author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows7を起動し、「User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。 ユーザー プロファイルを読み込めません。」というエラーメッセージが表示され、ログインできないとき、どうしたらいいでしょう?この記事は原因と解決策を紹介します。Windows7を起動し、「User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。 ユーザー プロファイルを読み込めません。」というエラーメッセージが表示され、ログインできないとき、どうしたらいいでしょう?この記事はエラー原因と解決策を紹介します。


一、user profile service サービスによるログオンの処理に失敗しましたエラーが出る原因

ユーザプロファイル(user profile)は、ユーザが最初にサインインしたときに作成され、特定のユーザーに関する情報がまとまっているものです。ユーザーのデスクトップや個人設定、レジストリの設定、OSやアプリケーションソフトの設定情報が保存されます。1台のパソコンに複数のユーザーアカウントがある場合、ユーザーアカウントごとに個別のプロファイルを持っています。ユーザプロファイルがなくなると、ログオンできなくなります。

Windows 7をログオンするとき、エラーメッセージ「user profile service サービスによるログオンの処理に失敗しました。 ユーザープロファイルを読み込めません。」が表示されます。 このような状況は、通常、ユーザプロファイルが破損した、またはシステムディスクのユーザを記録したファイルまたはフォルダが失われた

User Profile Service サービスによるサインインの処理に失敗しました。ユーザープロファイルを読み込めません
Windows 7がユーザプロファイルを読み込めない問題を解決することは困難ではありません。この問題を解決するには、次の3つの方法を参照してください。

二、user profile service サービスによるログオンの処理に失敗しましたエラーの解決策

解決策1:管理者アカウントAdministratorを作成する

ユーザーアカウントが1つしかないが、残念ながらユーザプロファイルを読み込めないという問題が発生した場合は、Windowsにアクセスすることはできません。 また、複数のユーザーアカウントがあるが、管理者アカウントに問題があります。 通常のアカウントを使用してWindowsに入ることはできますが、そのアカウントには管理者権限がないため、使用する際には様々な制限があります。 したがって、新しい管理者アカウントを持つことが重要です。
サードパーティ製のレスキューツールRenee Passnowをすすめます。 Windowsが正常に起動しない場合、またはWindowsにアクセスできない場合は、ソフトウェアを使用して管理者アカウントを作成し、Windows 7に簡単にアクセスできます。

ステップ1:Renee PassNowを無料ダウンロードして、PCにインストールします。

無料体験版をダウンロード

注意:パスワード忘れたPCがログインできないので、そこにインストールできません。他の正常に利用出来るPCにソフトをインストールしてください。

ステップ2:起動ディスク(USBメモリまたはCD)を作成します。
USBメモリまたはCD/DVD(容量200MB以上)をパソコンに挿入し、作成方法にチェックを入れ、「USBを作成」/「CDを作成」ボタンをクリックし、起動ディスクを作成します。

パスワードリセットディスク作成

ステップ3:PCを起動ディスクから起動するため、BIOSの設定を行います。

1、まず、起動ディスク(USBメモリまたはCD/DVD)をPCに挿入します。

起動ディスクを挿入します

2、PCのBIOS画面に入ります。
電源を入れたらすぐに「F2」キーを押すと、BIOS画面になります。 ただし、パソコンによって押すボタンが違うので、Windowsが起動してしまう場合は、色々なボタンを押して試してみてください。もしくは次の方法を参照して下さい。

BIOS画面に入る方法

BIOS画面が表示されます。「Boot」のような項目があるので、選択してEnterキーを押します。 「CD-ROM Dirve」/「USB」/「Removable Device」のような記述があると思うので、その項目を一番目に来るように設定します。
CD/DVDから起動する場合、「CD-ROM Dirve」項目を一番目にします。
USBメモリから起動する場合、「USB」/「Removable Device」のような項目を一番目にします。起動順番を設定したら、設定を保存し、終了します。

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

ステップ4:起動ディスクから起動したら、「PassNow」を選択します。Renee PassNowメニュー

ステップ5:「アカウントを作成」ボタンをクリックして、新しいアカウントを作成して、それでログオンできます。
管理者アカウント名は「Renee」、パスワードは「123456789」。

管理者アカウントを新規作成

解決策2:失ったファイルを復元する

システムディスクのusersディレクトリにあるファイルやフォルダが誤って失われたり削除されたりした場合、ユーザーアカウントに重要な設定ファイルがないため、このアカウントを使用してWindowsにアクセスすることはできません。 この場合、システムレスキューツールRneee Passnowを使用して、データ復元機能Undeleterを使用して失われたファイルを取り出すこともできます。
無料体験版をダウンロード
次の手順でアクセスできないパソコンからデータ復元可能です。
1、上のステップ1~3に従い、データ復元機能Undeleterを選択します。

データ復元機能(Renee Undeleter)

2、Undeleterのメインメニューで、「クイックパーテイションスキャン」を選択します。

クイックパーテイションスキャン

3、スキャン対象を選択して、「次へ」をクリックします。

スキャン先を選択する

4、スキャンモードを選びます。「ファーストスキャン」は高速に復元可能が、「ディープスキャン」はもっと古いファイルを復元できます。

スキャンタイプを指定する

5、スキャンが終わから、ファイルをプレビューすることができます。復元したいファイルをクリックして、「復元」ボタンをクリックしてください。

復元データをプレビュー

解決策3:レジストリエディターでユーザプロファイルを修復する

ユーザープロファイルに問題がある場合、セーフモードからレジストリエディタで修正することもできます。 しかし、この方法は面倒で複雑なので注意してください。
① コンピュータを起動し、「F8」キーを連打して「詳細ブートオプション」に入ります。 次に、「セーフモード」を選択し、「Enter」を押します。
詳細ブートオプションのセーフモード
② セーフモードに入ったら、「Win」キー+「R」キーを同時に押して、「regedit」と入力して「Enter」キーを押します。
regeditコマンド
③ レジストリエディターで、HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ ProfileList ルートを開き、頭文字はS-1-5、長い数字のフォルダーが見つかります。
④ すべてのS-1-5フォルダーをクリックし、「ProfileImagePath」項目をダブルクリックしてターゲットユーザのプロファイルを確認してください。
レジストリで確認
⑤ S-1-5で始まり、その後に長い数字が続くフォルダを確認します。
  • S-1-5 で始まり、その後に長い数字が続き、それらのうちのいずれかが.bak で終わるフォルダーが 2 つある場合は、.bak フォルダーの名前を変更する必要があります。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. .bak の付いていないフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 「.ba」と入力し、Enter キーを押します。

      「.ba」と入力し、Enter キーを押します

    2. 名前に .bak が付いているフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 フォルダー名の末尾の .bak を削除し、Enter キーを押します。

      フォルダー名の末尾の .bak を削除し、Enter キーを押します

    3. 名前に .ba が付いているフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 フォルダー名の末尾の .ba を .bak に変更し、Enter キーを押します。

      フォルダー名の末尾の .ba を .bak に変更し、Enter キーを押します

  • S-1-5 で始まり、その後に長い数が続き、.bak で終わるフォルダーが 1 つだけある場合は、 そのフォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。 フォルダー名の末尾の .bak を削除し、Enter キーを押します。
⑥ 詳細ウィンドウで .bak の付いていないフォルダーをクリックし、RefCount をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします。

RefCount をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします

詳細ウィンドウで .bak の付いていないフォルダーをクリックし、State をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします。

State をダブルクリックして、「0」と入力し、[OK] をクリックします

⑦ レジストリエディターを終了して再起動し、ログオンできるか確認します。

もしこの方法でユーザプロファイルを修復できない場合、管理者アカウント Administrator を作成する方法を利用してください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...