実は簡単!WannaCry/WannaCryptを防ぐ対策
-パソコンのデータを定期バックアップする方法

Satoshi  プロダクトマネージャー
 

概要

落雷、停電で編集中のデータは消えてしまった!WannaCry/WannaCryptに感染され、重要データが失われた。HDDがいきなり寿命を迎え、データを失った。このような突然の事態になったら、救い手がありません。しかし、定期バックアップの習慣があれば、どんなウイルス感染、障害が発生しても怖くありません。


  • 落雷、停電で編集中のデータは消えてしまった!
  • ランサムウェアWannaCry/WannaCryptに感染され、全てのデータも利用できません。
  • ハードディスクがいきなり寿命を迎え、全てのデータを失いました。
  • ・・・

このような突然の事態になったら、PC、HDDに故障がないなら、まだデータ復元ソフトで復元する可能性があります。設備すら故障した場合、パソコンのデータはには救い手がありません。

WannaCry/WannaCryptに感染され、全てのデータを失う
WannaCry/WannaCryptのような新型のウィルスの場合は発生当初は対処方法がなく、セキュリティソフトの駆除対策も後手後手に回ってしまいます。
データ復元ソフトは100%復元できる保証はありません。
やはり、データバックアップソフトはデータを守るための一番いい方法です。バックアップがあれば、100%データをリストアできます。
しかし、パソコンのデータがよく更新されています。ということは、バックアップも定期的に更新する必要があります。そうしないと、バックアップファイルは古い状態であり、万一の事態に、最新状態のデータを復元できません。

今すぐ定期バックアップする方法

日頃からシステムの定期バックアップ、重要データを定期バックアップすることはできます。もちろんパソコンのHDD全体を丸ごとバックアップすることもできます。データ量が多くて時間がかかるので、そこで、PC全体じゃなく、重要データのみ定期的にバックアップしましょう。

バックアップは有料ソフトを買わなくても今すぐ行えるので、今すぐ無料バックアップソフトRenee Beccaで重要なファイルを守りましょう!

ソフトは Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP、 Server 2003 / 2008 / 2012 等の環境を対応できます。まずはソフトをダウンロードして、パソコンにインストールしてください。
Windows版ダウンロード
外付けHDDやDVD-R、USBメモリ等記憶装置にファイルをコピーできます。バックアップ先の容量や、アクセス速度等を考慮して外付けハードディスクがおすすめです。

 

無料バックアップソフトとバックアップ先も準備完了したら、バックアップは開始できます。

定期バックアップを設定する方法

Renee Beccaは定期的に自動バックアップする機能があります。毎回手動設定する必要がなく、一回設定すると、スケジュールとおり指定した重要ファイルを自動にバックアップすることができます。以下に手順を説明します。

ステップ1 ソフトを起動し、「バックアップ」でバックアップする種類を選択します。

システム/ディスク/パーティション/ファイルのバックアップも可能です。

ステップ2 自動バックアップしたいデータとバックアップ保存先を選択します。

※更新頻度の高いファイルを選択し、定期バックアップしておいた方がいいです。日常的に更新を加えないファイルなら、一度バックアップすれば十分。バックアップする前に、更新頻度の高いと低いファイルを分けて、別々のフォルダに整理しましょう!

バックアップ元とバックアップ先の指定

ステップ3 スケジュールを設定します。

バックアップをオンにすると、指定した時間に自動的にバックアップすることができます。自動実行させたくない場合はこのステップをスキップします。

スケジュールの指定

ステップ4 バックアップ方式を指定し、バックアップします。

適合なバックアップ方式を指定することにより、時間とスペースの節約ができます。

バックアップスキームの指定
どれを選んだらいい?

バージョンチェーンスキームとは、最近の6つのバージョンが保持されます。最初は完全バックアップバージョンが作成され、それ以降、5つの差分バックアップバージョンが作成されます。続いて、完全バックアップバージョンと、5つの差分バックアップバージョンが作成され、これが繰り返されます。新しいバックアップバージョンを作成後自動的に最も古い差分バックアップバージョンが削除されます。手動削除しなくても、いつも最新バージョンを保存する上、ハードディスクの使用容量も最小化にします。

バージョンチェーンスキーム
増分バックアップとは、前回のバックアップより増えたもののみバックアップするということです。初回バックアップは完全のバックアップをします。
増分バックアップ
差分バックアップとは、毎回バックアップする時は初回バックアップと比較し、差の分のみをバックアップすることです。初回バックアップは完全のバックアップをします。
差分バックアップ
これでバックアップは完了しました。

万が一の時、バックアップをリカバリー(復元)する方法

HDD故障が起きた、ウイルスに感染された等の原因でデータを失われた時、バックアップがあれば、速やかに復元することができます。復元する時もRenee Beccaを利用するので、ソフトを復元先のパソコンにダウンロード・インストールする必要があります。
Windows版ダウンロード

ステップ1 「タスク」で作成したバックアップファイルを探し出します。

「リカバリー」ボタンをクリックします。

バックアップ完了
※外付けハードディスクにバックアップした場合、パソコンに接続する必要があります。

ステップ2 復元先を指定し、「今すぐリカバリー」ボタンをクリックします。

リカバリーする場所指定画面が表示されると、リカバリー先を選択し、「今すぐリカバリー」ボタンをクリックします。バックアップデータは復元されます。

リカバリーさせたい場所の選択
これでバックアップファイルは復元されます。
次のビデオからバックアップ方法を確認できます。
注意:

  1. OSをリカバリーする時、Windowsシステムが起動できないため、起動メディアの作成が必要です。詳しくはOSバックアップ方法を参照してください。
  2. バックアップソフト以外、クラウド自動バックアップも利用できます。ただし、iCloudから個人情報流出の事件が発生したため、やはり安心できない感じ。
  3. コンピュータがスリープ状態になると、動作が停止してしまうので、次の設定でスリープ状態になることを防ぎます。「開始ボタン」-「コントロールパーネル」-「システムとセキュリティ」-「電源オプション」-「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」(ウィンドウの左側)- 「コンピューターをスリープ状態にする」の(なし)を選択します。
定期バックアップの習慣があれば、どんなウイルス感染、障害が発生しても怖くありません。

まだ間に合ううちに、定期的に自動バックアップしてください。Renee Becca は無料バックアップできるので、是非無料ダウンロードして体験しみてください。

Windows版ダウンロード

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>