author avatar
  テストマネージャー  

概要

PCの安全性を確保するために、多くの人はパスワードポリシーを利用し、「複雑さの要件を満たす必要があるパスワード」どおりパスワードを設定します。次にはWindows 7/10でこのパスワードポリシーの設定方法を説明します。パスワードが複雑すぎて忘れてしまった場合の、パスワードリセット方法も合わせて紹介します。



windows7/10でパスワードポリシーの設定方法・注意事項

コンピュータを起動するときは、身元を確認するためにユーザー名とパスワードを入力する必要があります。パスワードが簡単すぎると、簡単に解除されて非常に危険です。

PCのセキュリティを確保するために、より複雑なパスワードを設置するのは必要です。パスワードポリシーが厳しいであるほど、パスワードの安全性が高くなります。

パスワードポリシーとは?
パスワードポリシーは、パスワードに使用される文字数と文字種を指定するルールです。第三者による不正アクセスのリスクを軽減できます。

パスワードポリシーで、パスワード複雑さの要件

パスワードポリシーの「複雑さの要件を満たす必要があるパスワード」設定を有効にしたら、パスワードが次のように最低要件を満たす必要があります。
  1. 長さは 6 文字以上にする。
  2. 複雑さの要件は、パスワードの変更時または作成時に強制的に適用されます。
  3. ユーザーのアカウント名またはフルネームに含まれる 3 文字以上連続する文字列を使用しない。
  4. 次の4つのカテゴリのうち3つから文字を使う。
    • 英大文字 (A から Z)
    • 英小文字 (a から z)
    • 10 進数の数字 (0 から 9)
    • アルファベット以外の文字 (!、$、#、% など)

上記の条件によれば、パスワードのセキュリティを大幅に向上させることができる。 Windows 7/10の安全なパスワードを設定するには、次の詳細な手順に従って「複雑さの要件を満たす必要があるパスワード」を有効または無効に設定できます。

Windows 7/10で「複雑さの要件を満たす必要があるパスワード」有効/無効にするには?

操作手順:

ステップ1:「Windows 」+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」で「gpedit.msc」を入力して「OK」ボタンをクリックします。

gpedit.mscを入力

ステップ2:左側のオプションで、「コンピュータの構成」-「Windowsの設定」-「セキュリティの設定」-「アカウントポリシー」-「パスワードポリシー」を選択します。

複雑さの要件を満たす必要があるパスワード

ステップ3:「複雑さの要件を満たす必要があるパスワード」をダブルクリックします。この設定を有効にする場合「有効」を選択し、無効にする場合は「無効」を選択します。最後に「OK」ボタンをクリックします。

複雑さの要件を満たす必要があるパスワードのプロパティ
Windows 7/10で「複雑さの要件を満たす必要があるパスワード」設定が有効になった後、パスワード要件に従って厳密で安全なパスワードを設定する必要があります。パスワードを忘れた場合は、パスワードリセットツールを利用してパスワードをリセットすることは可能です。

パスワードを忘れた?Renee PassNowでリセット可能

Renee PassNow - 安全・初心者向けのシステムレスキューソフトシステムレスキューソフトRenee PassNow

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、管理者アカウント作成、データ抹消など複数の実用的な機能が搭載。

汎用性高いノートPC、デスクトップ、Surface対応。NEC,Dell,富士通,東芝,Lenovo,SONY,ASUS,Acer,IBM, パナソニック対応

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP (32bit/64bit) で実行可能。

操作簡単 日本語インタフェースがあり、分かりやすく、サポートも提供。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成、データ抹消。

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

Renee PassNowでパスワードリセットする方法

1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CD(容量200MB以上)を挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。

起動ディスク作成

3.データ転送したいコンピューターにUSB / CDを接続します。

USBメモリ/DVD/CDを挿入します

4.起動ディスクを挿入し、BIOS画面を呼び出します。起動ディスクから起動するように、USB/CDを一番上に設定します。

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

5.設定を保存し終了します。

設定を保存し、終了します。6.USB/CDから起動するようになり、次の画面が表示され、PassNow!機能を選択します。

Renee PassNowプログラムを起動

7.パスワードをリセットしたいアカウントを選択し、「パスワードを削除」ボタンをクリックし、パスワードが削除されます。

リセット完了した後、パスワードなしでログインできます。ログインするときにパスワードが求められると、「Enter」キーを押してログインしてみてください。

パスワードを削除します

WindowsパスワードリセットソフトRenee Passnowはパスワードの削除以外、新しい管理者アカウントの作成し、素早くパソコンの資料を取り戻すことができます。「アカウントを作成」をクリックすると作成されます。

作成された管理アカウントは、ユーザ名がReneelabで、初期設定のパスワードが「123456789」です。このアカウントでログインして、目標ユーザーのパスワード変更や削除はできます。

管理者アカウントを新規作成

Windows 7/10パスワードポリシーについてのアドバイス

  1. 「パスワードの長さ」は8文字以上、できれば12文字以上に設定すること。
  2. 「パスワードの有効期間」は、30〜90日後に期限が切れるように設定すること。
  3. 「パスワードの履歴を記録する」のプロパティでは、古いパスワードを再利用できないように5以上を設定すること。
gpeditパスワードのポリシー

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...