【情報安全対策】フォルダを非表示にする方法の比較

author avatar
  テストマネージャー  

概要

不正アクセスを防ぐため、フォルダ/ファイルを非表示にするのはいい方法と思います。そうすると、パソコンに入れるユーザーでも、秘密フォルダを見えるとは限りません。どのようにすれば、フォルダ/ファイルを非表示できますか?次の方法をご参照ください。


フォルダ非表示不正アクセスを防ぐため、多くの方はパソコンのユーザーアカウントにパスワードを設定したでしょう。それだけではまだ足りないと思います。「ちょっとパソコンを貸してください。」と同僚に言われて、パソコンを他人に使わせたり、技術部門の同僚に遠隔操作でパソコン設定してもらったり、もしくはパソコンがハッキングされた場合、ユーザーアカウントにパスワードを設定しても、情報安全は確保できません。パソコンの中の情報は見放題です。 この問題を解決するためには、フォルダ/ファイルを非表示にするのはいい方法と思います。そうすると、パソコンに入れるユーザーでも、秘密フォルダを見えるとは限りません。どのようにすれば、フォルダ/ファイルを非表示できますか?次の方法をご参照ください。

フォルダを非表示する3つの方法

方法1 :フォルダプロパティで隠しファイルを設定します。

おすすめ度★★☆☆☆

理由

  1. 操作手順を見るとわかると思いますが、パソコンに入れるユーザーなら、誰でも許可無しで簡単に隠しファイルを表示することはできます。
  2. フォルダ個別単位で表示することはできません。1つのフォルダだけを表示しようと思っても、全ての隠しファイル、隠しフォルダ、及び隠しドライブを表示させてしまいます。
  3. ソフトをダウンロードする必要ありませんが、非表示するには、手間かかる上、安全性を完全に確保できません。

操作手順プロパティの隠しファイル機能を利用してフォルダを非表示する

 

方法2:フォルダアイコンを変更し、ファイルを偽装します。

おすすめ度★★★☆☆

理由

  1. フォルダを偽装できますが、パスワードがないため、誰でもフォルダをアクセスます。
  2. フォルダのみ偽装できます。ファイル/ドライブにはこの操作で偽装できません。
  3. ソフトをダウンロードする必要ありませんが、フォルダ名を偽装できず、フォルダ名称はまだ見えます。

操作手順フォルダアイコンを変更してフォルダを非表示する

 

方法3:ファイル隠しソフトを使ってフォルダ非表示にします。

おすすめ度★★★★★

理由

  1. ファイル/フォルダ/ドライブを個別に非表示したり、表示したりすることは可能。安全確保の上とても便利です。
  2. 隠しフォルダを表示するには、ソフトを起動する必要があります。ソフトの起動でもパスワードがかけているため、100%安心できます。世界標準の暗号アルゴリズム(AES-256)を採用し、強力な保護で情報安全性を確保できます。
  3. ソフトのダウンロードが必要ですが、一番安全・便利な方法です。

操作手順ファイル暗号化ソフトを利用してフォルダを非表示する

方法1:プロパティの隠しファイル機能を利用してフォルダを非表示する

フォルダを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。
プロパティーをクリック
全般」タブの「属性」-「隠しファイル」にチェックを入れて、「OK」ボタンをクリックします。
ファイル隠し
ヒント: 1、隠しフォルダを表示するには、「隠しファイル」のチェックを外し、「OK」ボタンをクリックします。 2、この操作でファイルを非表示することも可能です。
目次に戻る

方法2:フォルダアイコンを変更してフォルダを非表示する

フォルダを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。 「カスタマイズ」タブの「フォルダーアイコン」-「アイコンの変更」ボタンクリックして、空白アイコンアイコンを選択し、「OK」ボタンをクリックします。
フォルダアイコンを変更
ヒント: 1、偽装したフォルダを元のアイコンに戻すには、「既定値に戻す」ボタンをクリックしてください。 2、この操作はフォルダのみ利用できます、ファイル/ドライブに対して利用できません。
目次に戻る

方法3:ファイル暗号化ソフトを利用してフォルダを非表示する

上のフォルダ非表示する方法以外、ファイル暗号化ソフトも勧められる方法です。Renee File Protectorはこれらのプログラムの一つです。ソフトはファイル、ドライブ、フォルダを非表示することはできます。隠しフォルダはソフトより保護されています。隠しフォルダを表示するには、ソフトの実行が必要です。ソフトを実行するには、正しいパスワードがないと、誰も実行できません。 フォルダ非表示にするには、ただのクリックだけで実現できです。 Renee File Protectorはフォルダ非表示以外、ファイル暗号化、ファイルロック等の機能もあります。必要に応じて試してみてください。ソフトはWindows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP 等の環境も利用できます。 最初にやるべきのはファイル暗号化ソフトをダウンロードします。
Windows版ダウンロード

フォルダ非表示

ステップ1:ソフトを起動し、「隠す」をクリックします。 ステップ2:「フォルダを隠す」をクリックして、隠したいフォルダを追加します。 ステップ3:「隠す」ボタンをクリックし、フォルダを非表示にします。

ソフトでファイルを隠す方法
ヒント: 1、隠しフォルダを表示するには、「隠しデータを表示」ボタンをクリックしてください。 2、フォルダを非表示するには、もっと簡単な方法があります。フォルダを右クリックし、「Renee File Protector」-「隠す」をクリックします。
右クリックメニュー
目次に戻る
一番安心・便利な情報安全対策として、ファイル暗号化ソフトをダウンロードして利用しましょう!
ヒント: 情報漏洩対策ソフトRenee USB Blockと一緒に使い、万全な情報漏洩対策を構築することができます。USBメモリ等のリムーバブルメディアによる情報漏洩もしくはウイルス感染のリスクを最小限にします。

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...