author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows10でセーフモードに入る時、入力誤りやPINコードを入力してしまったら、パスワードが違いますというエラーが出ます。Windows10セーフモードに入るには、Microsoftアカウントのパスワードを入力するはずです。もしパスワードを忘れた場合、パスワードリセットをする必要があります。次に2つのパスワードリセット方法を説明します。



普通、コンピュータシステムの不具合、またはハードディスク障害、ウイルスなどの問題が発生した場合、パソコンが起動できなくなることがあります。この時、Windowsセーフモードに入り、修復などの作業を行います。Windows10でマイクロソフトアカウントを利用している場合、セーフモードに入る時もパスワードが必要です。間違ったパスワードを入力すると、「パスワードが違います」となり進むことができません。どうすればよいのでしょうか?パスワードのリセットをおすすめします。次にパスワードのリセット手順を詳しく紹介します。

Windows10セーフモード

セーフモードモードとは?

セーフモードとは、なんらかの不具合によりコンピュータに問題が生じたときのための診断用の起動モードのことである。診断を容易にするため必要最低限のドライバや機能以外は無効になっている。
Windows10セーフモードに入る手順:
1. 「スタートメニュー」アイコンをクリックし、「電源」 オプションをクリックし、Shiftキーを押しながら 「再起動」をクリックします。
2. 表示された画面で、「トラブルシューティング」をクリックし、「詳細オプション」をクリックします。
3. 高度なオプションの画面で、 「スタートアップの設定」をクリックし、「再起動」をクリックします。
上の手順でWindows 10のセーフモードで起動することができるはずです。ただし、マイクロソフトアカウントを利用している場合、パスワードの入力が必要です。

パスワードを入力し、パスワードが違いますというメッセージが表示され、先に進むことができませんというお問い合わせもありました。次に可能な原因と解決方法を紹介します。

Windows10セーフモードパスワード違いの理由及び解決方法

理由1:CapsLockとNumLockキーの状態を確認しなかった。
capslockとnumlock確認

CapsLockがオンの状態なら、大文字を入力することができます。NumLockがオフの状態なら、数字を入力できません。

理由2:Microsoftパスワードの代わりにPINコードを入力した。
PINじゃなくMICROパスワード

Windows 10セーフモードでは、PINコードではなくMicrosoftアカウントのパスワードを入力する必要があります。

理由3:Microsoftアカウントのパスワードが間違っている。
パスワードが正しくありません。

パスワード忘れの場合、Microsoft公式サイトにパスワードリセットできます。次にリセット方法を説明します。

方法1:Microsoft公式サイトによりパスワードを変更する

ステップ1:Microsoft公式サイト account.live.com/password/resetに入り、「Microsoftアカウント」「表示されている文字」を入力し、「次へ」をクリックします。
microアカウントの回復
ステップ2:コードがメールで届くので、それを入力し「次へ」をクリックします。
micro本人確認パージでコードを入力
ステップ3:新しいパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
microパスワードのレセット
これでMicrosoftアカウントのパスワード変更は完了です。Windows 10がセーフモードに入るときに新しいMicrosoftアカウントパスワードを入力してログインできます。

もし、この方法がうまくできない場合、Renee Passnowを使ってパスワードをリセットすることはできます。

方法2:プロのパスワードリセットソフト - Renee Passnow

Renee PassNow - 安全・初心者向けのシステムレスキューソフトシステムレスキューソフトRenee PassNow

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、管理者アカウント作成、データ抹消など複数の実用的な機能が搭載。

汎用性高いノートPC、デスクトップ、Surface対応。NEC,Dell,富士通,東芝,Lenovo,SONY,ASUS,Acer,IBM, パナソニック対応

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP (32bit/64bit) で実行可能。

操作簡単 日本語インタフェースがあり、分かりやすく、サポートも提供。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成、データ抹消。

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CD(容量200MB以上)を挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。

起動ディスク作成

3.パスワードリセットしたいコンピューターにUSB / CDを挿入します。

USBメモリ/DVD/CDを挿入します

4.起動してから一つのキーを押し、BIOS画面に入ります。起動ディスクから起動するように、USB/CDを一番上に設定します。

BIOS画面に入るにはBIOS画面に入る方法をご参考ください。

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

5.設定を保存し終了します。

設定を保存し、終了します。

6.USB/CDから起動するようになり、次の画面が表示され、PassNow!機能を選択します。

Renee PassNowプログラムを起動

7.この画面に入り、パスワードをリセットしたいアカウントを選択し、「パスワードを削除」ボタンをクリックし、パスワードが削除されます。

アカウントがローカルアカウントに変更され、アカウントのファイルが元もままです。パスワードを入力する必要がありません。

リセット完了した後、もしログインするときにパスワードが求める場合、「Enter」キーを押してみてください。

パスワードを削除します

WindowsパスワードリセットソフトRenee Passnowはパスワード削除以外、新しい管理者アカウントの作成することもできます。「アカウントを作成」をクリックすると作成されます。

管理者アカウントを新規作成

Renee Passnowで作成された管理アカウントは、ユーザ名がReneelabで、初期設定のパスワードが「123456789」です。このアカウントでログインして、目標ユーザーのパスワード変更や削除はできます。
上の方法で、パスワードをリセットまたは削除することで、Windowsセーフモードに正常に入り、エラーが二度と表示されなくなると思います。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...