author avatar
  テストマネージャー  

概要

Windowsシステムを再インストールすると、ほとんどの問題を解決できますが、他の方法で問題を解決できない場合は、システムを再インストールして解決することができます。 この記事では、Windows 10再インストールの操作方法と注意事項を紹介します。



目次 CONTENTS

一、Windows再インストールについて

システムの再インストールとは、コンピューターのオペレーティングシステムを再インストールすることです。 ユーザーがミスをしたり、ウイルスやトロイの木馬によって破損した場合、システム内の重要なファイルが破損し、エラーが発生したり、クラッシュして起動に失敗したりする場合、再インストールする必要があります。 また、システムがうまく機能していないと感じた場合、システムは最適な状態で動作を再開するように、再インストールによって最適化できます。システムの再インストールする方法を使用してどのような困難な問題を解決できる場合でも、多くの問題を解決できます。

Windows10 再インストール

Windows 10の再インストールを実行すると、次の問題を修正できます。

  • Windows 10の[スタート]メニューが応答しません。
  • Windows 10 Metroインターフェイスは有効にできません。
  • ウイルスによるシステムファイルの破損。
  • Windows 10の更新またはアップグレードに失敗しました。
  • 間違ったWindowsアップデート。
  • 他の修復方法を使用してWindowsを正常に実行できない場合は、システムの再インストール方法を使用できます。
  • Windowsコンピューターのパフォーマンスが大幅に低下し、実行速度が遅くなります。
  • システムは頻繁にクラッシュし、正常に実行できません。
Windows10システムを再インストールする前の準備:

  • データのバックアップ:システムを再インストールすると、システムパーティション上のすべてのアプリケーションとファイルが消去されます。再インストールする前に重要なファイルとデータをバックアップすることをお勧めします。
  • 時間があるとき行う:オペレーティングシステム全体を再インストールするのに時間がかかります。
  • Windows 10プロダクトキーをMicrosoftアカウントに関連付け: Microsoftは検証の方法としてそれを使用します。 そうしないと、Windows 10をライセンス認証できない場合があります。
TipsMicrosoftによると、コンピューターでWindows 10が既にアクティブ化されている場合、プロダクトキーを入力せずに同じコンピューターに同じバージョンのWindowsを再インストールできます。方法は次の通りです。

①「設定」>「更新とセキュリティ」を開きます。 次に、「ライセンス認証」をクリックします。 Windowsの現在のコピーがアクティブになっていることを確認してください。

Windows10更新とセキュリティ

②「設定」をクリックし、「アカウント」>「ユーザーの情報」をクリックします。「Microsoftアカウントのサインインに切り替える」を選択します。Microsoftアカウントでにログインします。

Microsoftアカウントのサインインに切り替える

③「更新とセキュリティ」に戻り、「ライセンス認証」をクリックします。 「Windows は Microsoft アカウントにリンクされたデジタルライセンスによってライセンス認証されています」と表示される場合、Microsoftアカウントが関連付けられています。 すぐに表示されない場合は、コンピューターを再起動します。

Windows は Microsoft アカウントにリンクされたデジタルライセンスによってライセンス認証されています

二、Windows再インストール前のデータバックアップ/転送

システムの再インストールを開始する前に、いくつかの準備を行う必要があります。 システム全体のインストールプロセスでは、システムディスク上のすべてが削除されるため、続行する前に、ファイルの完全バックアップを作成することをお勧めします。

1、ファイルをOneDriveにアップロードする

コンピューターファイルをバックアップするには多くの方法がありますが、オンラインデータバックアップにはOneDriveを使用できます。 OneDriveは、MicrosoftがWindowsコンピューターやスマホなどのデバイス用に開始したクラウドストレージサービスで、ユーザーにファイルホスティングサービスと同期サービスを提供します。 OneDriveを使用すると、重要なドキュメント、デスクトップ、画像フォルダーなどコンピューター上のフォルダーをバックアップでき、他のデバイスで使用できます。 OneDriveは現在、5GBの無料バックアップスペースを提供しています。
操作手順:

①ステムトレイのOneDriveアイコンをクリックし、[その他]> [設定]を選択し、[バックアップ]> [バックアップの管理]をクリックします。

OneDriveバックアップを管理

②「アカウント」-「フォルダーの選択」をクリックします。同期するフォルダーを選択し、「OK」をクリックします。 最後に、OneDriveのバックアップが完了するまで待ちます。

同期するフォルダー選択’

2、Renee Beccaでデータをバックアップ

Windowsコンピューターがまだ動作している場合は、バックアップおよび復元ソフトRenee Beccaを使用してデータをバックアップできます。 OneDriveよりも高速であり、バックアップ容量は制限されません(ハードディスクの利用可能な容量によって異なります)。 ソフトウェアのバックアップ操作は非常に簡単で、電子メール、写真、ビデオ、ドキュメント、ブックマークなどの重要な情報を完全に保護できます。
Renee Becca - クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールクローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

無料体験無料体験 26800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
操作手順:

① Renee Beccaを開き、「バックアップ」をクリックして「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルのバックアップ

②バックアップする対象ファイルとバックアップファイルの保存場所を選択します。 次に、「今すぐバックアップ」をクリックします。 ファイルを外部ハードドライブにバックアップすることをお勧めします。

バックアップ先とバックアップ元を選択する

Renee Beccaには5つのバックアップスキームがあり、いずれかを選択してバックアップを実行できます。 さらに、指定した時間内に自動的にバックアップを実行する自動バックアップスケジュールを設定できます。

バックアップスキーム

バックアップスケジュール

③ファイルのバックアップに成功したら、「タスク」タブをクリックして、バックアップされたファイルを表示します。 コンピューターが正常に修復されたら、コンピューターにリカバリーできます。

ファイルリカバリー

3、Renee PassNowでデータを転送(起動に失敗した場合)

重要なファイルをバックアップしておらず、Windowsが起動しない場合は、まずRenee PassNowを使用して、それらを別の安全な場所に転送できます。

Windows版無料ダウンロード

操作手順:

①作成したPassNow起動ディスクをコンピューターに接続し、電源を入れます。

②ホットキー(通常はF2またはDEL)を押してBIOS / UEFIに入り、起動順番をCD-ROMドライブまたはUSBメモリに設定し、設定を保存します。

BIOS設定を保存し、終了します。

起動ディスクからPCを起動させ、「Data Transfer」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

データ移行機能の画面が表示され、データ移行を行います。

  1. データ保存元を選択します。
  2. データ移行先を選択します。
  3. 移行したいデータを選択し、クリックしたまま移行先へ移動します。

PC起動しないデータ移行手順

三、Windows 10を再インストールする方法

方法1:Windows 10をリセットする

Windows 10システムは、システムを再インストールまたはリセットする簡単な機能を提供しています。IOSイメージファイルをダウンロードする必要はありません。 この方法は、お使いのコンピューターがWindows 10システムにアップグレードされており、「リセット」機能を使用してコンピューターを工場出荷時のデフォルト状態にリセットするのに適しています。 このソリューションの利点は、インストールプログラムを開始するために他のファイルやインストールメディアをダウンロードする必要がないことですが、一部のユーザーはこの方法が問題を解決できないと述べています。 この方法で問題が解決しない場合は、2番目の方法でしか解決できません。
操作手順:

①「スタート」ボタンをクリックし、「設定」>「更新とセキュリティ」をクリックします。

Windows10更新とセキュリティ

②「回復」をクリックし、「このPCを初期状態に戻す」で「開始する」をクリックします。

このPCを初期状態に戻す

③ 「個人用ファイルを保持する」または「すべて削除する」をクリックします。

このPCを初期状態に戻すタイプ

④ 「お使いのアプリは削除されます」と表示されますので、[次へ]をクリックします。指示に従って操作します。

お使いのアプリは削除されます

⑤「初期状態に戻す」をクリックすると処理が始まります。

PC を初期状態に戻す

方法2:インストールメディアでWindows 10を再インストールする

以下に、インストールメディアを作成してディスクを完全に消去し、Windows 10をインストールする方法を説明します。 この方法を開始する前に、USBフラッシュドライブまたはDVDなど外部ストレージデバイスを準備する必要があります。コンピューターが正常に起動しない場合は、この方法を使用してシステムを再インストールすることをお勧めします。
開始する前に、次の条件を満たしていることを確認する必要があります。

  • コンピュータは通常どおりネットワークに接続されています。
  • USBフラッシュドライブ、DVD、または8 GB以上の空き容量のある外部ハードドライブなどの外部ストレージデバイスを準備します。
手順1:インストールメディアを作成する
まず、Windows 10を再インストールする前にインストールメディアを作成する必要があります。 作成する前に、次の2つの点に注意する必要があります。

  • コンピューター内の重要なデータは、別のストレージデバイス(USBドライブやSDカードなど)にバックアップされているか、OneDriveにバックアップされています。 外部ストレージデバイスを使用してファイルをバックアップする場合、デバイスがWindowsインストールメディアをダウンロードしたデバイスと異なることを確認してください。
  • インストールメディアの作成に使用するストレージデバイスには、少なくとも8GBの空き容量が必要であり、ドライブが空であることを確認してください。 インストールディスクの作成中に、デバイスに保存されているすべてのコンテンツが削除されるためです。
操作手順:

①Microsoftの公式WebサイトであるWindows 10 Media Creation Toolから製品ファイルをダウンロードする必要があります。Webページを開いた後、「今すぐツールをダウンロード」をクリックします。

Windows 10 のインストールメディア

②ダウンロードが完了したら、ツールを開き、Windows 10インストールセットアップガイドが表示されたら、ライセンス条項と契約に「同意する」をクリックします。

インストールディスク-1

③インストールディスクを作成するには、[別のコンピューターのインストールメディアを作成する(USBフラッシュ、、DVD、またはISOファイル)]を選択し、[次へ]をクリックします。

インストールディスク-2

④Windows 10システムの言語、バージョン、およびアーキテクチャ(64ビットまたは32ビット)を設定し、「次へ」を選択します。 デフォルトでは、「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックマークを付けて自動的に選択します。

インストールディスク-3

⑤USBメモリインストールディスクを作成するには、「USBふらドライブ」を選択して「次へ」をクリックします。 指示に従って、インストールメディアの作成を完了します。

インストールディスク-4

手順2:インストールメディアを使用してWindows 10を再インストールする
操作手順:

①作成したインストールメディアをシステムを再インストールするコンピューターに挿入し、シャットダウン状態で挿入することをお勧めします。

注意: デスクトップまたはオールインワンは背面のUSBインターフェイスに接続する必要があり、ラップトップはUSB 2.0インターフェイスに接続することをお勧めします。

②コンピューターを再起動します。コンピューターがUSBで自動的に起動しない場合は、コンピューターのBIOSまたはUFFI設定で起動順序を変更する必要があります。 ブートメニューを開くには、通常、コンピューターの電源を入れた直後にキーを押す必要があります。(スタートアップキーは、F2、F12、Delete、FSCなど、コンピューターのマザーボードによって異なる場合があります)

ブート順序を変更

③Windowsのインストールページで、言語、時間、キーボードの設定を選択し、[次へ]> [今すぐインストール]をクリックします。最後に、システムのインストールが完了するまでお待ちください。 システムの再インストール中に、コンピューターが複数回再起動します。

インストール設定

方法3:バックアップソフトRenee Beccaでシステムバックアップ

再インストールするとWindowsシステムパーティションのデータがリセットされるため、上の方法を使用してシステムを再インストールした後、アプリケーションを再インストールして再度リセットする必要があり、時間がかかります。 さらに、システムの再インストールの操作はより複雑で、初心者にとっては難しいかもしれません。 次に、シンプルで使いやすいツールを紹介します。USBメモリを使用してコンピューターを再インストールするだけでなく、コンピューターのデータも保持します。バックアップおよび復元ソフトウェアRenee Beccaを使用してWindows 10システムをバックアップできます。以前の状態に復元する必要がある場合は、バックアップシステムを直接復元できます。 この方法では、ドライバーの再インストール、ソフトウェアのダウンロード、リセットなどの問題を直接回避できます。
Renee Becca - クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールクローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

無料体験無料体験 26800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
操作手順:

①Renee Beccaをダウンロードしてインストールし、ダブルクリックして開きます。

②「バックアップ」-「システムのバックアップ」をクリックします。 ソフトウェアは、バックアップ先を選択し、「今すぐバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

③「タスク」-「ブータブルメディア作成」を選択します。

ブータブルメディア作成

④ブータブルメディアをコンピュータに接続し、BIOSにブータブルメディアの優先起動順位を一番に変更します。コンピュータを再起動し、仮想OSでバックアップバージョンとリカバリー先を選択します。

システムリカバリ

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...