author avatar
  サポートマネージャー  

概要

Windows 10を使用する場合、システム破損やシステムの最適化などの特別な理由でUSBから起動する必要がある場合があります。ただし、Windows 10をUSBから起動しない時がありますが、その理由は何ですか? それに対処する良い方法はありますか? この記事はその原因と対策を紹介します。



USBからWindows10を起動しない原因
一般的に、物理的なハードウェア障害に加えて、Windows 10がUSBから起動できない理由は、正しいスタートアップ項目が設定されていことです。 BIOSで簡単なセットアップを行うだけで、Windows 10システムをUSBから起動できます。
BIOSでWindows10をUSBから起動するように設定する方法
1. USBメモリをPCに挿入し、電源を入れたらすぐに「F2」キーを押し、BIOS画面に入ります。

※パソコンメーカーによって押すボタンが異なります。取扱書を参照してください。もしくは、こちらを参照してください。(BIOS画面に入る方法

2.Windows 10にはクイックスタート機能がありますが、このクイックスタート方法では、コンピューターをUSB経由で起動できません。 USBを使用して起動するには、BIOSに入ってから「Boot」を選択し、「Launch CSM」で有効にします。

BIOSのLaunch CSMをEnableに設定

3.BIOSを再起動し、「BOOT」タブでオプションを見つけて、USBメモリを起動順の一番に設定します。 保存して終了すると、次にコンピューターを起動するときにUSBからコンピューターを起動できます。

USBを起動順の一番にする

ほとんどの場合、USBからWindows 10を起動する目的は、システムを修復して再インストールすることですが、USBディスクを使用して問題のあるWindows 10コンピューターを修復するにはどうすればよいですか? 次に詳しく紹介します。

Renee PassNowでファイルを救出する
コンピューターが正常に起動できない場合は、USBインストールディスクを使用してシステムの再インストールと修復操作を実行する必要があります。これにより、システム起動できない問題を解決できます。 ただし、システムディスクに保存されていない貴重なデータは失われる可能性があります。システム修復・再インストールする前にコンピューターのデータを救出する場合は、Renee PassNowのデータ転送機能を使用して、貴重なデータを救出することをお勧めします。
Renee PassNow - 安全・初心者向けのシステムレスキューソフトシステムレスキューソフトRenee PassNow

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、HDDクローン、データ抹消など複数の実用的な機能が搭載。

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。例:NEC、Dell、富士通、東芝、Lenovo、SONY、ASUS、Acer、IBM、パナソニック等

動作環境 Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista and XP (32bit/64bit) で実行可能。

操作簡単 日本語インタフェースがあり、分かりやすく、サポートも提供。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

多機能 パスワードリセット、データ移行、データ復旧、HDDク...

汎用性高い ノートパソコンもデスクトップも対応。

無料体験可能 無料体験版で問題解決できるか確認可能。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.正常稼働のPCにRenee PassNowプロ版をダウンロード・インストールします。

2.USBメモリまたはDVD/CDをPCに挿入します、ソフトを起動します。

USBメモリ/DVD/CDを挿入します

3.「USBを作成」または「CDを作成」ボタンをクリックし、起動ディスクを作成します。

Renee Passnowで起動USB/CDを作成

4.起動ディスクをPCに挿入します。電源を入れたらすぐに「F2」キーを押し、BIOS画面に入ります。

※パソコンメーカーによって押すボタンが異なります。取扱書を参照してください。もしくは、こちらを参照してください。(BIOS画面に入る方法

F2キーを押、BIOS画面を呼び出す

5.BIOS画面に入り、「Boot」または「起動デバイス」のタブで、「CD-ROM Dirve」/「USB」/「Removable Device」のような項目があります。起動ディスクを一番上に設定してください。

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。

※UEFI等の記述があったら、それはUEFI環境です。UEFI環境は従来のBIOS環境と少し異なるため、起動順番の設定方法も違います。 UEFI環境PCで起動ディスク(USB/CD/DVD)から起動する方法

6.起動順番を設定したら、設定を保存し、終了します。外付けHDDなどの外付け記憶装置をPCに接続します。

設定を保存し、終了します。

7.WinPE起動ディスクからPCを起動させ、「Data Transfer」機能を選択し、「実行」ボタンをクリックします。

データ移行機能(Renee Data Transfer)

8.データ移行機能の画面が表示され、データ移行を行います。

  1. データ保存元を選択します。
  2. データ移行先を選択します。
  3. 移行したいデータを選択し、クリックしたまま移行先へ移動します。

PC起動しないデータ移行手順

Windows10のUSBインストールディスクでシステムを修復する
マイクロソフト公式サイトにはWindows 10メディア作成ツールの公式修復ツールがあります。このツールを使用すると、Windows 10 USB修復/インストールディスクを作成できます。システムに問題がある場合、このインストールディスクを使用していつでもシステムを修復または再インストールできます。

ウェブサイトを開き、「ツールを今すぐダウンロード」をクリックしてメディア作成ツール「MediaCreationTool.exe」をダウンロードします。

メディア作成ツールをダウンロード

注意:Windows 10インストールUSBを作成する前に、USBメモリの容量は少なくとも8GBが必要です。作成する間に、すべてのデータが削除されるため、データのない空きUSBメモリを使うことをお勧めします。準備が整ったら、USBをコンピュータに接続して、作成を始めます。

1.ライセンス条項を読んで、「同意する」をクリックします。

インストールディスク-1

2.イストール用メディアを作成する場合は、[別のPCのインストールメディアを作成する]を選んで先へ進める。

インストールディスク-2

3.ここではWindows 10の言語やエディション、アーキテクチャを選択する。デフォルトでは[この PC におすすめのオプションを使う]にチェックが入っていて、ツールを実行しているPCに合わせて自動的に「言語」や「エディション」が選択される。多数のPCにインストールする予定があるなら、このチェックを外し、「アーキテクチャ」を[両方]にするとよいが、今のコンピュータが代替xx64のアーキテクチャを使用しています。

インストールディスク-3

4.Windows 10のイメージの作成先を選んで、USBメモリを作成する場合から、「USBフラッシュドライブ」を選択します。それに、USBメモリの容量は8GB以上が必要です。(最大容量を指し、空き容量ではありません)

インストールディスク-4

5.あらかじめ接続したUSBメモリを選択します。(この過程に、USBメモリのデータがすべて削除されて、ファイルシステムもFAT32に変わるので、必要があれば、事前に中のデータをバックアップしてください。)

インストールディスク-5

6.次には、Windows 10のシステムイメージのダウンロードが始まります。ハードウェアとネットワーク環境によって、一定の時間がかかります。

インストールディスク-6

7.「USBフラッシュドライブの準備ができました」と提示したら、Windows 10インストールUSBの作成が完了です。

インストールディスク-7

8.PCにUSB修復ディスクを挿入し、BIOSで設定順を変更し、USBメモリから起動します。提示に従いコンピューターを修復または再インストールします。

コンピューターを修復する

まとめ
以上が、USBからWindows 10を起動できない理由とその対処方法です。一般に、USBから起動する問題は単純なBIOSセットアップでは解決できません。システム修復の問題が発生します、システム修復が必要な場合、データ紛失を防ぐため、先にRenee PassNowでファイルを救出してください。Windows 10の公式メディア作成ツールを使用すると、コンピューターを簡単に再インストール/修復できます。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...