author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows 10 や Windows7 にログインするとき、「User Profile Service サービスによるサインインの処理に失敗しました。ユーザープロファイルを読み込めません」というエラーが表示され、ログオンできないることがあります。この記事では、このエラーを修復する実用策を紹介します。


Windows 10で「User Profile Service サービスによるサインインの処理に失敗しました。ユーザープロファイルを読み込めません」エラーに遭ったら、アカウントの配置ファイルが壊れる可能性が高いです。幸い、このエラーが以下二つの方法で修復できます。
User Profile Service サービスによるサインインの処理に失敗しました。ユーザープロファイルを読み込めません

方法一:セーフモードでアカウントの配置ファイルを修復する

ステップ1:セーフモードに入る

1.ログイン画面で、右下の電源ボタンをクリックして、Shifetキーを押すまま「再起動」をクリックしてWindows REに入ります。

winre再起動

2.しばらく待ってて、「オプションの選択」が表示されます。「トラブルシューティング」をクリックします。 

オプションの選択

3.「詳細オプション」をクリックします。 

詳細オプション 

4.「スタートアップ設定」をクリックします。 

スタートアップ設定

5.「再起動」をクリックします。 

再起動 

6.画面が切り替わるまで待って、「スタートアップ設定」で「4」キーを押し、「4)セーフモードを有効にする」を選択します。 

4)セーフモードを有効にする 

7.再起動してデスクトップに入り、画面の四角に「セーフモード」を表示されるとセーフモードが正常に起動したことを示します。

セーフモードが正常に起動した

ステップ2:レジストリでアカウントの配置ファイルを修復する

1.セーフモードでWinキー+Rキーを押して、「regedit」と入力して「Enter」キーを押します。
regeditコマンド
2.レジストリエディターで、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileListルートを開き、頭文字はS-1-5、長い数字続きのフォルダーが見つかります。すべてのS-1-5フォルダーをクリックし、“ProfileImagePath”項目をダブルクリックしてターゲットアカウントの配置ファイルを確認してください。
レジストリで確認
  • S-1-5 で始まり、その後に長い数字が続き、それらのうちのいずれかが.bak で終わるフォルダーが 2 つある場合は、.bak フォルダーの名前を変更する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. .bak の付いていないフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 「.ba」と入力し、Enter キーを押します。

      ba/bak

    2. 名前に .bak が付いているフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 フォルダー名の末尾の .bak を削除し、Enter キーを押します。

      ba

    3. 名前に .ba が付いているフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 フォルダー名の末尾の .ba を .bak に変更し、Enter キーを押します。

      bak

  • S-1-5 で始まり、その後に長い数が続き、.bak で終わるフォルダーが 1 つだけある場合は、 そのフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 フォルダー名の末尾の .bak を削除し、Enter キーを押します。
3.詳細ウィンドウで .bak の付いていないフォルダーをクリックし、RefCount をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします。
RefCount をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします
4.詳細ウィンドウで .bak の付いていないフォルダーをクリックし、State をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします。
State をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします
5.レジストリエディターを終了して再起動してお使いのアカウントで再度ログオンしてみてください。

方法二:Renee PassNowで問題を修復する

方法一を使用しても問題を解決できない場合、システムにアクセスできない状況を解決するために専門のシステムレスキューソフトウェアRenee PassNowをすすめます。

Windowsシステムレスキューソフト – Renee Passnow

Windowsパスワードリセット

  • 安全・便利 – パスワードのみを削除し、資料・ファイル損失なし、100%安全です。
  • Windowsパスワード削除 – ローカルアカウントやマイクロソフトアカウント管理者アカウントなど全てのWindowsアカウントのパスワードを解除できる。Windows 10/8.1/8/7/XP/Vistaなどほぼ全てのWindowsシステムも対応。
  • 操作簡単 – プロの知識が必要なく、初心者も簡単に自力でパスワードを削除可能。
  • 複数機能 – ディスクのクローン作成、ファイル移行、ディスク消去、Windowsの起動問題、ディスクの検出など機能を持つオールインワンツールです。

データ復元機能で削除されたファイルを取り戻す

あるとき、システムディスクに置いたアカウントに関するファイル・フォルダーが誤って削除されたため、Windows 10ユーザープロファイルを読み込めないエラーを起こします。PassNowのUndeleter機能を使って、最近削除されたデータを復元することで、このエラーを修復することができます。

1.Renee PassNowをダウンロードしてインストールします。
Windows版無料ダウンロード
2.Renee PassNowを開き、USBディスクをコンピュータに接続し、「USB作成」をクリックします。
パスワードリセットディスク作成
3.再起動してBIOSに入る、BIOSでUSBを第一起動項目に設定します。

BIOS画面を呼び出す方法

usbを1位
4.再起動してRenee PassNowが読み込まれるのを待って、「Undeleter」を選択します。
データ復元機能(Renee Undeleter)
5.Undeleterのメインメニューで、「クイックパーテイションスキャン」を選択します。
クイックパーテイションスキャン
6.復元したいメモリカードを選択して、「次へ」をクリックします。
スキャン先を選択する
7.スキャンモードを選びます。「ファーストスキャン」は時間が省けるが、「ディープスキャン」はもっと古いファイルを復元できます。
スキャンタイプを指定する
8.高級設定で、「デフォルト」設定と「カスタマイズ」設定を選んで、特定なファイルのタイプをスキャンし出すことができます。
復元ファイルの種類を指定可能
9.スキャンが終わってから、削除されたファイルをプレビューすることができます。復元したいファイルをクリックして、「復元」ボタンをクリックしてください。
データをプレビュー可能

PassNow機能で、新しいアカウントを作成

上記の紹介したUndeleter機能で誤操作によって削除されたデータを復元する以外、PassNow機能で直接に新しいアカウントを作成することでも問題を解決できます。

1.上記のようにPassNowのブートUSBを作成して、Renee PassNowが読み込まれるのを待って、「PassNow!」を選択します。
Renee PassNowメニュー
2.使用しているWindowsシステムを選択した後、「アカウントを作成」ボタンをクリックすると、管理者アカウント「RENEE」(パスワード:123456789)を作成することができます。そのあと新しいアカウントでWindowsにログインして問題を解決できます。
管理者アカウントを新規作成

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...