author avatar
  テストマネージャー  

概要

Windowsシステムを使用する時、ユーザープロファイルサービスによるログオンの処理に失敗しましたという問題が発生した、またはコンピューターがユーザープロファイルを読み込めない場合があります。 この記事は、その対策を紹介し、レジストリを通じてアカウントプロファイルを修正する方法を説明します。


一、ユーザープロファイルサービスによるログオンの処理に失敗しました時の対策

1.最初にコンピュータを「セーフモード」に入る必要があります。
ログイン画面で、右下の電源ボタンをクリックして、Shifetキーを押すまま「再起動」をクリックしてWindows REに入ります。

winre再起動

2.しばらく待ってて、「オプションの選択」が表示されます。「トラブルシューティング」をクリックします。

オプションの選択

3.「詳細オプション」をクリックします。

詳細オプション

4.「スタートアップ設定」をクリックします。

スタートアップ設定

5.「再起動」をクリックします。

再起動

6.画面が切り替わるまで待って、「スタートアップ設定」で「4」キーを押し、「4)セーフモードを有効にする」を選択します。

4)セーフモードを有効にする

7.再起動してデスクトップに入り、画面の四角に「セーフモード」を表示されるとセーフモードが正常に起動したことを示します。

セーフモードが正常に起動した

8.「Win」 +「R」キーを同時に押し、「services.msc」と入力して、[OK]をクリックします。インターフェイスに入ったら、「User Profile Service」をダブルクリックします。

User Profile Serviceをダブルクリック

9.「スタートアップ種類」に「自動」を指定して「OK」ぼtなをクリックします。

User Profile Serviceスタートアップ種類に自動を指定

二、Windowsがユーザープロファイルを読み込めない場合の対策

1、「Win」 + 「R」キーを同時に押し、表示されたダイアログに「regedit」と入力し、[OK]をクリックして[レジストリエディタ]を開きます。
regeditコマンド
2、「HKEY_CURRENT_USER」を右クリックし「アクセス許可」をクリックします。
HKEY_CURRENT_USERを右クリックしアクセス許可をクリックする
3、今ログオンしているユーザーを選択し、「フルコントロール」の「許可」にチェックをいれます。
今ログオンするユーザーを選択し、フルコントロールにチェックを入れる
4、ユーザーがない場合、「追加」ボタンをクリックし、「ev」を入力し、「名前を確認」ボタンをクリックし、名前が自動的に入力されます。「OK」ボタンをクリックします。
evを入力し、名前を確認をクリックする
5、ユーザーを選択し、「フルコントロール」の「許可」にチェックをいれます。
everyoneを選択し、フルコントロールにチェックを入れる

三、レジストリエディターでユーザプロファイルを修復する方法

1、セーフモードに入ったら、「Win」キー+「R」キーを同時に押して、「regedit」と入力して「Enter」キーを押します。

regeditコマンド

2、 レジストリエディターで、HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ ProfileList ルートを開き、頭文字はS-1-5、長い数字のフォルダーが見つかります。

3、 すべてのS-1-5フォルダーをクリックし、「ProfileImagePath」項目をダブルクリックしてターゲットユーザのプロファイルを確認してください。

レジストリで確認

4、 S-1-5で始まり、その後に長い数字が続くフォルダを確認します。

  • S-1-5 で始まり、その後に長い数字が続き、それらのうちのいずれかが.bak で終わるフォルダーが 2 つある場合は、.bak フォルダーの名前を変更する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. .bak の付いていないフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 「.ba」と入力し、Enter キーを押します。「.ba」と入力し、Enter キーを押します
    2. 名前に .bak が付いているフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 フォルダー名の末尾の .bak を削除し、Enter キーを押します。フォルダー名の末尾の .bak を削除し、Enter キーを押します
    3. 名前に .ba が付いているフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 フォルダー名の末尾の .ba を .bak に変更し、Enter キーを押します。フォルダー名の末尾の .ba を .bak に変更し、Enter キーを押します
  • S-1-5 で始まり、その後に長い数が続き、.bak で終わるフォルダーが 1 つだけある場合は、 そのフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 フォルダー名の末尾の .bak を削除し、Enter キーを押します。

5、 詳細ウィンドウで .bak の付いていないフォルダーをクリックし、RefCount をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします。

RefCount をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします

詳細ウィンドウで .bak の付いていないフォルダーをクリックし、State をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします。

State をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします

6、 レジストリエディターを終了して再起動し、ログオンできるか確認します。もしこの方法でユーザプロファイルを修復できない場合、管理者アカウント Administrator を作成する方法を利用してください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...