author avatar
  サポートマネージャー  

概要

ディスク関連の知識では、512および4Knという言葉がよく見られますが、512ディスクと4Knディスクとは何ですか? それらの違いは何ですか? この記事は詳しく説明します。



一、HDDの512セクタと4Kセクタ

過去の長い間、ハードディスクのユニットセクターフォーマットは512バイトでしたが、ECC検証、アドレスマーキングなどのコードがあるため、この部分のデータはスペースの65バイトを使用するため、512バイトのユニットセクター形式のディスクは、実際にストレージ領域の利用率が90%未満です。

ディスクテクノロジーの発展に伴い、ディスク容量を増やすために、ディスクの最小単位が512セクタ製品の8倍であり、4096バイト(4KB)にしました。「アドバンストフォーマットディスク」(アドバンストフォーマット)と呼ばれる技術を開発しました。全体的なストレージ効率が大幅に向上しました。 4KセクタHDDのストレージスペース使用率は、97%以上に達する可能性があります。

512セクタ、4kセクタ

二、512セクタHDDと512e HDDについて

おすすめ - ADsRenee Becca - 安全高速にSSDクローン・システム移行 クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDの性能を引き出す。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント 4KアライメントでSSDの性能を引き出...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!
従来、ハードディスクのユニットセクターサイズは512バイトであるため、BIOS、オペレーティングシステム、およびアプリケーションは長い間このルールをデフォルトとしており、これに基づいて開発および設計されていました。そのため、高度なフォーマットのハードドライブを積極的に直接出すと、互換性の問題が必ず発生します。これらの古いオペレーティングシステムを4Kのユニットセクターサイズの高度なフォーマットに移行するために、512eフォーマットのハードディスク、つまり4Kのユニットセクターサイズのハードドライブをリリースしましたが、シミュレーション機能があり、4Kハードディスクを512バイトの論理セクターにシミュレートして、より多くの異なる古いシステムや古いアプリケーションをサポートできます。

形式

論理セクタサイズ

物理セクタサイズ

512512B512B
512e512B4KB

三、4Kネイティブ (4Kn) のHDDとは?

4Knは、4Kネイティブの略語で、高度な4Kセクターフォーマットのハードディスクを意味します。 512eのような512バイト/セクターの従来のハードディスクをエミュレートしなくなりました。 ただし、ネイティブ4Knには一部のオペレーティングシステムおよびアプリケーションとの互換性の問題が残っています。現在、ネイティブ4Knハードディスクは依然として少数ですが、これが将来のハードディスクテクノロジーの開発トレンドになると予測されています。 通常、ハードディスクメーカーはパッケージラベルにハードディスクのフォーマットをマークし、ユーザーは購入時にニーズに応じて選択できます。
512eHDD4Kn HDD
512e4Kn
512eは依然として市場の主流製品ですが、シーゲイトのST600NM004、ST600NM008、ST1000NX0323、東芝のMG04ACA400A、HGSTのHGS#0F27408など、4Knのハードディスクが徐々に導入されています。

四、4Kアライメントとは?

前述のように、ディスクの読み取りおよび書き込み操作は、最小単位としてのセクターに基づいています。 従来のほとんどの古いスタイルのディスクは、512バイトの単位を持っていますが、512eと4Knのハードディスクは4Kです。 したがって、最新のハードディスクに4Kアライメントが必要です。

4Kアラインメント

いわゆる4Kアライメントは、実際には物理セクターとデータクラスター間のアライメントであり、4Kアライメントされたディスクにパーティションを作成しない場合、パーティションは物理セクターの先頭から読み取りと書き込みを開始しません。 読み取りと書き込みを行うと、物理セクターとデータクラスターがシフトします。 したがって、データクラスターに格納されているコンテンツを読み取るとき、ディスクは2つのセクターにアクセスするため、アクセス時間が長くなり、読み取りおよび書き込み速度が遅くなります。同様に、ファイルへの書き込み時には、2つの物理セクターも動作します 、必然的に書き込み回数を増やし、ディスク容量を浪費します。 簡単に言うと、4Kアライメントのないディスクは、読み取りおよび書き込み時に2セクターのデータ取得操作を実行する必要があります。4Kアライメントの後、データはディスクの最小ストレージ単位に対応できます。データは1回の読み取りおよび書き込み操作で取得できます。

五、SSDで4Kアライメント を行う方法

512eまたは4Knハードディスクであるかどうかに関係なく、Microsoft Windows 7以上の組み込みディスク管理ツールを使用してハードディスクをフォーマットすると、パーティションはデフォルトで4Kアラインメントになります パーティション、ユーザーはセットアップする必要はありません。 オペレーティングシステムのバージョンがWindows 7よりも低い場合、または現在のパーティションが4Kアラインメントされていないが、システムをやり直したくない場合は、サードパーティのソフトウェアを使用してそれを実現する必要があります。

HDDからSSDに移行

オペレーティングシステムのバージョンに関係なく、システムを別のディスクから新しいSSDハードディスクに移行する場合は、Renee Beccaを使用して移行することをお勧めします。このソフトウェアは、ターゲットSSDディスクに移行するときに使用できます。 100%完全なクローンを使用し、4Kアライメントを自動的に実行して、ユーザーの心配を解消します。

Renee Beccaとは?

Renee Beccaはプロフェッショナルなクローン作成ソフトウェアであり、ハードディスクとパーティションの全体的なデータクローン作成をサポートするだけでなく、オペレーティングシステムを他のハードディスクに完全に移行することもできます。 さらに、Renee Beccaは、ハードディスク、パーティション、ファイルなどのさまざまな単位のファイルバックアップと復元操作をサポートする信頼性の高いデータバックアップソフトウェアです。
Renee Becca - クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールクローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

自動4Kアライメント システムをSSDに移行すると、4Kアライメントが自動的に実行され、SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 システムを移行する時、自動的にSSDに適切なパーティション方式にする。

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

速度が速い 先進的なアルゴリズムを利用し、最大3000MB /分の速度を達する。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

自動4Kアライメント SSDのパフォーマンスを向上させる。

GPTとMBR対応 自動的にSSDに適切なパーティション方式...

NTFSとFAT32対応 さまざまなファイルシステム対応。

無料体験無料体験 26800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

操作手順

1.ソフトを起動し、左側の「クローン」をクリックし、「システム移行」をクリックします。

システム移行 2.Windowsが存在するシステムディスクとシステム移行先を選択し、[OK]をクリックして移行を開始します。

移動先設定

3.移行が完了したら、次の起動時にBIOSで起動可能な起動ディスクとして新しいディスクを選択します。新しいディスクで元のシステムを完全に起動できます。

BIOSで起動順番変換

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...