Ayu  サポートマネージャー
 

概要

10月16日が公表されたWPA2の脆弱性のため、世界中のWiFiを利用するデバイスもハッキングされる可能性があります!それに対しての対策を紹介します。


米国時間10月16日、セキュリティ専門家Mathy VanhoefはWPA2の深刻な脆弱性を公表した。世界中の無線LAN(WiFi)を利用利用しているデバイスも攻撃を受ける可能性があり、発見された脆弱性が悪用されると、通信が盗聴される可能性もある。

WPA2(Wi-Fi Protected Access)とはWiFiネットワーク通信セキュリティを保つための暗号化方式です。

Wi-Fiの暗号化方式も脆弱性があると、その脆弱性が利用され、無線LANを利用しているデバイスがハッキングされることは可能になります。

KRACK-WPA2-WiFi2-
脆弱性の対象は、WPA2でWi-Fiアクセスポイントに接続するWindows、iOS、Android、Linux等が搭載された様々なデバイス。つまり、PC、スマートフォン、タブレットがWiFiを利用すると、被害を受ける可能性があります。

このWPA2脆弱性に対する対策はあるの?現在は次の対策が公開された。

WiFiデバイスのソフトウェアをアップデートする

WiFiデバイスのソフトウェアをアップデートするのはは根本的に脆弱性を除去する最良の方法です。Microsoft、Google等の企業も素早く対応し最新版プログラムを公開した。

ルーターもアップデートしよう!

ルーターのファームウェアはアップデートする必要もあります。対応できない場合、有線LANに切り替えましょう!

パソコン等のデバイスは有線LANを利用する。

毎日長時間使うパソコンは、仕事やインターネットで大量のデータやり取りしているでしょう。データ安全を守るため、有線LANに切り替えたほうが良い。

HTTPのウェブサイトで重要な情報を送信しない。

大切なデータを送信したい場合、HTTPS接続されていることを確認してください。

WiFi機能を無効にする。

悪意あるハッカーが空港やカフェ等大規模な公共WiFiルーターの脆弱性を利用して、個人情報を盗む可能性があるので、スマートフォンやタブレット等のモバイルデバイスのWiFi機能を無効にしたほうが安全です。このような場所でWiFiを利用しない。

重要データをしっかり保護!

上の方法はソフトウェア、環境等のほうから被害を受けないように行う対策です。万が一、ハッキングされたら、最後の守りもあります。事前に重要なデータを定期バックアップフォルダをパスワードで保護すると、データが流出しても、暗号化された状態なので、パウワードがないと開けない。情報漏洩事件になりません。また、データが消失した場合、バックアップがあるので、心配もいりません。
暗号化状態は本当に大丈夫なの?安全・信頼できるツールで暗号化したなら、問題ありません。

ファイルにパスワードをかける3つの方法(簡単・安全)

フォルダにパスワードを保護するには、動画で確認できます。

ヒント: 情報漏洩対策ソフトRenee USB Blockと一緒に使い、万全な情報漏洩対策を構築することができます。USBメモリ等のリムーバブルメディアによる重要資料漏洩もしくはウイルス感染のリスクを最小限にします。 後無料データ抹消ソフトもあります。

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>