author avatar
  サポートマネージャー  

概要

情報安全のために、Windows7でフォルダにパスワードをかけて保護する方法を紹介します。


有名な無料ソフトCCleanerもマルウェアに感染し、影響を受けたユーザーのPC情報が外部サーバーに送られたという。もし、重要な情報がちゃんと暗号化されてない場合、個人情報漏洩、流出の事件は避けられない。

情報安全のために、どんな対策をとっているの?複雑なPCログインパスワードを設定する、ウイル対策ソフトを利用する、危険なサイトをアクセス禁止USBポートロックする、全てのフォルダにパスワードをかけるというのは、一つも欠かせません。

万が一、CCleanerマルウェアのような事件に遭った場合、普段からの情報の暗号化は情報安全を守るため最後の、そして最も有効な手段です。

フォルダにパスワードをかける windows7
2017年3月までの統計によると、Windows7は50%ぐらいシェアする、まだ一番人気のあるOSです。じゃ、Windows7でフォルダにパスワードをかけるには、どうしたらよろしいでしょうか?

次に初心者向きのWindows7フォルダにパスワードをかける方法を3つ紹介します。

パスワードでフォルダを守るソフト

Renee File Protector は右クリックからデータをパスワードで保護できるソフト。暗号化、隠す、ロック、安全削除、監視等の保護手段が提供されています。なお、ソフトはWindows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP 等ほとんどのWindows環境を対応できます。どのOSもこのソフトでデータ安全を守れます。

パスワードでフォルダを守る! – Renee File Protector

ファイルロック

  • 強度な暗号化である。 – 最高レベルの暗号化方式、非常に強固な世界標準の暗号アルゴリズム(AES-256)を採用、「AES」は米国政府が標準で使用し、日本政府も推奨する最高レベルの暗号化方式。
  • 操作が容易。 – ソフトインストール後、フォルダを選択して、右クリックからフォルダにパスワードをかけることができます。
  • 機能が豊富。 – ローカルフォルダを保護するほか、外付けHDD、USBメモリ、SDカード等の外付けメディアのデータもしっかりパスワードで保護可能。フォルダパスワードをかけるの他、ロック、非表示、安全削除等の手段もある。
  • 高速処理。 – データ量が大きくても、高速に処理完了し、時間かからない。
  • 無料利用可能。 – 全ての機能も無料利用可能。

無料体験

名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

Windows7でフォルダにパスワードをかける方法

Rene.E File Protectorは多種類の保護手段を提供しているため、パスワードでフォルダを守るには、いくつかの方法を利用可能です。

1.ファルダを暗号化して、パスワードなしで開けないようにする。

フォルダにパスワードをかけると、フォルダは暗号化され、開けなくなり、中身も見えません。パスワードがないと、誰でも解除できません。この前世界各国を攻撃したマルウェアWannaCryはデータを暗号化を利用して、身代金を要求する一例です。従って、大切なデータを暗号化すれば、安全に取り扱えることはできます。

2.フォルダをロックして、書込/読取を禁止する。

フォルダへの書込/読取を禁止すると、フォルダを開けない、フォルダの削除もできないようになります。ロックを解除するには、ロックする時利用したパスワードが必要です。

3.ファルダを隠して、非表示にする。

フォルダを表示するには、ソフトからの操作が必要です。ソフトの起動は起動パスワードが必要です。従って、この方法でフォルダを隠すと、パスワードがない場合、データを見えません。

動画で確認 – Windowsフォルダにパスワードをかける方法

動画でフォルダにパスワードをかける手順を確認できます。
Renee File Protectorは3つのデータ保護方法を提供しています。必要に応じて、上の方法を利用してみてください。

フォルダにパスワードをかけて保護したい場合、Renee File Protectorは使いやすいツールです。

 

無料で全機能を利用出来るので、まずダウンロードして、試してみてください。

Renee File Protector 無料ダウンロード
ヒント: 情報漏洩対策ソフトRenee USB Blockと一緒に使い、万全な情報漏洩対策を構築することができます。USBメモリ等のリムーバブルメディアによる重要資料漏洩もしくはウイルス感染のリスクを最小限にします。 後無料データ抹消ソフトもあります。

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...