author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

Windows 7のユーザーには、たぶんMicrosoft Security Essentialsがよく知られるでしょう。Microsoft Security Essentialsはマイクロソフトに開発された無料アンチウィルスソフトです。使いやすいし、メモリを多く占用しないので、ユーザーに好評を受けます。しかし、Microsoft Security Essentialsを使用するときに、0xC000000Dというエラーにって使用できないことがあって、さらにブルースクリーン故障を起こせます。ここからは、この問題に詳しい解決策を紹介します。


Microsoft Security Essentialsはマイクロソフトに開発された無料アンチウィルスソフトです。使いやすいし、メモリを多く占用しないので、ユーザーに好評を受けます。しかし、Microsoft Security Essentialsを使用するときに、0xC000000Dというエラーはよく発生します。次に0xC000000Dエラーが出た時の解決方法を5つ紹介します。
エラー提示

解决方法一、EppOobe.etlファイルを削除する

EppOobe.etlファイルはMicrosoft Security Essentialsを実行するときに自動的に作られたファイルです。多くのユーザーにとって、このファイルを削除するだけで問題を解決できます。Windowsのフォルダーを開き、「C:\ ProgramData \ Microsoft \ Microsoft Security Client \ Support」を開いて、中の「EppOobe.etl」を削除します。それからは再起動して、問題を解決するかどうかを確認します。ちなみに 「ProgramData」フォルダーはデフォルト隠れるので、このフォルダーが見つからないときに、「フォルダー オプション」で、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択します。
隠しファイル

解决方法二、sfc /scannowコマンドで修復する

sfc /scannowはよく使われるsfcコマンドです。このコマンドを使用すると、すぐ保護されたシステムファイルをスキャンして、問題を修復してみて始めます。Microsoft Security Essentialsが0xc000000dエラーを提示されるなら、このコマンドで修復を試してみてください。
1.「Windows」+「R」キーを押して、「cmd」と入力して、「Enter」キーを押します。
cmdコマンド
2.コマンドプロンプトで、「sfc /scannow」と入力し、「Enter」キーを押します。それで、システムスキャンが始まります、問題があれば、自動的に修復します。修復終了してから、再起動してください。
sfc scannowコマンド
注意:「sfc /scannow」コマンドの実行は管理者アカウントが必要なので、管理者権限がない場合、Windowsシステムレスキューソフト Renee PassNow を利用し、管理者権限アカウントを作成できます。

Renee PassNowで管理者アカウントを作成する

1.Renee PassNowをダウンロードしてインストールします。
Windows版無料ダウンロード
2.USBメモリまたはCDをパソコンに挿入します。Renee PassNowを開き、「USBを作成」/「CDを作成」ボタンをクリックし、起動ディスクを作成します。
USB/CDを作成します
3.起動ディスクをPCに挿入し、BIOS画面を呼び出します。起動ディスクから起動するように、USB/CDを一番上に設定します。

BIOS画面に入る方法

起動ディスクを起動順番の一番に設定します。
4.USB/CDから起動するようになり、次の画面が表示され、PassNow!機能を選択します。
Renee PassNowメニュー
5.システムを選択して、「アカウントを作成」をクリックし、管理者アカウントRENEE(パスワード:123456789)が作成されます。
管理者アカウントを新規作成

解決方法三、Microsoft Security EssentialsのOOBE設定を無効にする

一部の場合には、Microsoft Security EssentialsエラーがOOBE設定によって発生します。OOBE設定は直接にMicrosoft Security Essentialsのコア機能に関するわけではなく、ただ他のシステムサービスと絡みますので、無効にしてもMicrosoft Security Essentialsの運行に影響しない。次のようにOOBEを無効にします。
1.デスクトップの左下にある「スタート」メニューをクリックし、「コンピュータ」を右クリックして「管理」を選択します。 管理者権限が必要なので、管理者権限がない場合はここを参照してください。
2.コンピュータの管理(ローカル)>>システムツール>>パフォーマンス>>データコレクターセット>>スタートアップイベントトレースセッションを開きます。
oobe設定
3.Microsoft Security Client OOBEを右クリックして、「プロパティ」を選択します。プロパティ画面で、「トレースセッション」タップをクリックして、「有効」の選択肢をチェックしないで保存します。
oobe設定2
4.再起動してから、問題を修復かどうかを確認します。

解決方法四、プログラム互換性アシスタントサービスを無効にする

プログラム互換性アシスタントサービスとOOBE設定に合わせないことも、Microsoft Security Essentialsのエラーを起こせます。以下の手順に従って、この問題を効果的に解決できるはずです。
1.「Windows」+「R」キーを押して、「services.msc」と入力します。
service.msc
2.「Program Compatibility Assistant Service」をダブルクリックして。サービスの状態は「実行中」なら、「停止」をクリックしてください。
pca1
3.「スタートアップの種類」を「無効」にします。それから、Microsoft Security Essentials実行停止の問題が解決されるかどうかを確認します。
pca2

解決方法五、Microsoft Security Essentialsを完全にアンインストールする

もし以上の手順に従っても問題が解決されないなら、システムの安定性を保つために、Microsoft Security Essentialsを完全にアンインストールしてください。
1.管理者アカウントにサイインインして、「コントロールパネル」を開き、「プログラムのアンインストール」でMicrosoft Security Essentialsをアンインストールします。
完全にアンインストール
2.Microsoft Security Essentialsが残されたデータを消すために、「Windows」+「R」キーを押して、「regedit」と入力し、レジストリエディタを開きます。
regedit
3.下記のフォルダーを開きます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\WMI\Autologger
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\WMI\Autologger
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet002\Control\WMI\Autologger

これらのフォルダーで、すべてのレジストリ項目を右クリックして削除します。最後に、コンピュータを再起動します。

レジストリで削除

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...