author avatar
  サポートマネージャー  

概要

2012年以来、Microsoftアカウントはだんだん Windows10 エコシステムの重要な部分となっています。しかし、一部のユーザーにとって、Microsoftアカウント はほぼ役に立たない、ログインするたびにパスワードを繰り返し入力することも煩わしいです。次にWindows10 で簡単にMicrosoftアカウント をローカルアカウントに変更をする方法を紹介します。



ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違い

ローカルアカウントとは

もしWindows XPやWindows 7のパソコンを使用することがあったなら、多少ローカルアカウントを馴染みます。ローカルアカウントとは、ただ特定なパソコンを訪問するユーザーである、ほかのパソコンに使われることができません。

Microsoftアカウントとは

Microsoftアカウントとは、Windowsサービスの通用IDを見なせる。Xbox Live、Hotmail、Outlook.com、OneDrive、Windows MessengerなどのMicrosoftサービスを使用していた場合は、既にMicrosoftアカウントを持っていることとなります。 Microsoftアカウントでは、すべてのサービスが単一のメールアドレスとパスワードでアクセスことができます。

MSサービス

どんなアカウントを選ぶべき?

Microsoftアカウントはローカルアカウントより、多数のMicrosoftサービスを自在に使えるけど、絶対にすべてのユーザーに似合ってるわけではありません。Windowsサービスを一切使う必要がない場合、家のパソコンしかアクセスしない場合、単純にローカルアカウントを使用しても問題ないと思われます。

使用しているアカウントのタイプの確認方法

初心者ユーザーにとって、現在使用されているアカウントがMicrosoftアカウントか、ローカルアカウントかとわからない場合があります、簡単に判断する方法二つをご紹介します。

ログインするとき確認する

Windows10でMicrosoftアカウントを使えば、ログインするたびに認証用のMicrosoftアカウントのパスワードを入力するが必要。ローカルアカウントの場合、パスワードが設定されていないなら、直接デスクトップに入ります。

実際、パスワードの代わりに、Windows 10のPINコード機能を使って、より便利でMicrosoftアカウントをログインすることができます。デスクトップに「Win」+「I」を押して、メニューから「アカウント」-「サインインオプション」-「PIN」で設定することができます。

ユーザーの情報画面で確認

Microsoftアカウントを使用すると、デスクトップに「Win」+「I」キーを押して、メニューで「アカウント」をクリックしてからのユーザーの情報で、Microsoftアカウントの画像、メールアドレスなどが見つけられます、それに「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」というリックがあります。

アカウントインフォ

マイクロソフトアカウントからローカルアカウントに変更する方法

1.デスクトップに「Win」+「I」キーを押して、「アカウント」をクリックします。
設定-アカウント
2.「ユーザーの情報」で、「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。
ローカルに変更2
3.Microsoftアカウントのパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
ローカルに変更3
4.ローカルアカウントの名やパスワードなどを設定してから、「次へ」をクリックします。
ローカルに変更4
5.「サイトアウトと完了」をクリックして済みます。
ローカルに変更5

Windows10マイクロソフトアカウントパスワード忘れ、ログオンできない時の解決策

どんなタイプのアカウントを使っても、もしパスワードを忘れたら、うまくWindows10にログオンできない場合、Renee PassNowをすすめます。

Renee PassNow - 安全・初心者向けのシステムレスキューソフトシステムレスキューソフトRenee PassNow

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、管理者アカウント作成、データ抹消など複数の実用的な機能が搭載。

汎用性高いノートPC、デスクトップ、Surface対応。NEC,Dell,富士通,東芝,Lenovo,SONY,ASUS,Acer,IBM, パナソニック対応

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP (32bit/64bit) で実行可能。

操作簡単 日本語インタフェースがあり、分かりやすく、サポートも提供。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成、データ抹消。

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CDを挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。 次に、パスワード削除したいコンピューターにUSB / CDを接続します。

起動ディスク作成

3.再起動してBIOSに入る、BIOSでUSBやDVDを第一起動順位に設定し、設定を保存し終了します。

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

4.Renee PassNowが読み込まれるのを待って、PassNowツールを選択します。

Passnow

5.目標アカウントを選んでパスワードを削除します。

再起動してから二度とパスワードを入力する必要がなくなります。

パスワード削除

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...