author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows 7がインストールされたら、プロダクトキー(ライセンス)認証が必要です。Windows 7がライセンス認証されていない場合は、一部の機能が制限されます。 この記事は、Windows 7プロダクトキー(ライセンス)認証を回避する方法を4つ紹介します。


Windows7プロダクトキー(ライセンス)認証回避

一、Windows7プロンプトキー認証回避する方法

方法1:KMSクライアントキー(GVLK)で認証する

無料でWindows 7を認証するプロダクトキーがありますが、使用回数限られたため無限に使用できるわけではありません。

GVLKは、KMSライセンス認証向けの特別なキーである。 GVLKは、ボリュームライセンスキーを表し、複数台数のパーソナルコンピュータを認証可能。VL版(VOLUME_KMSCLIENT channel)のみ、KMSで認証できます。

まずコマンド「Slmgr.vbs -dlv」を実行することでシステムのバージョンを確認してください。

コマンドSlmgr.vbs

OS

KMSクライアントのGVLKキー

Windows 7 Pro

FJ82H-XT6CR-J8D7P-XQJJ2-GPDD4
Windows 7 Pro N

MRPKT-YTG23-K7D7T-X2JMM-QY7MG

Windows 7 Pro E

W82YF-2Q76Y-63HXB-FGJG9-GF7QX

Windows 7 Enterprise

33PXH-7Y6KF-2VJC9-XBBR8-HVTHH
Windows 7 Enterprise N

YDRBP-3D83W-TY26F-D46B2-XCKRJ

Windows 7 Enterprise E

C29WB-22CC8-VJ326-GHFJW-H9DH4

KMS認証コマンドでWindows 7を認証するには?

① スタートメニューをクリックして、検索欄に「cmd」を入力し、コマンドプロンプトを右クリックして選択し、「管理者として実行」を選択します。

ヒント:管理者権限を持っていない場合、管理者アカウントを作成することができます。

cmdを検索欄に入力
② コマンドプロンプトで順番に次のコマンドを入力します。コマンド1つずつ入力した後、Enterキーを押す。

注意:次はWindows 7 Professionalを例として説明します。ほかのWindows 7バージョンの場合、コマンドslmgr.vbs –ipkの後にそのバージョンのライセンスキーを入力してください

  • slmgr.vbs -upk
  • slmgr.vbs -ipk FJ82H-XT6CR-J8D7P-XQJJ2-GPDD4
  • slmgr.vbs -skms kms.cangshui.net
  • slmgr.vbs -ato
  • slmgr.vbs –dlv
コマンドSlmgr.vbs
③ 次のメッセージが表示されたら、Windows 7が認証成功した。
windows7認証成功

方法2:KMS認証クラックソフトKMSpicoで認証する

KMS認証クラックソフトKMSpicoでWindows 7(Windows 7 Pro ・Windows 7  Enterprise)を認証することもできます。これでWindows7認証を回避することもできます。
KMSpicoをダウンロードして解凍し、インストールします。(解凍パスワード:2016)
② KMSpicoを開き、赤いボタンをクリックすると、ライセンス認証が完了します。
KMSpicoページ
注意:このプログラムを実行すると、ウイルス対策ソフトから感染警告される可能性があります。システム修正動作のあるソフトが、ウイルス対策ソフトに危険と判断されることが多いです。心配している場合、正規プロンプトキーの利用を推奨します。

方法3:バッチファイルでwindows7を認証する

次のようなバッチファイルを作成すると、プロダクトキーを使用せずにWindows 7を認証できます。この方法はWindows 7 Professional EditionおよびEnterprise Editionに対応できます。
① テキストを作成し、次のテキストをコピーして保存します。

@echo off
title Activate Windows 7 Professional/Enterprise for FREE!&cls&echo ============================================================================&echo #Project: Activating Microsoft software products for FREE without software&echo ============================================================================&echo.&echo #Supported products:&echo – Windows 7 Professional&echo – Windows 7 Professional N&echo – Windows 7 Professional E&echo – Windows 7 Enterprise&echo – Windows 7 Enterprise N&echo – Windows 7 Enterprise E&echo.&echo.&echo ============================================================================&echo Activating your Windows…&cd /d %windir%\system32&cscript //nologo slmgr.vbs /upk >nul&cscript //nologo slmgr.vbs /cpky >nul&wmic os | findstr /I “enterprise” >nul
if %errorlevel% EQU 0 (cscript //nologo slmgr.vbs /ipk 33PXH-7Y6KF-2VJC9-XBBR8-HVTHH >nul&cscript //nologo slmgr.vbs /ipk YDRBP-3D83W-TY26F-D46B2-XCKRJ >nul&cscript //nologo slmgr.vbs /ipk C29WB-22CC8-VJ326-GHFJW-H9DH4 >nul) else (cscript //nologo slmgr.vbs /ipk FJ82H-XT6CR-J8D7P-XQJJ2-GPDD4 >nul&cscript //nologo slmgr.vbs /ipk MRPKT-YTG23-K7D7T-X2JMM-QY7MG >nul&cscript //nologo slmgr.vbs /ipk W82YF-2Q76Y-63HXB-FGJG9-GF7QX >nul)
set i=1
:server
if %i%==1 set KMS_Sev=kms7.MSGuides.com
if %i%==2 set KMS_Sev=kms8.MSGuides.com
if %i%==3 set KMS_Sev=kms9.MSGuides.com
if %i%==4 goto unsupported
cscript //nologo slmgr.vbs /skms %KMS_Sev% >nul&echo ============================================================================&echo.&echo.
cscript //nologo slmgr.vbs /ato | find /i “successfully” && (echo.&echo ============================================================================&echo.&echo #My official blog: MSGuides.com&echo.&echo #How it works: bit.ly/kms-server&echo.&echo #Please feel free to contact me at [email protected] if you have any questions or concerns.&echo.&echo #Please consider supporting this project: donate.msguides.com&echo #Your support is helping me keep my servers running everyday!&echo.&echo ============================================================================&choice /n /c YN /m “Would you like to visit my blog [Y,N]?” & if errorlevel 2 exit) || (echo The connection to my KMS server failed! Trying to connect to another one… & echo Please wait… & echo. & echo. & set /a i+=1 & goto server)
explorer “http://MSGuides.com”&goto halt
:unsupported
echo ============================================================================&echo.&echo Sorry! Your version is not supported.&echo.
:halt
pause

② バッチファイルとして保存します。
バッチファイルとして保存
③ バッチファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。認証が行います。
管理者として実行
④ 認証完了後、コマンドプロンプトでは再起動するかと聞かれ、「Y」を押して再起動します。

方法4:コマンドで認証の有効期間を延長する

一般的、Windows 7の認証有効期間があります。有効期限を超えると、Windowsのすべての機能は使えなくなります。コマンドrearmで有効期間を延長することはできます。ただそ。このコマンドは3回しか利用できます。有効期限を最大90日延長できます。
① スタートメニューを開き、「cmd」を入力し、右クリックします。「管理者として実行」をクリックします。

ヒント:管理者権限を持っていない場合、管理者アカウントを作成してください。

cmdを検索欄に入力
② コマンドプロンプトで、「slmgr –rearm」と入力し、「Enter」キーを押し、再起動します。
slmgr rearmコマンドは正常に完了しました。
③ コンピュータを再起動し、スタートメニューで「コンピュータ」-「プロパティ」を選択し、ライセンス有効期間が延長されます。
ライセンス認証

二、免責事項

この記事は参考の情報を書いており、正規品のWindows使用を推奨します。

ウェブサイト提供情報の利用(使用または使用不能)から生じた損害(個人情報漏洩、事業利益損失、事業中断・損失やビジネス情報など経済的損失、またはこれらに限らずあらゆる不具合、不都合も含む)などの場合についても、当社では一切責任を負いません。

海賊版または非正規品ソフトの使用は、知的財産権への侵害と取扱いであることもあります。大規模な組織/企業は、海賊版・非正規ソフトウェアやシステムを使用している(著作権を侵害した)場合、捜査機関による捜査を経て最終的に罰金刑や懲役刑といった刑事罰を科される刑事手続の対象となる場合があります。

模倣品・海賊版などの危険性が知る上に、著作権に対する保護意識を身に付くものです。模倣品・海賊版撲滅のための事業を、産業界や関係政府機関とも連携して総合的に実施しています。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...