author avatar
  テストマネージャー  

概要

以前は、付属品のリカバリディスクを使用して、Windowsの問題を修復することがよくありました。 Windows10リカバリディスクがなく、作成するにはどうすればよいですか? この記事は、Windows 10リカバリディスクの作成方法、Windows 7システムインストールディスクをダウンロードする方法を紹介します。



目次 CONTENTS

一、リカバリーディスクについて

以前は、コンピューターにオペレーティングシステムリカバリディスクが付属していましたが、ユーザーはハードディスクをフォーマットし、オペレーティングシステムとプレインストールされたソフトウェアを再インストールして工場出荷時の状態を復元できます。 リカバリCDにはWindowsシステムイメージが含まれているため、コンピューターがウイルス、トロイの木馬、またはシステムの誤動作を引き起こすその他の理由に遭遇した場合、それを使用して工場出荷状態に戻し、完全にクリーンな状態に復元できます(すべてのサードパーティソフトとデータを削除します)。 最近では、コンピューターの製造元は通常、システムの工場出荷時のイメージをドライブの非表示部分に配置するだけで済みます。 Windows 10システムを使用している場合は、自分でリカバリディスクを作成して、将来問題が発生した場合にシステムをすばやく修復できます。
注意:Windows 10リカバリドライブとリカバリディスクは個人用ファイル、データ、インストールされたプログラムをバックアップしないため、リカバリディスクを使用してコンピューターを修復する前に、コンピューターの各パーティションの重要なデータをリムーバブルハードドライブまたは他のコンピューターに必ずバックアップしてください また、重要なデータがいつか失われるのではないか、またはWindows 10を再インストールする必要がある場合は、データをバックアップすることを強くお勧めします。
Windows10 リカバリ ディスク

二、PCデータを定期的にバックアップする

コンピューターが起動に失敗したり、修復できない場合は、リカバリディスクを使用してシステムを復元し、元の状態に復元する必要があります。 不利な点は、個人のファイルとアプリケーションが利用できなくなることです。予測できない緊急事態に対処するには、コンピューターを定期的にバックアップする習慣を身につけ、重要なデータがいつでも失われないようにする必要があります。 コンピューターデータの定期的なバックアップは、バックアップおよび復元ソフトウェアRenee BeccaとOneDriveオンラインバックアップの2つの方法で実行できます。

1、Renee Beccaでバックアップする

定期的にコンピュータをバックアップするには、バックアップおよび復元ソフトウェアRenee Beccaを利用できます。これは、システムバックアップ、パーティションバックアップ、ハードディスクバックアップ、ファイルバックアップ、ディスククローンをサポートし、さまざまなニーズを満たすことができ、複数のバックアップソリューションを提供します。 ソフトウェアの最大バックアップ速度は最大3,000MB /分です。 さらに、自動バックアップ計画を作成し、特定の時間にバックアップできます。すると他の作業を妨げることなくバックアップ作業を実行できます。Windows 10 / 8.1 / 8/7 / Vista / XPオペレーティングシステムをサポートします。

Windows版無料ダウンロード

操作方法:

① Renee Beccaを開き、「バックアップ」をクリックして「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルのバックアップ

②バックアップする対象ファイルとバックアップファイルの保存場所を選択します。 次に、「今すぐバックアップ」をクリックします。 ファイルを外部ハードドライブにバックアップすることをお勧めします。

バックアップ先とバックアップ元を選択する

Renee Beccaには5つのバックアップスキームがあり、いずれかを選択してバックアップを実行できます。 さらに、指定した時間内に自動的にバックアップを実行する自動バックアップスケジュールを設定できます。

バックアップスキーム

バックアップスケジュール

③ファイルのバックアップに成功したら、「タスク」タブをクリックして、バックアップされたファイルを表示します。 コンピューターが正常に修復されたら、コンピューターにリカバリーできます。

ファイルリカバリー

2、OneDriveでバックアップする

Renee Beccaに加えて、Windows 10にプリインストールされたOneDriveを使用してデータバックアップを行うことができます。 OneDriveはオンラインバックアップ方式であり、データはクラウドに保存されます。Microsoftアカウントにログインするだけで、スマホ、タブレット、コンピューターなど、あらゆるデバイスでバックアップファイルにアクセスできます。 各Microsoftアカウントには5GBのストレージスペースがあるため、コンピューター上の重要なファイルを同期またはバックアップできます。 既定では、OneDriveはデスクトップ、ドキュメント、および写真のフォルダーをバックアップしますが、他のフォルダーをバックアップすることもできます。 OneDriveのデータに簡単にアクセスできますが、ネットワーク速度の影響によりバックアップ速度は、バックアップおよび復元ソフトウェアRenee Beccaと比較して非常に遅くなります。
操作手順:

①画面の右下にあるシステムトレイのOneDriveアイコンをクリックするか、スタートメニューでOneDriveを見つけます。 次に、右クリックして「設定」をクリックします。

②「バックアップ」タブをクリックし、「バックアップの管理」をクリックします。

OneDriveバックアップを管理

③「アカウント」-「フォルダーの選択」をクリックします。同期するフォルダーを選択し、「OK」をクリックします。 最後に、OneDriveのバックアップが完了するまで待ちます。

同期するフォルダー選択’

三、Windows 10リカバリディスクを作成する

コンピューターデータのバックアップが完了したら、Windows 10リカバリディスクを安全に作成できます。
注意:この操作は、Windowsが正常に起動できる場合にのみ実行できます。
操作手順:

①空のCD / DVDをWindows 10コンピューターに挿入し、コンピューターによって認識されることを確認する必要があります。

②検索ボックスをクリックし、「コントロールパネル」と入力し、検索結果ページをクリックして開きます。

Windows10コントロールパネル

③表示方法で「小さいアイコン」を選択し、「回復」をクリックします。

回復

④「回復ドライブの作成」をクリックします。

回復ドライブの作成

⑤回復ドライブの作成ウィンドウが表示されます。「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」のチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

システムファイルを回復ドライブにバックアップします。

後はUSBメモリーを挿入して、指示通りにリカバリーディスクを作成できます。

Tipsコンピューターが正常に動作しない、または起動しない場合は、リカバリディスクを挿入して、ディスクからWindows 10コンピューターを起動できます。 [トラブルシューティング]オプションが表示されたら、[ドライブから回復]を選択できます。 このオプションはWindowsのクリーンインストールであり、インストールされているすべてのアプリケーションからすべての個人データを削除します。 もちろん、「詳細オプション」を選択することもできます。このオプションは、システムの復元、コマンドプロンプト、システムイメージのリカバリ、ブート設定、ブートリカバリ、以前のバージョンへのロールバックなど、システムを修復するいくつかの方法を提供します。
TipsWindows10リカバリーディスクとシステム修復ディスクの違い

Windows10リカバリーディスクとは、パソコンをリカバリー(初期化)するためのディスクです。リカバリーディスクを使用すると、パソコンを初期化して工場出荷状態に戻すことができます。

システム修復ディスクは、システム回復オプションを呼び出せないほどWindowsが正しく起動しない場合、システム修復ディスクを使うことでシステム回復オプションを実行できるようになります。
どちらもWindows 10オペレーティングシステムの破損または起動の問題を修正できます。 したがって、Windows 10のシステムディスクとリカバリドライブを同時に作成する必要はありません。 ただし、USB回復ドライブからWindowsを起動できない場合は、Windows 10システム修復ディスクを作成して修復エラーを修復できます。

Windowsコンピューターが正常に起動しない場合は、次の方法を参照してRenee PassNowで起動ディスクを作成できます。

四、Renee PassNowで起動ディスクを作成する

Windowsシステムでさまざまな障害が発生した場合、リカバリディスクを作成して修復することに加えて、「PassNow起動ディスク」を準備することもできます。 PassNowディスクディスクは、Windowsシステムエラーの修復、アカウントパスワードの紛失、重要なファイルの転送、および紛失したデータの復元を目的としています。 このディスクは、さまざまな緊急事態に対処するために、さまざまなシステムレスキューツールを統合されています。

PassNow起動ディスクを作成するには、Renee PassNowをインストールする必要があります。Dell、HP、Acer、Lenovo、Samsung、Toshiba、Sony、IBMなどを含む1,600以上のコンピューターとWindowsタブレットを完全にサポートできます。同時に、Windows 10 / 8.1 / 8/7 / Vista / XPと互換性があります。

Renee PassNow - 安全・初心者向けのシステムレスキューソフトシステムレスキューソフトRenee PassNow

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、HDDクローン、データ抹消など複数の実用的な機能が搭載。

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。例:NEC、Dell、富士通、東芝、Lenovo、SONY、ASUS、Acer、IBM、パナソニック等

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP (32bit/64bit) で実行可能。

操作簡単 日本語インタフェースがあり、分かりやすく、サポートも提供。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、HDDク...

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

1、Renee PassNowで起動ディスクを作成する方法

操作手順:

①正常に起動できるコンピューターにRenee PassNowをダウンロードする必要があります。 次に、usbメモリ / CD / DVDを挿入してソフトウェアを開きます。

②Passnowリカバリディスクの作成を開始します。 ソフトウェアインターフェイスで「リセットCD / USBを作成する」をオンにし、「CD / USBを作成」をクリックして、作成が完了するのを待ちます。

Renee Passnowで起動USB/CDを作成

PassNow起動ディスクを正常に作成した後、データ転送、Windowsアカウントパスワードリセット、データ復元、ハードディスクスキャン、ドライブ消去、Windwsの修復などの機能を実行できます。 以下では、最も一般的な3つの機能について説明します。

2、PCから重要なデータを転送する

Windowsシステムがクラッシュして起動に失敗した場合、最初に行う必要があるのは、コンピューターのハードディスク/オペレーティングシステムから別の安全な場所に重要なファイルデータを転送することです。 起動できない場合でも、PassNow起動ディスクを使用してファイルをすばやく転送できます。
操作手順:

①作成したPassNow起動ディスクをコンピューターに接続し、電源を入れます。

②ホットキー(通常はF2またはDEL)を押してBIOS / UEFIに入り、起動順番をCD-ROMドライブまたはUSBメモリに設定し、設定を保存します。

BIOS設定を保存し、終了します。

起動ディスクからPCを起動させ、「Data Transfer」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

データ移行機能の画面が表示され、データ移行を行います。

  1. データ保存元を選択します。
  2. データ移行先を選択します。
  3. 移行したいデータを選択し、クリックしたまま移行先へ移動します。

PC起動しないデータ移行手順

3、PCから失われたデータを復元する

Windowsコンピューターに障害が発生すると、データが失われる場合があります。 システムの起動に失敗した場合、PassNow起動ディスクを使用して、失われたデータを復元できます。
操作手順:

①作成した起動ディスクをコンピューターに接続し、電源を入れます。BIOS / UEFI設定画面に入り、起動順番をUSBメモリ/CD-ROMドライブに設定して、設定を保存します。

②起動ディスクから正常に起動した後、インターフェースで「Undeleter」を選択し、「実行」をクリックします。

データ復元機能(Renee Undeleter)

③データ復元機能の画面が表示され、復元モードを選択します。
パーティションのデータを復元したい場合、「パーティションの完全スキャン」を選択してください。
ディスク全体のデータを復元したい場合、「ディスクの完全スキャン」を選択してください。

undeleterメインメニュー

④スキャン対象を選択し、「次へ」をクリックします。スキャン完了したら、復元したいデータを選択して復元します。

スキャンドライブ選択

4、 Windowsアカウントのパスワードをリ削除する

Windowsアカウントのパスワードを忘れた場合、PassNow起動ディスクを使用して、コンピューターのデータを安全かつ迅速に損傷することなくパスワードを削除できます。
操作手順:

①作成した起動ディスクをコンピューターに接続し、電源を入れます。BIOS / UEFI設定し、起動順番をUSBメモリ/CD-ROMドライブに設定して、設定を保存します。

②起動ディスクから正常に起動した後、インターフェースで「PassNow」を選択し、「実行」をクリックします。

Renee PassNowメニュー

③アカウントを選択して、「パスワードを削除」ボタンをクリックします。

パスワード削除

または「アカウントを作成」ボタンをクリックして、新しいアカウントを作成して、それでログオンします。

管理者アカウントを新規作成

五、Windows 7システムインストールCDの作成方法

Windows 10システムを使用していて、多くの場合さまざまな問題がある場合は、Windows 7システムをインストールしてみてください。 システムをインストールする前に、Windows 7システムイメージ(ISOファイル)をオンラインでダウンロードし、USBフラッシュドライブまたはDVDに焼き付けてインストールメディアを作成する必要があります。 操作方法がわからない人がたくさんいる可能性があります。具体的な操作手順を以下に説明します。

手順1:ディスクイメージ(IOSファイル)を安全にダウンロードする

①Windows 7イメージ(ISOファイル)をダウンロードする必要があります。 最も安全な方法は、Microsoftの公式Webサイトhttps://www.microsoft.com/en-us/software-download/windows7を使用することです。

②有効なWindows 7プロダクトキーを入力し、「確認」をクリックします。
注意:通常、PCまたはパッケージに貼られたラベルに記載されています。

Windows 7のプロダクトキー入力

③システム言語とシステムバージョンを選択して、コンピューターにダウンロードします。

システムバージョンの選択

手順2:Windows 7のディスクイメージを空のCD / DVDディスクに書き込む

①CDまたはDVDをコンピューターの光学ドライブに挿入します。

②コンピューターにダウンロードしたISOファイルを右クリックし、「ディスクイメージの書き込み」を選択して、Windowsディスクイメージバーナーウィンドウを開きます。 Windows 7を使用している場合は、ISOファイルをダブルクリックするだけです。

注意:Windows 10またはWindows 8でISOをダブルクリックすると、自動的に仮想ドライブにマウントされ、インストールを行えます。
③ディスクバーナーのドロップダウンメニューから正しいDVDバーナーを選択します。 次に、「書き込み」をクリックして、ISOイメージをディスクに書き込みます。 ISOファイルの書き込みに必要な時間は、ISOファイルのサイズとディスクバーナーの速度によって異なります。

Windowsディスクイメージ書き込み

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...