author avatar
  テストマネージャー  

概要

コンピュータが起動する時、画面に突然エラーコード0xc0000428が表示され、Windowsシステムが正常に起動しない状況があります。 この記事は、エラーコード0xc0000428の原因と解決策を紹介します。


一、0xc0000428とは?

コンピュータがエラーコード0xc0000428で起動できない場合、通常次のエラーメッセージが画面に表示されます。

ファイルのデジタル署名を検証できなかったため、オペレーティングシステムをロードできませんでした。

ファイル:\ Windows \ System32 \ winload.exe

エラーコード:0xc0000428

Windowsの起動時にエラーコード0xc0000428が表示されるのは通常、システムのアップグレード後または新しいシステムのインストール後にBOOTMGRが更新されないことが原因です。 さらに、Windowsに新しいソフトウェアまたはハードウェアをインストールした後、それがWindowsによって認識されて署名されていない場合も、エラーコード0xc0000428が表示されます。 ほとんどの場合、エラーコード0xc0000428は、ドライバー署名強制を無効にするかブートの問題を修正することで、すぐに修正できます。

0xc0000428エラー

二、エラーコード0xc0000428が出る原因

原因1:BOOTMGRファイルの不具合

Windowsの古いバージョンから新しいバージョンのWindowsシステムに更新する時、BOOTMGRファイルが更新されない場合と、ブートエラーが発生し、エラーコード0xc0000428が発生することがあります。 さらに、一部のユーザーは、デュアルシステムをインストールしたが、新しいシステムから起動することはできず、なおエラーコード0xc0000428の問題が発生しました。 これは、デュアルブートモードを設定した後、起動時に古いバージョンのBOOTMGRがまだ使用されているか、新しいシステムにブートレコードがないために新しいシステムが起動しないためです。

原因2:署名されていないドライバをインストールした

ハードウェアまたはソフトウェアが最近変更され、署名に失敗したドライバがインストールされ、Windowsがそれを認識しなかったことが原因で、エラーコード0xc0000428が発生した可能性もあります。ドライバは、Microsoft認定とデジタル署名が必要です。

エラーコード0xc0000428が発生した場合は、次の3つの解決策を参照して解決することをお勧めします。

三、エラーコード0xc0000428の修復方法

方法1:手動でBOOTMGRを更新する

① Windows用のISOファイルをダウンロードしてインストールし、空のUSBメモリにこのファイルを保存します。
② USBメモリをコンピュータに接続し、BIOS画面に入り、起動順序にUSBメモリを一番に変更します。

BIOS画面を呼び出す方法

ブート順序を変更
③ 起動に成功したら、「コンピューターを修復する」をクリックしてWindowsの修復環境に入ります。
コンピューターを修復する
④ 「トラブルシューティング」-「詳細オプション」-「コマンドプロンプト」をクリックします。
詳細オプションにコマンドプロンプト
⑤ コマンドプロンプトで、「bcdboot d:\ windows / s c:」と入力してEnterキーを押します。
  • d:\ windows」は、Windowsシステムのルートディレクトリの場所です。 システムがインストールされているディスクを確認し、対応するドライブ名とディレクトリを入力してください。
  • c:」はブートパーティションを表します。実際の状況に応じて正しいドライブ文字を入力してください。
コマンドプロンプトで、「bcdboot d:\ windows / s c:」と入力

方法2:ドライバー署名の強制を無効にする

① Windows用のISOファイルをダウンロードしてインストールし、空のUSBメモリにこのファイルを保存します。
② USBメモリをコンピュータに接続し、BIOS画面に入り、起動順序にUSBメモリを一番に変更します。

BIOS画面を呼び出す方法

ブート順序を変更
③ 起動に成功したら、「コンピューターを修復する」をクリックしてWindowsの修復環境に入ります。
コンピューターを修復する
④ 「トラブルシューティング」-「詳細オプション」-「スタートアップ設定」をクリックします。「再起動」ボタンをクリックします。
スタートアップ設定の再起動をクリックする
⑤ 「7)ドライバー署名の強制を無効にする」をクリックします。
ドライバー署名の強制を無効にする

方法3:修復環境に入ってスタートアップ修復を行う

① Windows用のISOファイルをダウンロードしてインストールし、空のUSBメモリにこのファイルを保存します。
② USBメモリをコンピュータに接続し、BIOS画面に入り、起動順序にUSBメモリを一番に変更します。

BIOS画面を呼び出す方法

ブート順序を変更
③ 起動に成功したら、「コンピューターを修復する」をクリックしてWindowsの修復環境に入ります。
コンピューターを修復する
④ 「トラブルシューティング」-「詳細オプション」-「スタートアップ修復」をクリックします。
スタートアップ修復
⑤ 修復が完了したら、コンピュータを再起動してください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...