author avatar
  サポートマネージャー  

概要

windows 10が起動しない、パソコン画面が真っ暗になったことがありますか?この記事は、Windows 10起動しない黒い画面のになった原因及び対処法を紹介します。


Windows10 起動しないパソコン画面真っ暗

症状1:Windows10起動しない、ビープ音(警告音)がする

チェック項目1:モニタとパソコンの接続が大丈夫?

モニタにケーブルがちゃんと接続されているか、最初に確認しましょう。モニタの電源がオフになっている、または接続ケーブルが正常に接続されていない可能性があります。また、長年の使用で経年劣化し、ケーブルが酸化されて破損してしまうことがまれにあります。これもWindows 10の起動しない原因となります。 接続が問題なければ、ハードウェアの問題である可能性が高いのです。交換したり、修理を依頼したりする必要があります。

モニタの電源とスイッチ
目次に戻る

チェック項目2:ハードウェアに問題あるか?

コンピュータの必要なハードウェアに問題があります。この時BIOSがセルフテストを実行すると、警告の鳴りが出てきます。各種のリズムで表れられた音により、ハードウェアの問題を表しています。

  • 長音の繰り返し:メモリの挿し方が悪く緩んでいるかメモリが破損していた可能性があります。
  • (長音×1、短音×2)の繰り返し:ディスクプレイまたはビデオカードが正しく接続されていない、破損してた可能性があります。

メモリ、モニタ、ビデオカード接触不良の場合

モニタまたはビデオカード、この2つのハードウェア障害は、Windows 10起動しない黒い画面の原因には相当の割合を占めています。

まず、メモリが緩んでいるか、接点が良好か、ディスプレイとビデオスカードの接触が良いか、ビデオカードとマザーボードI / Oスロットの接触が良いかなどを確認します。

必要に応じて、一度取り外して取り付けなおしてください。

メモリモジュール3つ

メモリ、モニタ、ビデオカード故障の場合

接触不良の問題じゃないなら、メモリやモニタ、ビデオカードなどが故障した可能性があります。一つずつ交換して試し、どのパーツの故障か確認できます。

グラフィックスカード
目次に戻る

チェック項目3:バッテリー充電不足・劣化?(ノートパソコンの場合)

ノートパソコンを使用している場合は、一度バッテリーの充電を確認し、問題なければ、バッテリーを取り外し、プリンター、スピーカーなど外付けの周辺機器を取り外し、ACアダプターのみを接続して、パソコンを起動させてみましょう。

ノートパソコンのバッテリー

目次に戻る

症状2:Windows10起動時に黒い画面で、カーソルは表示される

チェック項目1:周辺機器

コンピュータがUSBなどのデバイスから起動するように設定されているため、外部デバイスでWindows 10の起動時に黒画面になることがあります。すべてのUSB / SDカードインタフェースをチェックし、周辺装置(特にUSBメモリなどのデバイス)を取り外して、再起動ください。

周辺機器

目次に戻る

チェック項目2:ハードディスクMBR / PBRが壊れている

OSを実行するときは、MBRによってブートパーティションが検索され、そのパーティション内のPBR(ブートストラップローダ)によってOSがロード・実行する仕組みになっています。MBR、またPBRが破損した場合、パソコンが黒い画面になり、画面の左上でカーソルが点滅する可能性はあります。

黒い画面にカーソルだけが表示さる

ハードドライブのMBR / PBRが破損している状態には、修復ディスク、リカバリーディスク、Windows REまたはサードパーティのブートディスクを使用して修復する必要があります。

解決策1:

Windows 10修復用のディスクがない場合、インストールディスクを作成し、インストールディスクからWindows REを実行します。今から作成することもできます。USBメモリで作成することをお勧めします。

1.公式サイトからWindows 10 Media Creationというツールをダウンロードします。 (別のコンピュータで操作する)

www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

2.ダウンロード後、ダブルクリックして開き、「同意する」 をクリックします。

win10適用される通知とライセンス条項

3. 「別のPCのインストールメディア(Uフラッシュドライブ、DVDまたはISOファイル)」をクリックします。

別のPCのインストールメディア(Uフラッシュドライブ、DVDまたはISOファイル)を選択する

4.使用するメディアを選択するときは、「USBフラッシュドライブ」を選択します。(8 GB 以上の空き領域が必要)

USBフラッシュドライブを選択する

5、ダウンロードの完了を待ちます。

win10をダウンロードしています

6、次に、USBフラッシュドライブを目標コンピュータに接続しUSBフラッシュドライブから起動させます(BIOS設定に入り、ブート順番にUSBメモリを一位に変更します。CD/DVDから起動する場合、CD-ROM Driveを一位に変更します)。

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

7Windows 10のインストールインターフェイスが表示されます。インストールソフトウェアの左下にある「コンピュータを修復」をクリックして、Windows REを起動します。

windows10コンピューターを修復するを選択する

8、Windows REに入ったら、「トラブルシューティング」をクリックします。

「トラブルシューティング」をクリックします

9、「トラブルシューティング」の「詳細オプション」を選択し、「コマンドプロンプト」をクリックします。

「コマンドプロンプト」をクリックします

10、表示された画面に修復するためのコマンド “BOOTREC /FIXMBR”と “BOOTREC /FIXBOOT”を入力します。修復が完了したら、コンピュータを終了して再起動します。

BOOTREC修復

BOOTREC /FIXMBR は、MBRのみを修復します、MBRのパーティション情報を修正しません。 BOOTREC /FIXBOOT は、PBR(パーティションの先頭にあるブート情報)を修復します。

解決策2:

サードパーティのブートディスクを使用してMBRとDBRを修復したい場合、Renee Passnowソフトウェア製品をお勧めします。このツールに無料でMBRの修復機能が含まれています。
1.別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

2.USB / CD(容量200MB以上)を挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。

起動ディスク作成

3.修復したいコンピューターにUSB / CDを挿入します。

挿入したUSBメモリー

4.コンピュータを起動し、ホットキーを長押ししてBIOS設定を入力し、ブートシーケンスをCD-ROMドライブに調整し、このBIOS設定を保存してコンピュータを再起動します。

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

5. USBフラッシュドライブまたはCDから正常に起動したら、言語を選択し、インターフェースで「Windows回復」ボタンを選択し、「実行」をクリックします。

レスキューにwindows恢復という機能

6. “Repair CHS parameters in MBR”ボタンを選択し、ハードドライブを選択して “Fix MBR”をクリックします。MBR修復が成功したら、コンピュータを再起動します。

MBR修復機能

Fix MBR

ちなみに、Renee Passnowは、ハードディスク複製、ハードドライブのスキャン、ハードドライブの消し、データのバックアップ、データ復旧、Windowsパスワード回復などの機能も提供しております。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...