author avatar
  テストマネージャー  

概要

コンピュータを起動すると、黒い画面に「non system disk or disk error」というメッセージが表示され、Windowsシステムに入ることができない場合、どうしますか?この記事は非システムディスクエラーまたはディスクエラーの対策5つを紹介します。


一、「non system disk or disk error」エラー発生の原因

パソコンを起動時に「non system disk or disk error」というエラーメッセージが表示されたのは、ハードディスクが認識できないため、Windowsシステムにログインできません。

non system disk or disk error」という非システムディスクまたはディスクエラーメッセージが出る理由は、主に次のようにあります。

  • ハードディスクの接触不良または障害が原因。
  • BIOS設定の起動順序が正しくない。
  • ブート構成ファイル(BCD)が破損した。
問題Non System Disk or Disk Error
今回は、「non system disk or disk error」を修復するための5つの実用的な解決策を提供します。

二、「non system disk or disk error」エラーの対策

方法1:ハードディスクのIDEまたはSATAケーブルをチェックする

「non system disk or disk error」というエラーメッセージが表示される一般的な要因というと、ハードディスクケーブルの接触不良や障害はその原因の1つである。

PCケースを外し、ハードディスクのケーブルが緩んでいるかを確認し、電源コードを抜いてもう一度差し込み直し、コンピュータを再起動します。

問題を解決できない場合、新しいケーブルを切り替えてください。それでも解決できない場合、起動設定やBCDファイルエラーの可能性があります。次の方法を参照してください。

sata接続

方法2:PCから非システムディスクを取り出し、BIOSで起動順序を変更する

CD / DVD / USBを一番の起動デバイスとして設定している可能性があります。非システムディスクの設備から起動し、エラーメッセージが表示されることもあります。CD / DVD / USBなどのメディアに接続されている場合は、それらを取り外してからコンピュータを再起動し、システムに正常に入ることができたら、BIOSで起動順序をリセットしてください。
① コンピューターを起動して、BIOS設定に入ります。

BIOS画面に入る方法

②BIOSで、内蔵ハードディスクを一番の起動ディスクとして設定します。
BIOSでhddを一位
③ F10キーを押して設定を保存し、コンピュータを再起動します。
コンピュータが周辺設備に接続されておらず、BIOSの起動順序は正しくても、エラーメッセージがまだ存在する場合は、以下の方法3を参照してください。

方法3:コマンドプロンプトでアクティブパーティションを変更する

ハードディスク上のシステムパーティションは、アクティブとしてマークされたプライマリパーティションである必要があります。すると、起動時はこのパーティションから起動します。誤ったアクティブパーティションを設定すると、システムファイルが見つからないため、非システムディスクエラーが出て、システムに入りません。

次は、コマンドプロンプトからアクティブパーティションを修正する方法。

① 回復用ディスクを作成し、回復用ディスクから起動して修復環境に入ります
② 修復環境で「トラブルシューティング」-「詳細オプション」-「コマンドプロンプト/スタートアップ修復」を選びます。
コマンドプロンプト
③ コマンドプロンプトで、順番に次のコマンドを入力します。コマンドを入力したら、Enterキーを押します。
  • Diskpart
  • list disk
  • select disk 0 (既定のシステムドライバはdisk 0。実際の状況に応じてディスクIDを入力してください)
  • list partition
  • select partition 1 (既定のシステムパーティションはpartition 1。実際の状況に応じてシステムパーティションIDを入力してください)
  • active
コマンドDiskpart
④ 上のコマンドを完了したら、コンピュータを再起動してください。

方法4: MBR と BCD を修復する

上の方法を試してもエラーメッセージがまだ表示される場合は、BCD(ブート設定データ)が破損しているか失われている可能性があります。この問題は一般的にハードディスクのBCDとMBR(Master Boot Record)を修復することで解決できます。
① 修復用ディスクを作成し、ディスクから起動して修復環境に入ります。
② 修復環境で「トラブルシューティング」-「詳細オプション」-「コマンドプロンプト/スタートアップ修復」を選びます。
コマンドプロンプト
③ コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。1つずつコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。
  • bootrec /fixmbr
  • bootrec /fixboot
  • bootrec /rebuildbcd
ブート修復

方法5:重要なファイルを転送してシステムを再インストールする

重要データの移行

前準備:

  1. Renee PassNow(今すぐダウンロード!
  2. 正常に稼働できるWindows OSのパソコン(Renee PassNowをインストール用)
  3. 書込可能なUSBメモリ/DVD/CD(容量200MB以上)

操作手順:

1.正常稼働のPCにRenee PassNowプロ版をダウンロード・インストールします。

無料体験版をダウンロード

2.USBメモリまたはDVD/CDをPCに挿入します、ソフトを起動します。

USBメモリ/DVD/CDを挿入します

3.「USBを作成」または「CDを作成」ボタンをクリックし、起動ディスクを作成します。

Renee Passnowで起動USB/CDを作成

4.起動ディスクをPCに挿入します。

起動ディスクを挿入します

5.電源を入れたらすぐに「F2」キーを押し、BIOS画面に入ります。

※パソコンメーカーによって押すボタンが異なります。取扱書を参照してください。もしくは、こちらを参照してください。

BIOS画面に入る方法

F2キーを押、BIOS画面を呼び出す 

6.BIOS画面に入り、「Boot」または「起動デバイス」のタブで、「CD-ROM Dirve」/「USB」/「Removable Device」のような項目があります。起動ディスクを一番上に設定してください。 CD/DVDから起動する場合、「CD-ROM Dirve」項目を一番目にします。 USBメモリから起動する場合、「USB」/「Removable Device」のような項目を一番目にします。  

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。 

※UEFI等の記述があったら、それはUEFI環境です。UEFI環境は従来のBIOS環境と少し異なるため、起動順番の設定方法も違います。 

UEFI環境PCで起動ディスク(USB/CD/DVD)から起動する方法 

7.起動順番を設定したら、設定を保存し、終了します。

設定を保存し、終了します。

8.WinPE起動ディスクからPCを起動させ、「Data Transfer」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

9.データ移行機能の画面が表示され、データ移行を行います。
  1. データ保存元を選択します。
  2. データ移行先を選択します。
  3. 移行したいデータを選択し、クリックしたまま移行先へ移動します。
PC起動しないデータ移行手順

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...