author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows10パソコン起動後、画面が真っ暗になり、カーソルのみ表示される問題がよくあります。主にWindowsシステム問題やハードウェア問題によるものです。次にこのような問題を解決する方法を紹介します。



Windows 10画面が真っ暗になる原因

Windows10で黒い画面になるのは主にシステム問題やハードウェア問題によるものです。システム問題は、一般的にビデオカードとドライバーの互換性問題・ウイルス・システムの設定などの可能性があります。ハードウェア問題は、不良セクター、またはメモリに問題があった可能性があります。
HDD不良セクター
Windows 10ログインできない、黒い画面になるとともに、画面にマウスカーソルのみが点滅している症状もよくあります。こんな場合、まずセーフモードに入って修復してみてください。それから、他の対策もあります。詳しくは次に説明します。
真っ暗画面にカーソルだけ点滅

Windows10パソコン真っ暗になっと時の対策

Windows10起動後、黒い画面にカーソルだけが点滅する状況が出たら、まずコンピュータを再起動してみてください。コンピュータに接続されている周辺機器を切断してみてください。それでも解決できない場合、セーフモードで起動してみてください。

セーフモードに入るためには、管理権限を持っていなければいけません。管理権限持つアカウントがない場合、Renee Passnowで新しい管理者アカウントを作成できます。Renee Passnowで作成されたユーザー名は「Reneelab」で、初期パスワードが「123456789」であります(変更可能)。このアカウントはシステム管理者権限を持っています。手順については、これを参照してください。

アカウントを作ります

管理者アカウントを取得した後、セーフモードに入るには?

1、コンピュータを起動し、Windowsログイン画面に、右下の電源ボタンをクリックして、「Shift」キーを押しながら「更新して再起動」をクリックします。

ログインの右隅に再起動アイテム

2、セーフモードに入り、「トラブルシューティング」>>「詳細オプション」>>「スタートアップ設定」を選択します。「スタートアップ設定」ページで、「再起動」をクリックします。

セーフモード4

3、再起動した後、「F5」キーを押し、または「5)セーフモードとネットワークを有効する」を選択します。

スタートアップ設定画面でF4キーを押します

セーフモードに入ったら、次の対策を利用し、黒い画面の問題を修復できます。

対策1:セキュリティソフトを使用する

ウイルスの感染で、パソコン画面が真っ暗になるのもありえます。セーフモードでセキュリティソフトを利用し、パソコンをスキャンしてください。
カスペルスキー

対策2:ビデオカードドライバをアンインストールする

ビデオカードとドライバの互換性問題もパソコン真っ暗になる原因の一つであります。それをアンインストールしてみてください。

1、セーフモードで、Windowsアイコンをクリックし、「デバイスマネージャ」を右クリックします。

2、「ディスプレイアダプター」を右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択します。そしてコンピュータを再起動します。

コンピュータを再起動した後、Windowsのデフォルトのドライバを再インストールします。

デバイスマネージャーにディスプレイアダプターというデバイスのアンインストール

対策3:レジストリをチェックする

レジストリのエラーも、Windows10の黒い画面につながるものです。次にの操作でエラーを修正して黒い画面の問題を解決できます。

1、セーフモードでは、「windows」+「R」キーを押し、枠内に「regedit.exe」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

regedit

2、次のレジストリキーを探します。

HKEY_LOCAL_MACHINE SOFTWARE Microsoft Windows NT CurrentVersion Winlogon

3、「Winlogon」-「Shell」を見つけ、右側ののデータ値を確認してください。explorer.exeではない場合は、「explorer.exe」を入力してください。そして「OK」ボタンをクリックします

文字列Shellの編集は値のデータがexplorerexe

4、 レジストリエディタを閉じて、コンピュータを再起動します。

対策4:ハイコントラストモードをオフにする

ハイコントラストモードのため、画面が真っ暗原因になる可能性があります。セーフモードでは、このモードをオフにすることができます。

1、「Windows」キーを押しながら、「設定」ページで「簡単操作」を選択します。

2、「色とハイコントラスト」をクリックし、右側の「テーマの選択」メニューで「なし」を選択します。

色とハイコントラストでハイコントラストテーマの選択になし

3、コンピュータを再起動します。

上の方法を試しても、Windows10の真っ暗画面を解決できない場合は、システムを再インストールする必要です。システムを再インストールする前に、重要なファイルやデータの損失を避けるためには、データ転送をするべきです。Renee PassNowはパソコン起動できない状況でもデータ移行可能なソフトです。

システムを再インストールする前に、Renee PassNowでデータ移行

前準備:

  1. Renee PassNow(今すぐダウンロード!
  2. 正常に稼働できるWindows OSのパソコン(Renee PassNowをインストール用)
  3. 書込可能なUSBメモリ/DVD/CD(容量200MB以上)
Renee PassNow - PC起動しない時のデータ救出データ移行

操作簡単 簡単な操作で任意ファイルを救出。

データ移行 Windowsが起動しなくても簡単にデータ移行。

データプレビュー データ救出する前に、ファイルプレビュー可能。

多機能 Windows起動せずに、パスワード削除、データ移行、管理者アカウント作成、データ抹可能。

互換性 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP対応。

操作簡単 初心者も自力でデータ救出可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成可能。

データプレビュー 救出する前に、ファイルプレビュー可能。

無料体験無料体験 88625名のユーザー様に体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

操作手順:

1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CDを挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。

起動ディスク作成

3.データ転送したいコンピューターにUSB / CDを接続します。

起動ディスクを挿入します

4.電源を入れたらすぐに「F2」キーを押し、BIOS画面に入ります。

※パソコンメーカーによって押すボタンが異なります。取扱書を参照してください。もしくは、こちらを参照してください。(BIOS画面に入る方法

F2キーを押、BIOS画面を呼び出す

5.BIOS画面に入り、「Boot」または「起動デバイス」のタブで、「CD-ROM Dirve」/「USB」/「Removable Device」のような項目があります。起動ディスクを一番上に設定してください。

CD/DVDから起動する場合、「CD-ROM Dirve」項目を一番目にします。 USBメモリから起動する場合、「USB」/「Removable Device」のような項目を一番目にします。

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

※UEFI等の記述があったら、それはUEFI環境です。UEFI環境は従来のBIOS環境と少し異なるため、起動順番の設定方法も違います。 UEFI環境PCで起動ディスク(USB/CD/DVD)から起動する方法

6.起動順番を設定したら、設定を保存し、終了します。

設定を保存し、終了します。

7.WinPE起動ディスクからPCを起動させ、「Data Transfer」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

8.データ移行機能の画面が表示され、データ移行を行います。

  1. データ保存元を選択します。
  2. データ移行先を選択します。
  3. 移行したいデータを選択し、クリックしたまま移行先へ移動します。

PC起動しないデータ移行手順

Windows10パソコンが何かの障害で画面が真っ暗になり、起動できない場合、ディスクが物理的に損傷しない限り、中のデータを安全なディスクに転送/移行可能です。

上の4つの方法も解決できなくても、最後の手段として、Renee PassNowで重要なファイルを取り出すことはできます。早速この簡単方法でデータを移行(救出)してみませんか?

無料体験版をダウンロード

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...