSDケースとPCの接続インタフェースとされています。それに、USBインタフェースのSSDケースは確かに最も優れています。
購入する時、USB3.0或いはUSB3.1対応のSSDケースを選んだ方が良いです
例えば、コストパフォーマンスが最も高くて、現在広範囲に使用されているSATA3.0の理論上の最高転送速度は6Gbpsです。そして、USB3.0の場合は5Gbpsであり、USB3.1であればさらに10Gbpsに達します。即ち、USB3.1を使用すると、SSDの読書速度を最大限に引き出すことができます。それに、USBインタフェースの使用も非常に便利ですので、USBインタフェースを選択するに越したことはありません。
USB 3.0インターフェイスのないPCでも、心配する必要はありません。後方互換性があるため、USB3.0に対応SSDケースを購入しても、USB 2.0のPCにも使用できます。
USBインタフェース

最大容量

ほとんどのハードディスクケースには、マスターチップにより、挿入されるハードディスクに最大容量の制限があります。一般的には容量の制限は4T〜8Tです。しかし、 市販されているSSDの容量普通は1Tを超えないため、容量の制限を超えることはないはずです。 ただし、他のHDDにも対応したければ、容量のことを考慮する必要もあります。

ケース材質

SSDケースの筐体はケースを飾るだけではなく、その中に保存されているハードディスクを保護する重要な役割を果たします。従って、SSDの寿命はSSDケースの外装材質と重大な関係があります。 一般的には、市販されているSSDケースの外装材質は、金属糸引きポリカーボネート、およびプラスチックです。

金属系 >>

金属糸引き
SSDケースの製造で、金属系は最も広く使用され、最も硬い材料です。適当な厚さにより、耐圧性が優れています。 なお、優れた放熱性も持っています。

ポリカーボネート >>

ポリカーボネート
ポリカーボネートは熱可塑性プラスチックの一種。プラスチック素材の中で最高度の耐衝撃性・耐熱性を持っています。また、高度な透明性により、内部も鑑賞可能。

プラスチック >>

プラスチック
プラスチックケースの耐圧性も耐衝撃性も十分ではありません。耐久性や安定性、データ安全などから考えてみれば、プラスチックケースは一番のおすすめではない。

チップ

普通、OS移行には大量のデータにより、転送時間が長います。従って、SSDケース内のデータ転送用のチップの品質は特に重要です。 UASP超高速データ転送モードに対応SSDケースを推奨します。UASPは、USB-IFに認証された転送モードで、CPU使用率を減らし、データ転送を効率化し、実効速度を高めるものです。これはOS移行にかなり向いています。

まとめ

要するに、外付けSSDケースを購入する時には:
  • まず、対応するSSDケースを選択します。
  • そして、接続インタフェースから考えて、最高転送速度に達するのを選択します。
  • 最後、材質などから考えて、自分の好き嫌いによって選択します。
例えば、最も広く使用されている2.5インチSATA SSDを購入したい場合、前述の注意事項から考えみれば、超実用のUGREEN2.5インチSSDケースをお勧めします。

最大容量は10TBまで達します。

全部の2.5インチSATA SSD/HDDに対応。

UASP転送モードに対応。標準USB3.0より大幅に読込速度向上を実現できます。

ケース本体は頑丈なABS+PVC素材を採用し、内側に耐震の柔らかい材料を配置し、ご貴重なデータをよく守り、完全な保護を提供できます。

高いコストパフォーマンス。8.89ドルで買えます!

UGREEN2.5インチSSDケース
Loading comments...