author avatar
  テストマネージャー  

概要

Windows 10では、自動修復という機能があります。この機能で、ユーザーは簡単に一部の起動エラーを解決できます。ただし、この機能がうまく進まない場合もある、具体的には、何回電源を入れても、自動修復を繰り返してしまい、無限ループ状態となってしまします。この記事では、自動修復が無限ループになった時の解決策を紹介します。



Windows10自動修復ループとは?

自動修復機能は、Window 10で一部の起動エラーを自動的に修復できるように設計された機能です。ただし、この機能がうまく進まない場合もある、具体的には、何回電源を入れても、Window 10自動修復を繰り返してしまい、無限ループ状態となります。 一般的には、二つの状態があります。

1.Windows10自動修復が黒い画面になり、「自動修復を準備中」というメッセージが表示されます。

自動修復を準備しています
2.Windows10自动修复失败し、「PCが正常に起動しませんでした」というメッセージが表示されます。
自動修復失敗
以上二つの状態になり、繰り返すようになったら、下記の解決策を試してみてください。

対処法1:コマンドプロンプトで自動修復ループ問題を解決

ブートセッティングを修復

ある時、システム起動に関連するMBR(マスターブートレコードの略称)とブート構成データBCDコードに不具合があるため、Windowsが正常に起動することができません。MBRを修復してBCDコードを再構築すると、ブートセッティングの不具合ための自動修復問題が解決できるはずです。

Windows 10が自動修復ループ状態で正常に起動しない場合、システムが進まないまま2~3回連続再起動すれば、自動的にWindows RE(Recovery environment,システム復元環境)に進むという設定があります。

1.Windows REに入ってから、「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

2.「詳細オプション」をクリックします。

詳細オプション

3.「コマンドプロンプト」をクリックします。

コマンドプロンプト

4.表示されるコマンドプロンプトウィンドウで、「bootrec /rebuildbcd」と入力し、Enterキーを押します。「識別された合計数:1」または「識別された合計数:0」と表示される場合があります。 Windowsインストールの総数が0の場合は、手順6に進みます。

「bootrec / rebuildbcd」と入力

5.Windowsインストールがリストされているため、再構築を開始する前に手動で削除する必要があります。「bcdedit /export c:\bcdbackup」と入力し、Enterキーを押します。

bcdedit /export c:\bcdbackupを入力

6.BCDに保存されているいくつかのファイルの属性を調整して操作できるようにする必要があります。 「attrib c:\boot\bcd -h -r -s」と入力してEnterキーを押してください。

attrib c:\boot\bcd -h -r -sを入力

7. BCDストレージの名前を変更する必要があります。「ren c:\boot\bcd bcd.old」コマンドを実行してください。

ren c:\boot\bcd bcd.oldを入力

8.「bootrec /rebuildbcd」と入力してEnterキーを押し、BCDの再構築します。 次に、「インストールをスタートアップリストに追加しますか?」という質問の下で、「y」と入力してEnterキーを押します。 最後に、コンピューターを再起動します。

bootrec /rebuildbcdを入力

ハードディスクの不良セクタを修復

自動修復ループは上記のステップを実行しても相変わらず存在するなら、起こした原因がハードディスクに不良セクタにあるかもしれません。この場合、「chkdsk」という不良セクタを修復するコマンドを利用してください。上記と同じようにコマンドプロンプトで「chkdsk/f/r」と入力して、「Enter」キーを押して済みます。

セクタ修復
スキャンしている時、「このボリュウームのチェックをスケジュールしますか(Y/N)」というメッセージが表示されたら、「Y」と入力してください。その後、スキャニング完了まで待ち、「exit」と入力し、「Enter」キーを押して再起動してループを修復できるかどうかことを確認してください。

対処法2:セーフモードで怪しいアプリをアンインストールする

セーフモードはWindows 起動モードの一つ、このモードはWindowsの多種な機能を制限し、必要なシステム環境だけでPCを起動して、いわゆる診断モードです。自動修復ループ状態を起こした原因は、ソフトとシステムの間に不具合があるわけでもある。セーフモードを通して、一部の疑わしいアプリをアンインストールして自動修復ループを解決してみてください。

1.Windows REに入って、「トラブルシューティング」-「詳細オプション」をクリックしてからのメニューで、「スタートアップ設定」をクリックします。
スタートアップ設定
2.「再起動」をクリックします。
セーフモード再起動
3.画面が切り替わるまで待ち、「スタートアップ設定」で「4」キーを押し、「4)セーフモードを有効にする」を選択します。
セーフモード起動
4.セーフモードが正常に起動したら、画面の四角に「セーフモード」を表示されます。
セーフモード画面
5.セーフモードで、デスクトップ左下のメニューをクリックして、「歯車」アイコンをクリックします。表示された画面で、アプリを選択します。
設定アプリ
6.「アプリと機能」で、並べ替えは「インストール日付」に変更し、そして新しいから古いとひとつずつアンインストールして、ループ問題を排除してみます。
ソフトをアンインストール

対処法3:システム復元する

もし上記紹介されたすべての方法が自動修復ループ問題を解決できなければ、Windowsの復元を実行してみてください。

Windows REに入って、「トラブルシューティング」-「詳細オプション」をクリックしてからのメニューで、「システムの復元」を選択し、指示に従って事前に作った復元ポイントを選んで実行してください。

システムの復元
事前に復元ポイントを作っていなかったら、ここで復元することができません。復元ポイントを作り方は下記の通りです。
1.「スタートメニュー」を開き、W列の「Windowsシステムツール」の「コントロールパネル」をクリックします。
コントロールパネル
2.「システムとセキュリティ」をクリックします。
復元ポイント2
3.「システム」をクリックします。
復元ポイント3
4.画面左側から「システムの保護」をクリックします。
復元ポイント4
5.「作成」をクリックします。
復元ポイント5
6.復元ポイントの名を入力し、「作成」をクリックして、復元ポイントの作りを完成するまでお待ちください。
復元ポイント6

対処法4:重要なデータを救い出す方法

Windows 10がうまく起動できず、事前にも復元ポイントが作成されていなかった場合、システムを再インストールすると問題が解決できるかもしれないが、システムを置いたパーティションのデータを失わってしまいます。
システムがアクセスできない状態で、パソコンのデータを取り戻したければ、Renee PassNowのデータ移行機能を利用してみてください。

おすすめ - ADsRenee PassNow - PC起動しない時のデータ救出 システムレスキューソフトRenee PassNow

操作簡単 簡単な操作で任意ファイルを救出。

データ移行 Windowsが起動しなくても簡単にデータ移行。

データプレビュー データ救出する前に、ファイルプレビュー可能。

多機能 Windows起動せずに、パスワード削除、データ移行、管理者作成、データ抹可能。

互換性 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP対応。

操作簡単 初心者も自力でデータ救出可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成可能。

データプレビュー 救出する前に、ファイルプレビュー可能。

無料体験無料体験 88625名のユーザー様に体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

1.Renee PassNowをダウンロードし、パソコンにUSBメモリまたはDVDディスクを挿入して、「レスキューディスクを作成」をクリックします。
パスワードリセットディスク作成
2.再起動してBIOSに入る、BIOSでUSBやDVDを第一起動項目に設定します。
起動ディスクを起動順番の一番に設定します。
3.再び再起動、Renee PassNowが読み込まれるのを待って、Data Transferツールを選択します。
データ移行機能(Renee Data Transfer)
4.Data Transferを通して、支障がなくて故障システムから大事なデータを転送することができます。
PC起動しないデータ移行手順

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...