author avatar
  テストマネージャー  

概要

この記事は、Windows Defenderを完全無効化する方法を詳しく紹介します。うち、再び有効にすることができる方法及びできない方法二つの方法があります。また、Windows エクスプローラーが頻繁に停止する問題を回避する方法と、エクスプローラー再起動したり閉じたりすることで失われたデータの復元方法も説明します。


Excelファイルにパスワードをかける

サードパーティ製のウイルス対策ソフトがインストールされていない場合、Windows 10は自動的に内蔵のWindows Defenderを有効にしています。Windows DefenderはWindowsの標準搭載のウイルス対策ソフトですが、ウイルス対策に強いとは言えません。そして、ウイルス対策ソフトの後発者のため、使用方法がユーザーの習慣に合わせず、さらに、ソフトの多くの自動操作がユーザーから嫌われています。例えば、ゲームをする時や大容量ファイルを開く時に、Windows Defenderのリアルタイム保護により、Windows Explorerまたは大容量ゲームが応答しないことはよくあります。その場合、プログラムの応答に非常に長い時間がかかります。

なお、他のウイルス対策ソフトをインストールしている場合は、Defenderと矛盾し、システムリソースを浪費する可能性があります。

従って、多くの人はWindows Defenderを無効にする考えを持っています。しかし、Windows Defenderの無効化はそれほど簡単ではありません。インターネット上の方法はほとんど役に立ちません。コントロールパネルでオフにしても、Windows Defenderがパソコンの再起動またはWindows 10の更新後に自動的にオンになります。

次には、Windows 10でWindows Defenderを完全無効化する2つの方法を紹介します。

方法1:グループポリシーでWindows Defenderを無効にする

この方法で、Windows Defenderを無効にした後に、必要に応じて再び有効にすることができます。

ステップ1:「WIN」キー + 「R」キーを同時に押し、「gpedit.msc」と入力します。

gpedit.mscを入力
Windows 10 Homeの場合は、まずローカルグループポリシーエディターのインストールファイルをダウロートしてください。解凍した後、「gpedit-enabler.bat」というファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

ダウンロード

ステップ2:「コンピュータの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「Windows Defender」をクリックします。

「コンピュータの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「Windows Defender」をクリックします

ステップ3:「Windows Defender をオフにする」を選択し、「ポリシー設定の編集」をクリックします。そして、「有効」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

「有効」にチェックを入れて「OK」をクリックします
これで、Windows Defenderが無効になります。それに、更新や再起動後に自動的に有効になりません。
Windows Defenderが無効になります

ヒント

Windows Defenderを使用したいが、エクスプローラーが頻繁に停止する問題を回避したい場合、次の方法を利用すると、エクスプローラーの動作が安定になります。

1.「PC」→「表示」→「オプション」をクリックします。

「PC」→「表示」→「オプション」をクリックします

2.「表示」にある「別のプロセスでフォルダーウィンドウを開く」にチェックを入れます。

「表示」にある「別のプロセスでフォルダーウィンドウを開く」にチャックを入れます
Renee Undeleter「エクスプローラーが動作を停止しました」のメッセージが表示され、エクスプローラーの停止が繰り返し、データが消えた場合、もしくは、「エクスプローラーは応答していません」が表示され、エクスプローラープログラムを再起動したり閉じたりすると、情報が失われる可能性がありますプロのデータ復元ソフト Renee Undeleter を利用すると、完全・高速にデータを復元できます。初心者向けの操作性と強力な復元能力は一番の特徴です。
目次に戻る

方法2:【再び有効に設定不可】スクリプトファイルでWindows Defenderを完全にアンインストールする

複数のアンチウィルスソフトを入れると、それらは競合し、パソコンを保護どころか、不具合を起こす可能性が非常に高くなります。他のアンチウィルスソフトと矛盾することを回避するために、Windows Defenderを完全にアンインストールし、関連サービスを残さないようにするには、次の方法を試してください。

※ただし、この方法を使用した後に再びWindows Defenderを有効にすることができないので、ご注意ください。

ステップ1:Windows Defenderをアンインストールするスクリプトファイル「WindowsDefenderRemoveScript.zip」をダウンロードします。

ダウンロード

ステップ2:解凍した後、「Uninstall.cmd」というファイルを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

Uninstall.cmd
スクリプトファイルの内容:

@echo off

cd /d “%~dp0″

echo Uninstalling …

CLS

install_wim_tweak.exe /o /l

install_wim_tweak.exe /o /c “Windows-Defender” /r

install_wim_tweak.exe /h /o /l

echo It should be uninstalled. Please reboot Windows 10.

pause

このスクリプトファイルは、「install_wim_tweak.exe」を利用してAPIを実行することで、Windows Defenderをアンインストールします。このファイルを実行するには管理者権限が必要です。

ステップ3:完了後、パソコンを再起動します。Windows Defenderが完全になくなります。

Windows Defenderが完全になくなります
個人や企業のプライバシー情報を保護したい場合に、アンチウィルスソフト以外、ファイルロックソフトと情報漏洩対策ソフトも欠かせません。Renee File ProtectorRenee USB Blockを推奨します。プライベートファイルを隠しファイル/フォルダにパスワードをつけて保護する、USBデバイスの使用制限などのことができます。すると、万が一ウィルスに感染しても、情報漏洩の心配はいりません。
目次に戻る

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

Loading comments...