author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windowsコンピューターを起動すると、ブルースクリーンが表示され、エラーコード0xc000000eが表示されることがよくあります。この記事は、エラーコード0xc000000eの原因と対策を紹介します。



一、エラーコード0xc000000eについて

Windowsコンピューターを起動しようとすると、ブルースクリーンになり、エラーコード0xc000000eが表示されます。 これは通常、コンピューターのブート構成データが破損していることを意味します。 エラーコード0xc000000e画面には、次の2つのものが表示される場合があります。

1.要求されたデバイスが接続されていないか、デバイスにアクセスできません。

エラーコード:0xc000000e

0xc000000eエラーコード

2、必要なファイルが見つからないか、ファイルにエラーがあるため、アプリケーションシステムをロードできませんでした。

エラーコード:0xc000000e

エラーコード0xc000000e

上記の0xc000000e問題にして、その発生理由と詳細な解決策を以下に説明します。

おすすめ - ADsRenee PassNow - PC起動しない時のデータ救出 システムレスキューソフトRenee PassNow

操作簡単 簡単な操作で任意ファイルを救出。

データ移行 Windowsが起動しなくても簡単にデータ移行。

データプレビュー データ救出する前に、ファイルプレビュー可能。

多機能 Windows起動せずに、パスワード削除、データ移行、データ復旧、データ抹可能。

互換性 Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP対応。

操作簡単 初心者も自力でデータ救出可能。

多機能 パスワード削除、データ移行、データ復旧可能。

データプレビュー 救出する前に、ファイルプレビュー可能。

無料体験無料体験 88625名のユーザー様に体験をしていただきました!

二、エラーコード0xc000000e発生の原因

エラーコード0xc000000eの理由は、次の1つまたは複数の理由による可能性があります。

  • 原因1:BCDが無効
    BCDは、Windowsの重要なスタートアップ構成ファイルであり、Windowsコンピューターの起動はブート構成ファイルによって行われます。 0xc000000eエラーの最も一般的な原因は、通常、BCDの無効、破損、または構成の誤りです。 BCD障害の原因は、ディスク書き込みエラー、停電、ブートセクタがウイルスに感染しているなどです。
  • 原因2:HDDケーブルに障害がある
    ハードディスクのケーブルは時間の経過とともに徐々に老朽化するため、一定の使用期間を過ぎると、読み取りエラーと書き込みエラーが発生する可能性があり、Windowsコンピューターが起動時にロードに失敗する可能性があります。
  • 原因3:BIOSの構成が正しくないユーザーが最近BIOS設定を変更した場合、新しい設定がハードドライブと互換性がない可能性があります。特にレガシーBIOSブートモードとUEFIブートモードの設定に注意してください。レガシーBIOSブートモードを使用してオペレーティングシステムがインストールされている場合、オペレーティングシステムはレガシーBIOSブートモードモードでのみブートできるため、変更を行うときは注意してください。

    別の可能性としては、SATAコントローラーがBIOSで誤った動作モードを選択した可能性があります。SATA制御には、IDE、AHCI、RAIDの3つの主要な動作モードがあります。間違ったモードを選択すると、コンピューターは正常に起動しません。

  • 原因4:ドライバーに互換性がない
    新しいドライバーがコンピューターにインストールされている場合、現在のオペレーティングシステムまたはハードウェアと互換性のない問題が発生する可能性があります。

三、エラーコード0xc000000eの対策法

ブルースクリーン0xc000000eを修復するのは難しくありませんが、次の4つの方法で解決できます。

注意:修復を開始する前に、Windowsインストールメディア(インストールCDまたはUSB)を準備する必要があります。

方法一:ハードディスクケーブルの接続を確認する

修復を開始する前に、ハードディスクのケーブルに問題がないか確認する必要があります。すべてのハードドライブケーブルを取り外し、ケーブルを再挿入または交換し、最後にコンピューターを再起動することをお勧めします。

方法二:BIOS設定を変更する

この問題が発生する前にBIOSセットアップでSATAディスクコントローラーモードを変更した場合は、元の設定に変更してみてください。

次の手順に従ってください。

① コンピューターを再起動し、キーボードのショートカットに従ってBIOSメニューを開きます。 コンピューターによっては、ショートカットキーも異なります。Esc、Del、F2、F8、F10、F12などの可能性もあります。

BIOS画面を呼び出す方法

②  BIOSでハードディスクコントローラーモード設定オプションを見つけます(SATA、IDE、AHCIなどの設定オプションを探します)。

たとえば、コンピューターの起動時にF1キーを押してBIOSに入り、次に示すように、[デバイス]> [ATAドライブセットアップ]> [SATAの構成]> [AHCI]を選択し、最後にF10を押してBIOSを保存して終了します。

SATAモード

③ コンピューターが正常に起動するまで、これらの3つのモードの切り替えを試みます。コンピューターが正常に起動しない場合は、以下の解決策を試すことができます。

方法三:Windowsの自動修復機能を利用する

Windows自動修復機能の操作方法:

① Windowsインストールディスクをコンピューターに接続し、コンピューターを起動してBIOS設定を入力し、CD-ROM Driveを起動順の一番に変更します。

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

② 起動に成功したら、「コンピューターを修復する」をクリックしてWindowsの修復環境に入ります。

コンピューターを修復する

③「トラブルシューティング」-「詳細オプション」-「スタートアップ修復」をクリックします。

スタートアップ修復

修復が完了したら、コンピュータを再起動してください。修復後もまだ正常に起動しない場合は、bootrecコマンドを使用してBCDを再構築してください。

方法四:BCDを再構築する

通常、ブートエラーは破損したBCDが原因で発生するため、このような問題が発生した場合は、BCDを再構築してみてください。

BCDを再構築する手順:

① Windowsインストールディスクをコンピューターに接続し、コンピューターを起動してBIOS設定を入力し、CD-ROM Driveを起動順の一番に変更します。

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

② 起動に成功したら、「コンピューターを修復する」をクリックしてWindowsの修復環境に入ります。

コンピューターを修復する

③ 修復環境で「トラブルシューティング」-「詳細オプション」-「コマンドプロンプト/スタートアップ修復」を選びます。

コマンドプロンプト 

④ コマンドプロンプトで次のコマンドを入力します。1つずつコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。BCDを修復し再構築します。

  • bootrec /fixmbr
  • bootrec /fixboot
  • bootrec /rebuildbcd

ブート修復

四、Windows機動できない時のデータ移行方法

上記の方法を試してもシステムにアクセスできない場合は、システムを再インストールして問題を解決する必要があります。 ただし、システムディスク上のデータは失われます。システムを起動できない場合は、先にRenee PassNowを使用して重要なファイルを転送することをお勧めします。

Windows版無料ダウンロード

1.Renee PassNowをダウンロードし、パソコンにUSBメモリまたはDVDディスクを挿入して、「レスキューディスクを作成」をクリックします。

パスワードリセットディスク作成

2.再起動してBIOSに入る、BIOSでUSBやDVDを第一起動項目に設定します。

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

3.再び再起動、Renee PassNowが読み込まれるのを待って、Data Transfer機能を選択します。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

4.Data Transferを通して、故障システムから大事なデータを転送することができます。

PC起動しないデータ移行手順

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...