フォルダパスワード
author avatar
  テストマネージャー  

概要

ファイルに/フォルダにパスワードをかける方法のおすすめランキング!実際に使ってみた感想と安全性で比較してみました。2019年最新のファイル/フォルダにパスワードをかける方法8つをまとめました。Windows10を含んだ全てのWindowsシステムも対応できます。このガイドがあると、プロや初心者を問わず、誰でも手軽に情報セキュリティを守れます。



家であれ、オフィスであれ、様々な事情で、1台のパソコンを複数の人で共有することがあります。情報セキュリティを守るため、ファイルやフォルダにパスワードをかけて保護する意識がありますか? Excel、Word、PDF、ZIP、RAR等形式のファイルがパスワードをかける機能があります。でも、他の形式ファイルにパスワードをかけたい、もしくは複数形式ファイルを含んだフォルダにパスワードをかけたい場合、どうしたらいいでしょう?この記事はWindows環境でファイル/フォルダにパスワードをかける5つの簡単無料な方法を紹介します。   次はファイルに/フォルダにパスワードをかける方法のおすすめランキング!実際に使ってみた感想と安全性で比較してみました。2019年最新最全方法のまとめ!
フォルダパスワード

ファイル/フォルダにパスワードをかけるには?

方法1:【高速・安全】強力暗号化ソフトでファイル/フォルダを暗号化/隠す

Renee SecureSiloは仮想ディスク(ロッカー)を作成して、ファイル/ファルダをロッカーに入れるだけで、パスワードで保護できます。なお、この方法は仮想ディスク全体を暗号化するので、数秒で暗号化・復号化でき、一番高速な暗号化ソフトと言えるでしょう。高度なAES256暗号化アルゴリズムを利用し、安全性も抜群。

  • データ修正便利 – この仮想ディスクファイルはUSBメモリのように、必要に応じて開き、不要な場合は閉じて、使用の痕跡を残しません。さらに、RAR / ZIP / 7ZIPなどの暗号化された圧縮ファイルとは異なり、SecureSilo仮想ディスク内のファイルを変更するのに長時間待つ必要はなく、ファイルの変更または新しいファイルを1秒未満で保存できます。
  • 隠蔽性良い – 仮想ディスクファイルを他のファイルに偽装して、悪意のあるスキャンを回避できます。 さらに、プログラムの「ワンクリックオフ」機能を使用すると、すべての仮想ディスクを閉じていつでもプログラムを終了できるため、個人情報がの不正アクセスを防ぎます。

Renee SecureSilo

  • 便利度:★★★★★
  • 処理速度:★★★★★
  • 安全性:★★★★☆
  • ラッキング難度:★★★★☆
  • 対応OS:Windows 10 / 8 / 7 / Vista / XP / 2000
  • 複数フォルダ一括ロック可能か:可能

(一) Renee SecureSiloでフォルダにパスワードをかけるには?

1.Renee SecureSiloをダウンロードし、インストールします。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

2.ソフトを初めて利用するとき、パスワードを設定する必要があります。

ソフトを開くたび、このパスワードを入力する必要があります。

起動パスワード設定

3.「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ディスク)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。
ロッカーを開く、閉じる

ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

open-locker

(二) Renee SecureSiloでフォルダを隠すには?

1.ソフトをダウンロードし、インストールします。

Windows版無料ダウンロード

2.ソフトを初めて利用するとき、パスワードを設定する必要があります。

ソフトを開くたび、このパスワードを入力する必要があります。

起動パスワード設定

3.左側の「ファイル隠す」をクリックします。

ファイル隠す

4.「隠しファイル/フォルダ」をクリックし、隠したいデータを選択します。

隠したいファイルを選択する

5.パスワードを設定します。

パスワードを設定する

6.隠しファイルを表示したい場合、ファイルを選択し、「再表示」ボタンをクリックします。

隠しファイルを表示する

メリット:

  • 操作簡単、安全性が高い。
  • 処理スピードが速くて、フォルダ量が大きくても一瞬で処理完了。
  • 暗号化以外、隠す、偽装、パスワード管理等の機能もある。

デメリット:

  • 無料体験版は最大500MBのロッカー(仮想ディスク)を作成可能。
今すぐ無料体験版をダウンロードして、試用してみませんか!

Windows版無料ダウンロード

方法2:【無料】スクリプトでフォルダにパスワードをかける

この方法はWindowsシステムで簡単なスクリプトを利用し、フォルダのプロパティを修正し、パスワード付きフォルダを隠します。バッチスクリプトをダブルクリックすると、フォルダを隠す・表示することができます。無料、簡単はこの方法の特徴です。次の使い方を参照して誰でも手軽に操作できます。
スクリプトでフォルダにパスワードをかける

  • 便利度:★★★☆☆
  • 処理速度:★★★★★
  • 安全性:★☆☆☆☆
  • ラッキング難度:★☆☆☆☆
  • 対応OS:Windows 10 / 8 / 7 / Vista / XP / 2000
  • 複数フォルダ一括ロック可能か:不可能

(一) フォルダにパスワードをかけるには?

1.スクリプトを作成します。

ステップ1:テキストファイルを新規作成します。次のコードをテキストファイルにコピペします。
cls

@ECHO OFF

 

title フォルダ Renee

if EXIST “Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}” goto UNLOCK

if NOT EXIST Renee goto MDLOCKER

 

:CONFIRM

echo フォルダをロックしますか?(Y/N)

set/p “cho=>”

if %cho%==Y goto LOCK

if %cho%==y goto LOCK

if %cho%==n goto END

if %cho%==N goto END

echo 無効な選択。

goto CONFIRM

 

:LOCK

ren Renee “Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}”

attrib +h +s “Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}”

echo フォルダがロックされました。

goto END

 

:UNLOCK

echo パスワードを入力してフォルダのロックを解除する。

set/p “pass=>”

if NOT %pass%==123456 goto FAIL

 

attrib -h -s “Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}”

ren “Control Panel.{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}” Renee

echo フォルダのロックが解除されました。

goto END

 

:MDLOCKER

md Renee

echo Reneeが正常に作成されました。

goto END

 

:END

スクリプトの動作原理:これはWindowsのバッチファイルです。まずパスワード付き隠しフォルダが存在するかを確認します。存在しない場合は、目標フォルダ「Renee」の名前変更や非表示処理を行います。存在している場合は、「パスワードを入力してフォルダのロックを解除する。」というメッセージが表示されます。(デフォルトパスワードは123456)
Windowsのバッチスクリプト(バッチファイル)とは?パッチファイル(Batch File)は、簡略化されたスクリプト言語とも言え、DOS及びWindows OSで使用されます。DOSまたはWindows OSのシェルプログラム(一般にCOMMAND.COMやcmd.exe)がスクリプトを読み、その中のコマンドを実行します。一般に、バッチファイルの拡張子は「.bat」或いは「.cmd」です。
ステップ2:フォルダ名とパスワードを変更します。

このスクリプトで設定したフォルダ名は「Renee」、パスワードは「123456」。 自分の好きなパスワードとフォルダ名を変更可能です。例えば、パスワードを「Reneelab」にしたい場合は「if NOT %pass%== Reneelab goto FAIL」に変更すればOKです。

次の場所を変更すると、フォルダ名が変更されます。
フォルダ名を変更します。
次の場所を変更すると、パスワードが変更されます。
パスワードを変更します。
ステップ3:テキストファイルの拡張子を「.bat」に変更し、保存します。ファイル名を好きなように指定できます。
拡張子を「.bat」に変更
  • 上の操作方法は複雑と思うなら、直接このスクリプトをダウンロードしてください。(ここをクリックしてダウンロード
  • ダウンロード後、ファイルの拡張子を「.txt」に変更すると、フォルダ名とパスワードを変更できます。変更後またテキストファイルの拡張子を「.bat」に変更し、保存すると、利用できます。

2.パスワード付きフォルダを隠す方法

このスクリプトで設定したフォルダ名は「Renee」、パスワードは「123456」。スクリプトを作成またはダウンロード完了後、次の方法でパスワード付きフォルダを隠します。
ステップ1:保存した.batファイルをダブルクリックすると「Renee」という新しいフォルダが表示されます。

これがパスワード付きフォルダです。隠したいファイルをいれてください。

.batファイルをダブルクリックすると「Renee」という新しいフォルダが表示されます。
ステップ2:再度.batファイルをダブルクリックすると、プロンプト画面が表示されます。

フォルダをロックしますか?」と聞かれます。 「Y」を押して、「Enterキー」を押します。すると、フォルダが隠されます。

フォルダをロックするかのプロンプト画面

3.隠したパスワー付きフォルダを表示させる方法

ステップ1:隠しフォルダを表示するには、.batファイルをダブルクリックします。
ステップ2:1.で設定したパスワードを入力し、「Enterキー」を押してください。すると、隠しフォルダが表示されます。
隠したパスワー付きフォルダを表示させる
  • 他人に見つからないように、バッチスクリプトファイル「lock.bat」のファイル名は任意に変更できます。たとえば、「時間.bat」。
  • バッチスクリプトファイル「lock.bat」を目立たない場所に置くと、人に簡単に見つからなくなります。
  • なお、他人に実行させないように、拡張子「.bat」の削除、または他に変更することもおすすめです。隠しファイル/フォルダを開きたい時、また拡張子「.bat」を追加します。

メリット:

  • 操作が初心者向きで、誰でも手軽に実行可能。batファイルをダウンロードすると、クリックとパスワード入力だけでパスワードつきフォルダを隠すことは可能です。
  • 処理スピードも速くて、フォルダ量が大きくても一瞬で処理完了。

デメリット:

  • 安全性は強くない、PCに詳しい人にクラッキングされる可能性があります。
  • 複数フォルダの一括ロックは対応できません。

(二) セキュリティについて(クラッキング可能性)

このバッチスクリプトでパスワードつきフォルダを隠す作業は非常に簡単・効率的ですが、安全性はそれほど強くない。次のような操作で、隠しファイルを表示できます。クラッキングされる可能性が高いです。
ステップ1:キーボードの「Win」+「E」キーを押し、エクスプローラーを表示し、->「整理」->「フォルダと検索のオプション」をクリックします。

(これはWindows7の場合、Windows10の場合は、「ファイル」->「フォルダと検索のオプションの変更」をクリックしてください。)

フォルダと検索のオプションをクリックする
ステップ2:フォルダーオプション-「表示」で次の設定をします。
  • 隠しファイル、隠しフォルダー、及び隠しドライブを表示する」にチェックを入れます。
  • 空のドライブはコンピューターフォルダーに表示しない」にチェックを外します。
  • 保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨) 」にチェックを外します。
隠したフォルダを表示する設定
すると、隠したフォルダは表示されます。フォルダ名が変更されたが、パスワード無しで開けます。
隠しフォルダが表示される
Renee File Protectorこのフォルダパスワード化の方法は簡単・効率的ですが、100%安全じゃない。もっと便利・安全なフォルダロック方法はないでしょうか?実はコスパが高い有償ソフトがあります。Renee File Protectorは無料ではありませんが、情報漏洩による損失と比べると高価とは言えません。なお、今複数のライセンスキーを購入する場合、期間限定の割引があります。無償技術サポートも提供されます。詳しい情報はここをクリックしてください。

ダウロート

目次に戻る

方法3:【安全性抜群】Renee File Protectorでフォルダにパスワードをかける

上は無料のフォルダにパスワードをかける方法を紹介しました。無料ですが、手間かかったり、安全性強くなっかたりなどの問題があります。これらの問題も気にするなら、Rene.E Laboratory社が2年間をかけて開発したRenee File Protectorを試してみてください。プライベート情報とファイル安全を守るためのセキュリティ機能が満載。主に次の特徴があります。
Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフトRenee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
次に一番気になるRenee File Protectorでフォルダにパスワードをかける方法について紹介します。

(一) 動作原理(安全性抜群の理由)

  • 動作原理:

Renee File Protectorはパスワードでフォルダをロックし、ファイルシステムドライバでターゲットフォルダへのアクセスを制御します。 このロック処理では、フォルダ内のデータは変更されません。 また、ロックしたいファイル/フォルダの数は制限されません。

  • 処理時間:

ローカルハードディスクのフォルダ:即時。一瞬でロック完了。 外付け設備のフォルダ:特殊処理が必要なので、ローカルよりは時間かかる。

Renee File Protector動作原理
  • 便利度:★★★☆☆
  • 処理速度:★★★★☆
  • 安全性:★★★☆☆
  • クラッキング難度:★★☆☆☆
  • 対応OS:Windows 10 / 8 / 7 / Vista / XP / 2000
  • 複数フォルダ一括ロック可能か:可能

(二) Renee File Protectorでフォルダにパスワードをかけるには?

このロック方法はソフトが必要です。ソフトをアンインストールすると、目標フォルダは保護されません。もちろん、ソフトは勝手にアンインストールすることはできません。正しいパスワードの入力が必要です。

ステップ1:ソフトを実行し、「ローカルHDD」-「ロック」をクリックします。

外付けHDDもロックできます。

ステップ2:「フォルダをロック」ボタンをクリックし、ロックしたいフォルダを選択します。

ロック方法

選択後、自動的にロックされます。状態が「ロック」に変更されます。

ロック状態
ソフトを起動しなくても、フォルダを右クリックして、「Renee File Protector」-「ロック(読込+書込+実行を拒否)」をクリックし、パスワードを入力すると、ロックできます。

ステップ3:保護されたフォルダを開こうとすると、アクセス拒否の提示が表示されます。

フォルダを開くには、右クリックし、「解除(読込+書込+実行を有効)」をクリックしてください。

フォルダを開こうとすると、アクセス拒否の提示が表示される

もしくは、ソフトを開き、フォルダを選択し、「ロックを解除」ボタンをクリックしてください。

メリット:

  • 操作簡単、安全性抜群。ソフトは暗号化アルゴリズムが非常に頑固。最高レベルの暗号化方式、非常に強固な世界標準の暗号アルゴリズム(AES-256)を採用、「AES」は米国政府が標準で使用し、日本政府も推奨する最高レベルの暗号化方式。
  • PC本体だけでなく、外付けHDDや、USBメモリ、SDカード、共有フォルダのデータも保護可能。
  • 複数フォルダの一括ロック処理対応。なお、同じソフト画面で全てのフォルダを簡単に制御可能。
  • HDD破損、データ移動しても、パスワードがあれば、ファイルをアクセス可能。
  • ファイルやフォルダにパスワードをかける時、圧縮はせず、ファイル劣化の心配がない。
デメリット: 無償版では、暗号化機能に必要なパスワードを自由に設定可能が、ロック/隠す機能が必要なパスワードを「123456」のみ設定できます。

(三) セキュリティについて(クラッキング可能性)

総当り攻撃はあらゆる暗号化ソフトウェアにとっても一番の課題ですが、Renee File Protectorはそれに対して、十分の工夫をしました。ロック処理はファイルシステムドライブの制限により、保護されたフォルダを他の場所にコピーすることはできません。データの持ち出しも不可能。クラッキングしたくても、元PCで行なわなければいけません。 ソフトで総当り攻撃に防衛する他の設定も設けています。5回失敗したら、自動的に電子メールアドレスに警告通知を送信する、5回失敗したら10分間ログイン不可といったような制限もできます。
セキュリティ設定

早速Renee File Protectorをダウロードしてプライバシー情報をしっかり守りましょう!

Windows版ダウンロード
目次に戻る

方法4:【無料】Windowsの暗号化機能(EFS)でファイルやフォルダを暗号化

家族やオフィスで同じパソコンを共有している場合、別々のユーザーアカウントが設定してあり、それぞれの利用者ごとにファイルを管理・隠したい場合はこの方法が役立てます。もし、PCに一つのユーザーアカウントしかない、もしくはアカウントのログインパスワードが他人に知られている場合、この方法は適していません。 EFS暗号化

  • 便利度:★★☆☆☆
  • 処理速度:★★★★☆
  • 安全性:★★☆☆☆
  • クラッキング難度:★★☆☆☆
  • 対応OS:Windows 10 / 8 / 7 / Vista / XP / 2000
  • 複数フォルダ一括ロック可能か:可能

(一) Windows暗号化機能(EFS)でフォルダパスワード化するには?

ステップ1:ロックしたいフォルダを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

プロパティ

ステップ2:「詳細設定」-「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。

EFS暗号化

すると、ユーザーごとにこのフォルダを暗号化しました。

つまり、このユーザーアカウントでは自由にフォルダを開き、使用できます。他のユーザーアカウントなら、ファイル名/フォルダ名を見えますが、アクセスできません。

アクセス拒否
メリット: EFSはシステムの標準機能で、ソフトがいらないので、一手間を省くことができます。

デメリット:

  • ファイル名/フォルダ名は暗号化できません。他のアカウントもファイル名/フォルダ名を見えます。
  • 汎用性がよくない、対応できないWindows環境もあります。
  • ほかのユーザー(アカウント)がファイルを見えないが、暗号化をしたユーザー(アカウント)がパスワード無しでファイルを見え、暗号化を解除することも可能。1台のコンピューターを共有している場合のみ、この方法がおすすめ。
  • ファイルを開けなくするだけであって、ファイル名やフォルダの構成は確認できます。ファイルの移動や削除も制限されません。
  • HDD破損、Windowsを再インストールしたら、EFS機能で暗号化ファイルが開けなくなる可能性があります。

(二) セキュリティについて(クラッキング可能性)

アカウントごとに暗号化するので、ユーザーアカウントのパスワードを解析するだけで、暗号化ファイル/フォルダを見えます。ユーザーアカウントパスワード解析するツールもあります。例えば、ophcrack(http://ophcrack.sourceforge.net/)、このソフトで起動メディアを作成し、PCを起動させ、総当り攻撃の方法でパスワードを解析します。
Ophcrack
クラッキングするためのソフトもたくさんあり、安全性はそれほど強くない。クラッキングされる可能性が高いです。このようなツールを利用すると、数分間でアカウントパスワードを解析し、プライベートのデータを見えます。
Renee File Protectorフォルダにパスワードをかけて、複数のアカウントを設定せず、便利・安全・効率的な暗号化方法はないでしょうか?実はコスパが高い有償ソフトがあります。Renee File Protectorは無料ではありませんが、情報漏洩による損失と比べると高価とは言えません。なお、今複数のライセンスキーを購入する場合、期間限定の割引があります。無償技術サポートも提供されます。詳しい情報はここをクリックしてください。

ダウロート

目次に戻る

方法5:【無料】共有フォルダにパスワードをかける

この方法はパソコン複数台の環境に適します。例えば、社内で自分のPCを他人に見せたくない、フォルダを社内LANに共有し、シェアしたい資料をそこに置きます。パスワードがないと、見えません。この方法はWindows自身の機能を利用し、他のソフトがいりません。ファイル名/フォルダ名も隠せます。   共有フォルダにパスワードをかける

  • 便利度:★★★☆☆
  • 処理速度:★★★★☆
  • 安全性:★★★☆☆
  • クラッキング難度:★★☆☆☆
  • 対応OS:Windows 10 / 8 / 7 / Vista / XP / 2000
  • 複数フォルダ一括ロック可能か:可能

(一) 共有フォルダにパスワードをかけるには?

ステップ1:目標フォルダを右クリックし、「共有」-「特定のユーザー」をクリックしてください。

共有フォルダ設定

ステップ2:プルダウンメニューで特定のユーザー名を選択し、「共有」ボタンをクリックします。

特定のユーザー名を選択する

すると、共有ルートが見えます。特定のユーザーはこのルートからフォルダを見えます。ただし、パスワードの入力が必要です。

共有ルート
共有フォルダをアクセスしようとするとパスワードが必要
メリット: フォルダにアクセスできるユーザーを制御するのに効果的です。他のユーザーは、正しいアカウントとパスワードを入力するまで、フォルダ名と中のファイルを見えません。
デメリット: 複数台のパソコンでフォルダ共有の状況に適していますが、自分のPCにフォルダをロックしたい場合、適していません。

(二) セキュリティについて(クラッキング可能性)

共有フォルダのクラッキングは少し複雑ですが、不可能ではありません。

ステップ1:ソフトSMB Scanner(http://www.cners.com/tools/smbscanner.zip)をダウンロードします。ソフトを実行し、IPアドレスを入力します。例えば:192.168.1.1-192.168.1.255

 

ステップ2:検索完了後、ソフトのクラッキング機能でパスワードを解析できます。

Renee File Protectorもっと安全・便利な方法でフォルダにパスワードをかける方法はないでしょうか?実はコスパが高い有償ソフトがあります。Renee File Protectorは無料ではありませんが、情報漏洩による損失と比べると高価とは言えません。なお、今複数のライセンスキーを購入する場合、期間限定の割引があります。無償技術サポートも提供されます。詳しい情報はここをクリックしてください。

ダウロート

目次に戻る

方法6:【無料】WinRAR、WinZip、7-ZIPなどでファイル/フォルダを圧縮してパスワード化

この方法は圧縮解凍ソフトのパスワード付きの圧縮機能を利用して、圧縮フォルダにパスワードをかけます。この方法は強力な暗号化処理をしているので高い安全性があります。しかし、フォルダサイズが大きい場合、処理時間が長くなります。新しいファイルを圧縮したい場合、圧縮し直しなければいけないため時間がかかり、あまり便利ではありません。なお、フォルダまたはファイル名が隠せません。 Renee File Protector でZIPやRARファイルにパスワードをかける

  • 便利度:★★☆☆☆
  • 処理速度:★★☆☆☆
  • 安全性:★★★☆☆
  • クラッキング難度:★★★☆☆
  • 対応OS:Windows 10 / 8 / 7 / Vista / XP / 2000
  • 複数フォルダ一括ロック可能か:可能

(一) フォルダを圧縮してパスワードをかけるには?

下準備:

圧縮解凍ソフトで操作するので、まず圧縮解凍ソフトをダウンロードし、インストールします。評価が高いソフトは次のようにあります。

次にWinRARを例にして圧縮フォルダにパスワードをかける方法を説明します。

ステップ1:ソフトをダウンロードして、インストールします。

http://www.winrarjapan.com/download

ステップ2:ロックしたいフォルダを右クリくして、「書庫に圧縮」を選択します。
【書庫に圧縮】を選択します
ステップ3:書庫形式を選択し、「パスワード」ボタンをクリックしします。
【RAR】もしくは【ZIP】を選択し、【パスワード】ボタンをクリックし、パスワードを設定します。
ステップ4:パスワードを2回入力し、「OK」ボタンをクリックします。
パスワード入力画面でパスワードを入力します
ステップ5:パスワード付きの圧縮ファイル作成された後、元のファイルを削除してください。

メリット:

  • よく知られる圧縮ソフトなので、ソフトの取得と操作も難しくない。
  • バレにくいパスワードを設定すれば、圧縮ファイルは安全です。
  • ファイルを圧縮して暗号化するので、ディスク容量を節約できます。
  • 右クリックメニューから操作でき、操作方法が簡単便利。

デメリット:

  • ロックしたファイルを再度使用する際は便利ではない。圧縮したフォルダの中にあるファイルを利用する前に、先に解凍する必要があります。もし、大容量のファイル、例えば、1TB以上のファイルを解凍する時、非常に時間がかかります。
  • ZIPファイルの暗号化では、ファイル名が隠せない問題があります。
  • 圧縮によるファイル劣化の可能性があります。
  • WinRAR / WinZipのパスワードを高確率で解除、解析できるフリーソフトがたくさん出てきて、安全性がそれほど高くない。

(二) セキュリティについて(クラッキング可能性)

フォルダを圧縮してパスワードを設定する方法はよく知られるロック方法ですが、クラッキングするためのソフトもたくさんあり、安全性はそれほど強くない。次のような操作で、パスワードを解析・解除できます。クラッキングされる可能性が高いです。 パスワード付き圧縮ファイルが簡単にコピーできるので、クラッキングしたい場合、USBメモリなどのツールでコピーし、他のPCで時間かけて解析ツールでパスワード解除できます。 WinZip、WinRARパスワード解析ソフトは総当り攻撃などの方法でパスワードを分析・解析しています。
winrarパスワード解析
winrarパスワード解析ソフト
Renee File Protectorもっと便利・安全な方法で、フォルダにパスワードをかけて、圧縮せず、コピーできない・ようにする方法はないでしょうか?実はコスパが高い有償ソフトがあります。Renee File Protectorは無料ではありませんが、情報漏洩による損失と比べると高価とは言えません。なお、今複数のライセンスキーを購入する場合、期間限定の割引があります。無償技術サポートも提供されます。詳しい情報はここをクリックしてください。

ダウロート

目次に戻る

ドライブまるごと暗号化するには?

上記では、ファイル/フォルダを暗号化するいくつかの方法を紹介しています。 ただし、多くの方法には問題があります。つまり、暗号化できるファイル/フォルダーは1つまたは少数です。 ユーザーがハードディスクのファイル、フォルダー全体を暗号化する場合、どうすればよいですか? ディスクを暗号化する方法は2つあります。

方法1:BitLockerでドライブを暗号化

BitLockerは次のOSシステムを対応できます。

  • Windows Vista,
  • Windows 7,
  • Windows 8/8.1,
  • Windows 10,
  • Windows Server 2008,
  • Windows Server 2008 R2,
  • Windows Server 2012/2012 R2
1、暗号化したいドライブを右クリックし、「BitLockerを有効にする」をクリックします。

BitLockerを有効にする

2、スタートアップ時にドライブのロックを解除する方法を選択します。パスワード入力を選択します。

スタートアップ時の解除方法

3、パスワードを入力します。

パスワード入力

4、回復キーのバックアップ方法を指定します。複数の方法があり、一つ選択します。

回復キーバックアップ方法指定

5、暗号化モードを選択します。

暗号化モード指定

方法2:VeraCryptでドライブを暗号化

Veracryptは、オープンソースの暗号化ソフトウェアです。次にVeracryptを使用してドライブ全体を暗号化する方法を紹介します。

1、ソフトをインストールし、開きます。「ボリュームの作成」ボタンをクリックします。

ボリュームの作成

2、暗号化されたファイルコンテナを作成にチェックを入れ、「次へ」ボタンをクリックします。

暗号化されたファイルコンテナを作成

3、ボリュームタイプで標準ボリュームを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

ボリュームタイプ

4、ボリューム作成モードで通常モードを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

ボリューム作成モード

5、ボリュームの位置を指定します。

ボリュームの位置

6、使用する暗号化アルゴリズムを選択します。

アルゴリズム

7、暗号化コンテナのファイルサイズを設定します。

暗号化コンテナのファイルサイズ

8、パスワードを設定します。

パスワードを設定

パスワードの代わりにキーファイルを使用することもできます。必要に応じて設定してください。

まとめ

以上は2019年最新のフォルダにパスワードをかける攻略です。8つの無料・安全・便利な方法を紹介しました。

  • 全部無料で利用できるが、方法4と方法5は対応環境が少なく、汎用性が低い。なお、方法4は暗号化したユーザー(アカウント)でログインしている時、暗号化したファイルもパスワード無しで見えます。PC交換やHDD入れ替え等の際、暗号化したファイルが順調に移行できない心配がある。 方法2は便利ですが、簡単に表示させることができます。汎用性と安全性から言うと、無料方法の中方法1と方法3が勝つ。
  • 方法1と方法3、方法6もソフトを利用しなければなりません。しかし、方法6はファイル圧縮によるファイル劣化、ファイル名暗号化不能、パスワード解析の易さ、ロックしたデータ再利用の不便等のデメリットがあり、安全性・利便性から言うと、方法1と方法3が勝つ。
  • 方法3のRenee File Protectorは有償ソフトですが、無料体験版もあり、無料利用できます。フォルダにパスワードをかけるには、方法3は一番のおすすめです。
  • 大量のファイルやフォルダを保護したい、処理速度に気にするユーザーは方法1のRenee SecureSiloをすすめます。一瞬で暗号化処理完了し、外付けメディアでファイル独立実行可能で、安全性も抜群です。

早速ソフトを無料ダウンロードして、ファイルを保護しましょう!

高速・安全・多機能な暗号化ソリューションRenee SecureSiloはこちらから無料ダウンロード!

無料体験版をダウンロード

無料でも利用可能、安全な暗号化ソリューションRenee File Pretectorはこちらから無料ダウンロード!

無料体験版をダウンロード

目次に戻る

ファイル/フォルダにパスワードをかけるため、何かご不明な点がありましたら、

お気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...