author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

Windowsコンピューターを使用しているとき、最も恐れているのは、突然のシステムクラッシュ、特にブルースクリーンです。 ブルースクリーンは、データの損失やWindowsの起動不能などの悪い状況につながる可能性があります。 この記事は、PCがブルースクリーンになったときの対処法、原因、データ救出方法を紹介します。



目次 CONTENTS

一、ブルースクリーンの原因

ブルースクリーン(BSoD)は、Windowsオペレーティングシステムのエラー画面であり、停止エラーとも呼ばれ、システムに競合とクラッシュがあることを意味します。 コンピューターにブルースクリーンが表示されると、Windowsがフリーズし、場合によっては再起動して実行を継続できます。 現在のWindowsオペレーティングシステムは多くのエラーを処理できるため、ブルースクリーンは以前ほど頻繁に表示されなくなりました。

ブルースクリーン

ブルースクリーンエラー画面は、コンピューターとシステムのさらなる損傷を防ぐための安全上の注意であり、コンピューターにブルースクリーンがある場合、エラーコード、関連するドライバーデータ、およびトラブルシューティングのヒントも画面に表示されます。 エラーコードはトラブルシューティングの範囲を短縮するのに役立ちます。コンピュータを再起動する前にエラーメッセージに注意してください。 また、各コンピューターのブルースクリーン表示は、実行しているWindowsのバージョンによって異なる場合があります。 Windows 7以前のバージョンでは、ブルースクリーンは端末画面によく似ており、すべての情報が表示されます。 Windows 8および10では、ブルースクリーンの表示がはるかに簡単になりました。
おすすめ - ADsRenee PassNow - PC起動しない時のデータ救出 システムレスキューソフトRenee PassNow

操作簡単 簡単な操作で任意ファイルを救出。

データ移行 Windowsが起動しなくても簡単にデータ移行。

データプレビュー データ救出する前に、ファイルプレビュー可能。

多機能 Windows起動せずに、パスワード削除、データ移行、データ復旧、データ抹可能。

互換性 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP対応。

操作簡単 初心者も自力でデータ救出可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、データ復旧可能。

データプレビュー 救出する前に、ファイルプレビュー可能。

無料体験無料体験 88625名のユーザー様に体験をしていただきました!
ブルースクリーンエラーの原因:
多くの場合、ブルースクリーンエラーコードと原因が表示され、ユーザーはコードに基づいた解決策を見つけることができます。 ほとんどの場合、Windowsは自動的に修復および再起動します。 ブルースクリーンは通常、コンピューターのハードウェアの問題またはドライバーソフトウェアの問題が原因で発生します。 より一般的な理由は次のとおりです。
1.ソフトウェアの理由

  • 古いまたは互換性のないデバイスドライバー。
  • 破損したシステムファイル。
  • ウイルス/マルウェアの侵入。
  • 古いBIOS。
2.ハードウェアの理由

  • ファンが故障すると、コンピューターが過熱してブルースクリーンが発生する場合があります。
  • オペレーティングシステムをインストール/アップグレードするときに、コンピューターに十分なストレージ領域がありません。
  • フラッシュドライブや外部ハードディスクなどの外部デバイスの干渉の影響を受けます。
  • 緩いハードウェア/ケーブル。
  • 一部のハードウェアが破損し、寿命が過ぎている可能性があります。

二、一般的なブルースクリーンエラーコードと対処法

コンピュータにブルースクリーンが表示されている場合、通常、対応するエラーコードとエラーメッセージ表示が表示されますが、一般的なブルースクリーンエラーコードと対応するソリューションを次に示します。
よくあるブルースクリーンコードエラーコード原因説明対処法
0xc00000010xc0000001エラーはさまざまな理由で発生する可能性がありますが、最も一般的な原因は、破損したシステムファイルまたは破損したメモリです。 さらに、このエラーは、SAM(セキュリティアカウントマネージャー)システムファイルが見つからないか破損しているために発生する場合もあります。ここをクリック
0xc000000d破損したWindowsシステムファイルにより、0xc000000dエラーが発生する場合があります。 システムファイルエラーには、アプリケーションやハードウェアの誤った削除、不完全なインストール、不完全なアンインストールなど、多くの理由があります。ここをクリック
0xc000000e0xc000000eエラーの原因は、winload.exeファイルにアクセスできないか壊れているか、オペレーティングシステムの起動場所が見つからないことです。 通常、このエラーメッセージはWindows XPには適用されません。ここをクリック
0xc000000f0xc000000fは、コンピューターのWindowsブートマネージャーに直接関連しています。 このエラーが発生すると、オペレーティングシステムがブート構成データを読み取れなくなり、ブルースクリーンが表示されます。ここをクリック
0xc000014cこのエラーの存在は、オペレーティングシステムが起動時に必要な重要なファイルにアクセスできないことを示しています。ここをクリック
0xc000021aオペレーティングシステムをWindows 10にアップグレードすると、エラー0xc000021aが発生する場合があります。 この問題には多くの理由があります。 たとえば、外部デバイスが起動プロセスを妨害している、またはログインおよびログアウト操作の原因となるいくつかの重要なシステムファイルが破損または失われています。ここをクリック
0xc0000034このエラーの最も一般的な原因の1つは、ブート関連ファイル(ブートローダーファイル)の欠落、破損、または構成の誤りです。 これは、ディスク書き込みエラー、停電、またはウイルスに感染したブートセクタが原因で発生する可能性があります。ここをクリック
0xc0000098おそらく、このエラーの最も一般的な原因は、BCD(ブート構成データベース)にオペレーティングシステムのエントリがないか、互換性のないハードドライブがインストールされていることです。ここをクリック
0xc0000225このエラーは、破損したシステムファイルに関連しています。 これは、システムの更新中にシステムファイルに対するマルウェア攻撃またはハードウェアの障害によってコンピュータが中断された場合にも発生する可能性があります。ここをクリック
コンピューターに他のブルースクリーンエラーコードがある場合は、次の一般的な解決策を試すことができます。
注意:次の方法を試す前に、コンピューターのハードウェアが正常に接続されているかどうかを確認する必要があります。それらを取り外してから再挿入し、ブルースクリーンが解決するかどうかを確認します。解決できない場合は、以下のいくつかの解決策を試してください。

三、Windows起動できる時、ブルースクリーンの対処法

対処法1:システムの復元を使用して最近の変更を元に戻す

Windowsのシステムの復元は、システムを最後に正常に実行したときの状態にコンピューターを復元するのに役立つ便利なトラブルシューティングツールです。 システム保護は、新しいアプリ、ドライバーをインストールする前、またはシステムを更新する前に復元ポイントを自動的に作成しますが、手動で復元ポイントを作成することもできます。 システムの復元は、電子メール、ドキュメント、写真などの個人ファイルには影響しませんが、復元ポイントの生成後にインストールされたアプリ、ドライバー、および更新プログラムは削除します。
操作手順:
① 検索ボックスに「システムの復元」と入力します。 次に、検索結果ページで「復元ポイントの作成」をクリックします。

復元ポイントの作成

② 復元するドライブを選択し、「システムの復元」をクリックします。

システムの復元

③ システムの復元ポイントを選択し、「次へ」をクリックします。

復元ポイントを選択

④ すべての情報を確認したら、「完了」をクリックします。 この後にブルースクリーンが表示されない場合、問題はソフトウェアに関連している可能性があります。

対処法2:マルウェアとウイルスをスキャンする

マルウェアがWindowsシステムファイルを破損すると、コンピューターでブルースクリーンが発生する可能性があります。 さらに、一部のウイルスは、特にマスターブートレコード(MBR)またはブートセクターに感染するウイルスのブルースクリーンを引き起こす可能性があります。 コンピューターにブルースクリーンが表示されないようにするには、強力なウイルス対策ソフトウェアを使用してコンピューターをスキャンし、ウイルスとマルウェアを検出する必要があります。 コンピューターをスキャンする前に、ウイルス対策ソフトウェアが最新バージョンに更新されたことを確認する必要があります。

対処法3:HDDとメモリのエラーについて確認する

ブルースクリーンエラーは、コンピューターのハードディスクまたはランダムアクセスメモリ(RAM)によって発生する可能性があります。 Windowsシステムにはハードウェア検出および修復ツールが付属していますので、まず自分で検出してみてください。解決できない場合は、ハードウェアの製造元にお問い合わせください。
1、ハードドライブのエラーを確認する

Windows 10オペレーティングシステムに付属のディスクチェッカーは、一般的な論理エラーを修復できますが、ハードディスクに物理的な不良セクターがある場合、このプログラムを使用して修復することはできません。

操作手順:
① チェックするハードドライブを右クリックして、「プロパティ」をクリックします。

②「ツール」タブをクリックし、「チェック」をクリックします。 管理者パスワードの入力を求められたら、指示に従って入力および確認します。

「ツール」タブを選択し、「チェックする」ボタンをクリックします。

③「ドライブのスキャン」をクリックして、スキャンが完了するまで待ちます。 Windows 7コンピューターを使用している場合は、「ファイルシステムエラーを自動的に修正する」または「スキャンおよび修復」を選択します。

ドライブのスキャン

2、メモリの問題について確認する
操作手順:
① 検索ボックスに「メモリ」を入力し、「Windowsメモリ診断」をクリックします。

Windowsメモリ診断

② 「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」をクリックします。クリックするとWindowsが再起動します。再起動したらWindows メモリ診断ツールが起動します。

今すぐ再起動して問題の有無を確認する

対処法4:SFCスキャンを実行する

Windowsシステムファイルの破損がブルースクリーンエラーの原因である場合は、システムに付属のSFC(システムファイルチェッカー)コマンドラインツールを使用して、チェックと修復を行うことができます。
操作手順:
① 検索ボックスに「cmd」と入力します。 次に、「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

コマンドプロンプト

② コマンドプロンプトウィンドウで、「sfc / scannow」と入力してEnterキーを押し、スキャンと修復プロセスが完了するまで待ちます。

「sfc /scannow」を入力する

おすすめ - ADsRenee PassNow - PC起動しない時のデータ救出 システムレスキューソフトRenee PassNow

操作簡単 簡単な操作で任意ファイルを救出。

データ移行 Windowsが起動しなくても簡単にデータ移行。

データプレビュー データ救出する前に、ファイルプレビュー可能。

多機能 Windows起動せずに、パスワード削除、データ移行、データ復旧、データ抹可能。

互換性 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP対応。

操作簡単 初心者も自力でデータ救出可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、データ復旧可能。

データプレビュー 救出する前に、ファイルプレビュー可能。

無料体験無料体験 88625名のユーザー様に体験をしていただきました!

四、Windows起動できない時、ブルースクリーンの対処法

以上は、Windowsを再起動できるという前提でWindowsがシステムブルースクリーンエラーと潜在的な障害を修復する方法を紹介しましたが、ブルースクリーンが表示された後にコンピューターを再起動できない場合はどうすればよいですか?

対処法1:Windowsをセーフモードで起動する

コンピューターが正しく起動しない場合は、Windowsをセーフモードで起動してみてください。 セーフモードは、限られたファイルとドライバーのセットを使用してWindowsを起動し、Windowsを基本的な状態で起動するこです。 サードパーティのデバイスドライバーをロードせずにコンピューターを起動すると、ユーザーはサードパーティのプログラムからの干渉なしにコンピューターシステムエラーを簡単に検出して修復できます。 たとえば、Windowsの起動時にプログラムがすぐに実行されて閉じることができない場合、セーフモードでプログラムをアンインストールできます。 さらに、セーフモードで正常に起動できる場合は、デフォルトの設定と基本的なデバイスドライバーが問題の原因ではないことを意味し、問題の範囲が大幅に縮小されます。
Windowsがセーフモードに入る手順:
● Windows 10 / 8 /8.1
①セーフモードに入る前に、Windows回復環境(winRE)に入る必要があります。 したがって、電源ボタンを押してマシンの電源を入れ、起動ロゴが表示される前に、シャットダウンする必要があります。 この手順を3回繰り返して、Windows回復環境に入ります。

②オプションの選択画面で、トラブルシューティング>詳細オプション>スタートアップ設定>再起動を選択します。

セーフモード再起動

③再起動したら、オプションを選択 し、セーフモードに入ります。

スタートアップの設定4と5と6

● Windows7
①コンピューターを再起動し、Windowsロゴが表示されるまでF8キーを押し続けます。

②画面に「詳細ブートオプション」が表示されたら、「セーフモード」を選択し、「Enter」キーを押します。

Windows7セーフモード

③管理者権限を持つユーザーアカウントを使用してコンピューターにログインします。 コンピューターがセーフモードの場合、画面の隅に「セーフモード」と表示されます。 セーフモードを終了するには、コンピューターを再起動します。

対処法2:システムの復元を使用して、最近の変更を元に戻す

Windowsの起動に失敗した場合、「詳細オプション」メニューの「システムの復元」機能を使用できます。 Windowsが正常に起動できるように、復元ポイントが作成されたときの状態にシステムを復元します。 注意:以前にコンピューターでシステムの復元がオフになっている場合、システムの復元は実行できません。
● Windows 10/8/8.1:
操作手順:
①起動してシステムに入るとき、電源ボタンを押して強制的にシャットダウンし、3回以上繰り返して、コンピューターをWindows回復環境に入れます。

②画面にオプションの選択が表示されたら、「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「システムの復元」をクリックしてください。

システムの復元

③既存の復元ポイントを選択して選択し、「次へ」をクリックします。

復元ポイントの一覧から希望するポイントを選択し、 [ 次へ ] をクリックします。

● Windows7:
操作手順:
①コンピューターの起動中にF8キーを押し続け、「詳細ブートオプション」のリストで、「コンピューターの修復」を選択し、Enterを押します。

Windows7コンピューターの修復

②「システムの復元」を選択し、「次へ」をクリックします。 この時点で、すべての復元ポイントが表示されます。そのうちの1つを選択し、[次へ]をクリックしてシステムの復元プロセスに入ります。

Windows7システムの修復

対処法3:Windowsを再インストールする

上のいずれの方法でもブルースクリーンエラーを修正できない場合は、Windowsシステムの再インストールのみを試みることができます。 Windowsシステムを再インストールすると、インストールしたすべてのプログラムとデータが削除され、コンピューターが工場出荷時のデフォルト状態に戻します。 したがって、システムの再インストールを開始する前に、システムレスキューソフトウェアRenee PassNowを使用してコンピューターからすべての重要なデータを転送する必要があります。詳しくはここをクリックしてください。
以下では、Windows 10を例として使用して、システムの再インストール方法を紹介します。
1. Windowsを再インストールするには、最初にインストールメディアを作成する必要があります。
操作手順:
①Microsoftの公式WebサイトであるWindows 10 Media Creation Toolから製品ファイルをダウンロードする必要があります。Webページを開いた後、「今すぐツールをダウンロード」をクリックします。

Windows 10 のインストールメディア

②ダウンロードが完了したら、ツールを開き、Windows 10インストールセットアップガイドが表示されたら、ライセンス条項と契約に「同意する」をクリックします。

インストールディスク-1

③インストールディスクを作成するには、[別のコンピューターのインストールメディアを作成する(USBフラッシュ、、DVD、またはISOファイル)]を選択し、[次へ]をクリックします。

インストールディスク-2

④Windows 10システムの言語、バージョン、およびアーキテクチャ(64ビットまたは32ビット)を設定し、「次へ」を選択します。 デフォルトでは、「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックマークを付けて自動的に選択します。

インストールディスク-3

⑤USBメモリインストールディスクを作成するには、「USBふらドライブ」を選択して「次へ」をクリックします。 指示に従って、インストールメディアの作成を完了します。

インストールディスク-4

2、インストールメディアを使用してシステムを再インストール
操作手順:
①作成したインストールメディアをシステムを再インストールするコンピューターに挿入し、シャットダウン状態で挿入することをお勧めします。
注意: デスクトップまたはオールインワンは背面のUSBインターフェイスに接続する必要があり、ラップトップはUSB 2.0インターフェイスに接続することをお勧めします。
②コンピューターを再起動します。コンピューターがUSBで自動的に起動しない場合は、コンピューターのBIOSまたはUFFI設定で起動順序を変更する必要があります。 ブートメニューを開くには、通常、コンピューターの電源を入れた直後にキーを押す必要があります。(スタートアップキーは、F2、F12、Delete、FSCなど、コンピューターのマザーボードによって異なる場合があります)

ブート順序を変更

③Windowsのインストールページで、言語、時間、キーボードの設定を選択し、[次へ]> [今すぐインストール]をクリックします。最後に、システムのインストールが完了するまでお待ちください。 システムの再インストール中に、コンピューターが複数回再起動します。

インストール設定

TipsWindows 10システムを再インストールするには多くの方法があります。詳細についてはWindow10再インストール方法をクリックしてください。

五、Windowsで重要なファイルを転送/復元する

Windowsの起動に失敗した場合、またはシステムを再インストールする前に、まずRenee PassNowのデータ転送機能を使用して、コンピューター上の重要なファイルを転送できます。 ファイルを転送した後、データ損失のリスクを回避できます。
おすすめ - ADsRenee PassNow - PC起動しない時のデータ救出 システムレスキューソフトRenee PassNow

操作簡単 簡単な操作で任意ファイルを救出。

データ移行 Windowsが起動しなくても簡単にデータ移行。

データプレビュー データ救出する前に、ファイルプレビュー可能。

多機能 Windows起動せずに、パスワード削除、データ移行、データ復旧、データ抹可能。

互換性 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP対応。

操作簡単 初心者も自力でデータ救出可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、データ復旧可能。

データプレビュー 救出する前に、ファイルプレビュー可能。

無料体験無料体験 88625名のユーザー様に体験をしていただきました!
操作手順:
①別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールし、USB / CDを挿入して、ソフトウェアを開きます。

②「USB/ CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。 次に、データ転送したいのコンピューターにUSB / CDを接続します。

Renee Passnowで起動USB/CDを作成

 

③コンピューターを再起動し、BIOS / UEFIで起動順序を変更して、CDまたはUSBから起動します。 (BIOSで起動順序を変更する方法については、USBまたはCD/DVDからコンピューターを起動する方法を参照してください)。 ブート順番を変更したら、F10キーを押して変更を保存し、コンピューターを再起動します。

設定を保存し、終了します。

④WinPE起動ディスクからPCを起動させ、「Data Transfer」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

⑤データ移行機能の画面が表示され、データ移行を行います。

  1. データ保存元を選択します。
  2. データ移行先を選択します。
  3. 移行したいデータを選択し、クリックしたまま移行先へ移動します。

PC起動しないデータ移行手順

何かご不明な点がございますか?