author avatar
  サポートマネージャー  

概要

スリープ状態は作業中のメモリの状態を保持したまま、SSDやディスプレイを省電力状態にして消費電力を抑えている状態です。 プライバシー保護するため、復帰時のパスワードが設定されています。一方、それを解消したいユーザーもいます。次に、復帰時のパスワード入力を省略する方法を紹介します。パスワードが忘れた状態であっても使いやすいツールで一発解決可能。



コンピュータがスリープ状態になると、実行中の操作は停止されます。スリープ状態から復帰するときは、Windowsにアクセスするため、パスワードを入力する必要があります。実際、スリープパスワードを設定すると、許可なしのアクセスを避けるうえに、プライバシーもより良く守ることができます。

Win10のuserアカウントログイン画面でパスワードを入力
コンピュータがスリープ状態になるまでの時間を設定したい、またはコンピュータを頻繁にスリープモードにしたくない場合は、次の方法を参照してください。

コンピュータがスリープ状態になるまでの時間を設定するには、

  1. 「Windows」 + 「I」きーでWindowsの設定を開き、「システム」を選択します。
  2. 「電源とスリープ」をクリックし、時間を選択します。

Windows10スリープ復帰時のパスワードを有効/無効にするには?

スリープから復帰するときにコンピュータがパスワードを入力する必要があるかどうかは、使用環境によって異なります。次に、Windows 10から復帰するときのパスワードを有効または無効にする方法を紹介します。

方法一:サインインオプションでスリープ復帰パスワードを省略する

1. 「Windows」+ 「I」キー を押し、「アカウント」を選択します。

設定のアカウント

2. 左側の「サインインオプション」をクリックします。「サインインを求める」で、「ロックしない」を選択すると、パスワードの入力が省略できます。

Windows10ロック画面を無効にする
この方法は非常に簡単でしょう。ノートパソコンの場合(つまりバッテリー使用)、ぜひ方法二を参照してください。

方法二:グループポリシーエディタでスリープ復帰パスワードを省略する

1.「Windows」 +「R」キーを押して、「GPEDIT.MSC」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

gpedit.mscを入力

2.「ローカルグループポリシーエディター」を開きます。左側で、「コンピュータの構成」→「管理用テンプレート」→「システム」→「電源の管理」→「スリープの設定」を選択します。

3. 右側の「コンピューターのスリープ状態の解除時にパスワードを要求する(電源接続時)」または「コンピューターのスリープ状態の解除時にパスワードを要求する(バッテリ使用時)」をダブルクリックします。

スリープの設定にコンピューターのスリープ状態の解除時にパスワードを要求する

4.「無効」を選択し、「適用」ボタンをクリックします。

コンピューターのスリープ状態の解除時にパスワードを有効或いは無効にする
この方法は、Windows 10 Pro・Enterprise・Educationのみ利用できます。この方法を利用できないOSなら、方法三を参照してください。

方法三:コマンドプロンプトでスリープ復帰パスワードを省略する

1.まず、コマンドプロンプトを開きます。

「スタート」の検索に「cmd」と入力し、「コマンドプロンプト」を見つけ、右クリックして「管理者として実行」をクリックします。

[コマンドプ ロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します

2.スリープから離れる時にパスワードの入力を省略したい場合は、次の設定をしてください。

スリープ復帰パスワードを無効にするには、状況に応じて、コマンドプロンプトに対応するコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。

  • (電源接続) powercfg /SETACVALUEINDEX SCHEME_CURRENT SUB_NONE CONSOLELOCK 0
  • (バッテリー使用) powercfg /SETDCVALUEINDEX SCHEME_CURRENT SUB_NONE CONSOLELOCK 0
コマンドプロンプトでスリープ復帰パスワードを無効

3.スリープから離れる時にパスワードを有効にしたい場合は、次の設定をしてください。

スリープ復帰パスワードを有効にするには、状況に応じて、コマンドプロンプトに対応するコマンドを入力し、Enterキーを押します。

  • (電源接続) powercfg /SETACVALUEINDEX SCHEME_CURRENT SUB_NONE CONSOLELOCK 1
  • (バッテリー使用) powercfg /SETDCVALUEINDEX SCHEME_CURRENT SUB_NONE CONSOLELOCK 1
コマンドプロンプトでスリープ復帰パスワードを有効

Windows10でスリープから復帰するパスワードを忘れた場合の対処法

Windows 10を復帰しようとしたところ、パスワードが正しくあるませんというエラーが出た場合、Caps LockとNum Lockの状態を確認してください。
確認後、それでもWindows 10にアクセスできない場合は、パスワードリセットツールRenee PassNowの使用をすすめます。
Renee PassNow - 安全・初心者向けのシステムレスキューソフトシステムレスキューソフトRenee PassNow

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、管理者アカウント作成、データ抹消など複数の実用的な機能が搭載。

汎用性高いノートPC、デスクトップ、Surface対応。NEC,Dell,富士通,東芝,Lenovo,SONY,ASUS,Acer,IBM, パナソニック対応

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP (32bit/64bit) で実行可能。

操作簡単 日本語インタフェースがあり、分かりやすく、サポートも提供。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成、データ抹消。

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CD(容量200MB以上)を挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。

起動ディスク作成

3.アクセスしたいコンピューターにUSB / CDを接続します。

USBメモリ/DVD/CDを挿入します

4.起動ディスクをPCに挿入し、BIOS画面を呼び出します。起動ディスクから起動するように、USB/CDを一番上に設定します。

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

5.設定を保存し終了します。

設定を保存し、終了します。

6.USB/CDから起動するようになり、次の画面が表示され、PassNow!機能を選択します。

Renee PassNowプログラムを起動

7.パスワードをリセットしたいアカウントを選択し、「パスワードを削除」ボタンをクリックし、パスワードが削除されます。

リセット完了した後、パスワードなしでログインできます。もしパスワードが求められるとき、「Enter」キーを押してログインしてください。

パスワードを削除します

WindowsパスワードリセットソフトRenee Passnowはパスワード削除以外、新しい管理者アカウントの作成することもできます。「アカウントを作成」をクリックすると作成されます。

管理者アカウントを新規作成

Renee Passnowで作成された管理アカウントは、ユーザ名がReneelabで、初期設定のパスワードが「123456789」です。このアカウントでログインして、目標ユーザーのパスワード変更や削除はできます。

Passnowでアカウントを有効化

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...