author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows 10のスタートメニュー、タスクバー、またはCortanaが突然反応しない、開かない、表示されないなどの不具合が発生した場合、その原因は何でしょうか?どのように対応したらいいでしょうか?この記事は、Windows 10これらのトラブルの原因と対策を紹介します。



一、Windows10のスタートメニュー・タスクバー・Cortanaが開かない原因

普通、Windowsのタスクバーにあるスタートメニューやアイコンが突然反応しなくなることは、一時的に中断されているのが主の原因です。エクスプローラーまたはコンピュータを再起動して解決できます。

まだうまくいかないなら、おそらくアプリケーションがシステムとの相性がよくないか、またはシステム更新による問題だと思われます。次の方法で状況確認して修正しましょう。

Windows10スタートメニュー

二、Windows10のスタートメニュー・タスクバー・Cortanaが開かない時の対策

方法1:Windowsエクスプローラを再起動する

explorer.exeプロセスは、ファイルエクスプローラアプリケーション、タスクバー、およびスタートメニューを制御します。中断されたタスクバーを修正するためにこのプロセスを再起動します。
① 「Ctrl」 + 「Alt」 + 「Delete」キーを同時に押します。
「Ctrl」 + 「Alt」 + 「Delete」キーを同時に押す
② [プロセス]タブをクリックしてエクスプローラを見つけ、[再起動]をクリックします。

タスクバーはしばらく表示されなくなりますが、また表示されたら問題は解決されたはずです。

エクスプローラを再開
エクスプローラを再起動してもタスクバーが応答しない場合は、コンピュータを再起動してください。一般的な再起動後、タスクバーは正常に戻ります。

方法2:Windowsアプリケーション設定をリセット

上の方法でタスクバーを修正できない場合は、アプリケーションとシステムの相性問題となっている可能性があります。Windowsアプリケーションの設定をリセットしよう。

注意:この方法はインターネットが接続必要があります。

① 同時に「Ctrl」 + 「Alt」 + 「Del」キーを押し、「タスクマネージャー」を選択し、「ファイル」そして「新しいタスクの実行」を押します。
タスクマネージャーで新しいタスクの実行
② 「Powershell」を入力し、「このタスクに管理者特権を付与して作成します」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。
Powershell
③ 次のコマンドを入力して、「Enter」キーを押します。

Get-AppXPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register “$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml”}

DisableDevelopmentMode

方法3:Windowsシステムファイルを修復する

Windows10スタートメニューが開かない場合は、システムファイルに問題がある可能性があります。ファイルチェッカーを通してWindowsファイルをチェックして修復することができます。
① 同時に「Ctrl 」+ 「Alt 」+ 「Del」キーを押し、「タスクマネージャー」を選択し、「ファイル」そして「新しいタスクの実行」を押します。
タスクマネージャーで新しいタスクの実行
② 「Powershell」を入力し、「このタスクに管理者特権を付与して作成します」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。
Powershell
③「sfc /scannow」と入力して、Enterキーを押します。

「リソース保護で整合性違反が見つかりませんでした」と表示されたら、破損したファイルはありません。ファイルに問題がある場合は、ステップ4に進みます。

sfc /scannow
④ 「DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth」と入力してEnterキーを押します。

ファイルの修復に時間がかかりますので、しばらくお待ちください。

RestoreHealth

方法4:ローカル管理者アカウントを作成する

Windowsファイルを修復した後でもメニューバー動作できない場合は、新しいローカル管理者アカウントを作成してWindows 10システムを引き続き使用することをすすめます。
注意:次の方法は管理者権限が必要です。権限がない場合は、専門のソフトを使用して管理者アカウントを作成することをすすめます。
① 「Ctrl + Alt + Delete」ボタンを同時に押してタスクマネージャを開きます。次に、「ファイル」をクリックして「新しいタスクの実行」を選択します。
タスクマネージャーで新しいタスクの実行
② 「Powershell」を入力し、「このタスクに管理者特権を付与して作成します」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックします。
Powershell
③ 以下のコマンドを入力します。1つずつ入力し、「Enter」キーを押します。

  • アカウントを作成:net user “ユーザー名” “パスワード” /add
  • 管理者権限を付与:net localgroup administrators ユーザー名 /add
Powershellコマンド

管理者アカウント持っていない場合は、パスワードリセットソフトRenee PassNowで管理者権限アカウントを新規作成してください。Renee PassNowは次の特徴があります。

Renee PassNow - 安全・初心者向けのシステムレスキューソフトシステムレスキューソフトRenee PassNow

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、管理者アカウント作成、データ抹消など複数の実用的な機能が搭載。

汎用性高いノートPC、デスクトップ、Surface対応。NEC,Dell,富士通,東芝,Lenovo,SONY,ASUS,Acer,IBM, パナソニック対応

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP (32bit/64bit) で実行可能。

操作簡単 日本語インタフェースがあり、分かりやすく、サポートも提供。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成、データ抹消。

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CD(容量200MB以上)を挿入して、「USB/ CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。 次に、データ転送したいのコンピューターにUSB / CDを接続します。

USBメモリ/DVD/CDを挿入します

起動ディスク作成

3.起動ディスクをPCに挿入し、BIOS画面を呼び出します。起動ディスクから起動するように、USB/CDを一番上に設定します。

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

4.設定を保存し終了します。

設定を保存し、終了します。5.USB/CDから起動するようになり、次の画面が表示され、PassNow!機能を選択します。

Renee PassNowプログラムを起動

6.システムを選択して、「アカウントを作成」をクリックし、管理者アカウントRENEE(パスワード:123456789)が作成されます。

管理者アカウントを新規作成

方法5:PCをリセットする

上の対策でいずれもうまくいかない場合は、コンピュータをリセットしてみてください。コンピュータをリセットする前に、データの損失を防ぐために。重要なファイルを安全な場所に転送することをすすめます。
① コンピューターを再起動または起動する時、ログインページで、電源アイコンをクリックし、Shiftキーを押しながら「再起動」をクリックします。
ログインの右隅に再起動アイテム
[トラブルシューティング]> [このPCを再設定する]> [個人用ファイルを保持する]の順に選択し、画面の指示に従います。
このPCを初期状態に戻すタイプ
③ 最後に、「リセット」をクリックしてください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...