author avatar
  サポートマネージャー  

概要

BCDEditは、ブート構成データ(BCD)を管理するためのコマンドラインツールです。 その機能は何ですか?また使い方は?次にはWindows 10でBCDEditコマンドを実行する方法を紹介します。



windows10使用中

BCDEditとは

BCDEditとは、ブート構成データ (BCD) を管理するためのコマンド ライン ツールです。BCDEdit を使って BCD を変更するには、管理者権限が必要です。
BCDEdit

BCDEdit のコマンド一覧

/createstore新しい空のブート構成データ ストアを作成します。作成されたストアは、システム ストアではありません。
 /exportシステム ストアの内容をファイルにエクスポートします。後でこのファイルを使って、システム ストアの状態を復元することができます。このコマンドは、システム ストアに対してのみ有効です。
 /import/export オプションを使って事前に生成したバックアップ データ ファイルを利用して、システム ストアの状態を復元します。
/copy同じシステム ストア内の指定されたブート エントリのコピーを作成します。
/createブート構成データ ストア内に新しいエントリを作成します。
/setエントリ オプションの値を設定します。
/delete指定されたエントリから要素を削除します。
BCDEdit /defaultタイムアウトとなった場合に、ブート マネージャーで選ばれる既定のエントリを指定します。
/displayorderブート オプションをユーザーに表示する場合にブート マネージャーで使われる表示順序を指定します。
/timeoutブート マネージャで既定のエントリが選ばれるまでの待機時間を秒単位で指定します。

Windows 10でBCDEditのコマンドを実行するには

Windows10でBCDEditコマンドを実行するには、管理者アカウントが必要あります。管理者アカウントを持っていない場合は、次の方法でWindows10で作成してください。

Renee Passnowで管理者アカウントを追加

Windows正常起動の場合

1) 検索ボックスに「cmd」と入力し、「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

[コマンドプ ロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します

2) コマンドプロンプト画面で、BCDEditのコマンド入力して、「Enter」キー押しで実行します。コマンドは正常に終了だったら、コマンドプロンプトウィンドウを閉めます。

コマンドプロンプト画面

Windows 起動異常の場合

1)  Windows 10 Media Creationをダウンロードし、Windowsインストールメディアを作成します(方法はここをクリックしてください)。作り上げたWindowsインストールメディアをコンピューターに接続します。

USBメモリ/DVD/CDを挿入します
2) コンピューターを起動して、BIOS設定に入ります。ブート順番にUSBメモリを一位に変更し、再起動します。(CD/DVDから起動する場合、CD-ROM Driveを一位に変更します)

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。
3) 修復用のディスクから起動したら、インストールインターフェイスの左下にある「コンピュータを修復」をクリックして、Windows REを起動します。
windows10ダウンロード中コンピューターを修復する
4)「トラブルシューティング」>>「詳細オプション」>>「コマンドプロンプト」を選びます。
コマンドプロンプト
5) コマンドプロンプト画面で、BCDEditのコマンド入力して、「Enter」キー押しで実行します。コマンドは正常に終了だったら、コマンドプロンプトウィンドウを閉めます。

BCDEditコマンドプロンプトで、Windowsブートマネージャーを起動する

1) コマンドプロンプト画面を開き(開き方法)、順番に次のコマンドを入力します。

  • 「bcdedit /set {bootmgr} displaybootmenu yes」
  • 「bcdedit /set {bootmgr} timeout 30」

コマンドプロンプトを利用してWindows Boot Managerを起動

2) 毎回入力したら「Enter」キーを押し、Windowsブートマネージャーが起動されます。

Windowsブートマネージャーの起動を禁止したい場合は、コマンド「bcdedit /set {bootmgr} timeout 0」を実行してください。

BCDEditコマンドプロンプトで、マルチブート/デュアルブート時のOSを追加する

Windows 7/10のブートマネージャーにWindows XPを追加する方法は、以下のように参照してください。
1) コマンドプロンプト画面を開き(開き方法)、順番に次のコマンドを入力し、毎回入力したら「Enter」キーを押します。

Bcdedit /create {ntldr} /d “Windows XP”
Bcdedit /set {ntldr} device partition=C:
Bcdedit /set {ntldr} path ntldr
Bcdedit /displayorder {ntldr} -addlast
Bcdedit /set {ntldr} description “Windows XP”

2) コマンド実行成功なら、Windows XPというOSアイテムがブート画面に表示されます。

Renee Passnowで管理者アカウントを追加する

①別のコンピューターにソフトウェアをダウンロードしてインストールします。
Renee PassNow - 安全・初心者向けのシステムレスキューソフトシステムレスキューソフトRenee PassNow

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、管理者アカウント作成、データ抹消など複数の実用的な機能が搭載。

汎用性高いノートPC、デスクトップ、Surface対応。NEC,Dell,富士通,東芝,Lenovo,SONY,ASUS,Acer,IBM, パナソニック対応

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP (32bit/64bit) で実行可能。

操作簡単 日本語インタフェースがあり、分かりやすく、サポートも提供。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、管理者作成、データ抹消。

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

Tips:ソフトをインストール後、インターフェースからISOファイルをダウンロードする必要があります。

ソフトを実行し、ISOファイルのタイプを選択します。新しい機種は、×64を選択し、古い機種は×86を選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックし、ISOファイルをダウンロードします。

ISOファイルダウンロード

②USB / CDを挿入して、「USBを作成」または「CDを作成」を選択し、作成が完了するまで待ちます。 次に、データ転送したいのコンピューターにUSB / CDを接続します。

起動ディスク作成

③ 再起動してBIOSに入る、BIOSでUSBやDVDを第一起動順位に設定し、設定を保存し終了します。

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

④ Renee PassNowが読み込まれるのを待って、PassNowツールを選択します。

Passnow

⑤ 目標システムを選択し、「アカウントを作成」をクリックします。

アカウントを作成

⑥ 名前が「Renee」、パスワードが「123456789」の管理者アカウントが作成されます。

管理者アカウント作成

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...