author avatar
  テストマネージャー  

概要

Windows7で「このwindowsのコピーは正規品ではありません」が表示されたら、どうしたら良いでしょうか?この記事は、その対策を紹介します。



一、Windows 7で「このwindowsのコピーは正規品ではありません」が表示される原因

Windows 7デスクトップが突然黒い背景に変わり、右下にこのwindowsのコピーは正規品ではありませんが表示されます。このエラーは2つの理由があります。使用されているWindows 7は正規品ではありません。または、ライセンスの有効期限が切れているか、KB971033アップデートがインストールされています。正規品のWindows 7に「このwindowsのコピーは正規品ではありません」というエラーが表示される場合は、次の対処法を参照してください。

このwindowsのコピーは正規品ではありません

注意:次の方法は、正規品のWindowsでの「このWindowsのコピーは正規品ではありません」というエラーの修復のみをサポートしています。Windows正規品の利用してください。
おすすめ - ADsRenee Becca - 安全高速なバックアップ・復元ソフト クローンや引っ越しにも対応、多機能なバックアップ・復元ツールRenee-Becca

初心者向け 誰も簡単に操作でき、最大3000MB/分の速度で高速処理可能。

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーンアップ等の機能ある。

バックアップ方式 差分/増分バックアップで、時間とスペース節約。

先進技術 VSS技術を利用し、操作しながらバックアップ可能。

動作環境 Windows 10,8.1,8,7,Vista,XP対応。

初心者向け 誰も簡単に操作でき、最大3000MB/分の速度で...

多機能 システム移行、バックアップ、HDDクローン、クリーン...

差分/増分バックアップで、時間とスペース節約。

無料体験無料体験 800名のユーザー様に体験をしていただきました!

二、Windows 7で「このwindowsのコピーは正規品ではありません」が表示される時の対処法

方法1:SLMGR -REARMコマンドを実行する

Windowsがアクティブ化されていない場合、評価期間があります。この期間中、Windowsのすべての機能を完全に使用でき、正規品ではないなどのエラーは表示されません。コマンドを使用して、Windowsを評価期間に戻し、すべての機能を使用できます。

SLMGRコマンドを使用できます。 SLMGRは、Windowsの管理ツールであり、システムのアクティブ化とシリアルキーおよび証明書を管理します。REARMコマンドと一緒に使用して、ライセンス承認状態をリセットできます。

注意:このコマンドを使用すると、Officeが正常に動作せず、「ソフトウェア保護サービスがリセットされたため、Windowsを再起動してください」というエラーが表示される場合があります。 この問題を解決するには、Officeを再インストールする必要があります。

① 検索ボックスにcmdと入力します。cmdを右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

ヒント:管理者権限がない場合は、管理者アカウントを作成することをすすめます。

cmdを検索欄に入力

②「SLMGR –REARM」を入力し、Enterキーを押します。

slmgr rearmコマンドは正常に完了しました。

③ コマンドが正常に実行し、PCを再起動します。デスクトップの右下にある「このWindowsのコピーは正規品ではありません」というエラーが消えています。

PC再起動後に0xC004D307エラーが発生した場合(エラー:0xC004D307許可された猶予期限リセット可能最大回数を超えました。)、次の方法を試してください。

① セーフモードでは、「windows」+「R」キーを押し、枠内に「regedit.exe」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。

regedit

② レジストリエディターで、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\SoftwareProtectionPlatform を選択します。

③ 「SoftwareProtectionPlatform」をダブルクリックし、右側の「SkipRearm」をダブルクリックし、値のデータを「1」に変更します。完了したら、パソコンを再起動します。

「SkipRearm」をダブルクリックし、値のデータを「1」に変更します

方法2:KB971033をアンインストールする

KB971033更新プログラムがインストールされているWindows 7、それをアンインストールすると、「このWindowsのコピーは正規品ではありません」というエラーを修復できます。アンインストールすると、データ紛失の可能性があることに注意してください。更新プログラムをアンインストールする前に、PCをバックアップすることをすすめます。

Windows7のバックアップ方法については、信頼性の高いバックアップソフトRenee Beccaをすすめます。これにより、データバックアップ、システム情報バックアップ、システムバックアップができます。インストールされているプログラム、システム設定およびその他のデータをバックアップできます。 Windows 10 / 8.1 / 8/7 / Vista / XPを対応します。

システムのバックアップ

ファイルバックアップ完了すると、KB971033をアンインストールします。
① スタートボタンをクリックして、「コントロールパネル」をクリックします。

【スタート】-【コントロールパネル】
②「システムとセキュリティ」-「Windows Update」-「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします。

インストールされた更新プログラムを表示

③ KB971033をクリックして、「アンインストール」ボタンをクリックします。PCを再起動します。

④ KB971033をアンインストールした後、管理者としてコマンドプロンプトを実行し、次のコマンドを実行してシステムを再アクティブ化します。
注意:最初のcscriptコマンドで、「KMSクライアントキー」を実際のキーに置き換えてください。KMSアクティベーションとGVLKキーに関する情報をご覧ください。

net stop sppuinotify
sc config sppuinotify start=disabled
net stop sppsvc
del %windir%\system32\7B296FB0-376B-497e-B012-9C450E1B7327-5P-0.C7483456-A289-439d-8115-601632D005A0 /ah
del %windir%\system32\7B296FB0-376B-497e-B012-9C450E1B7327-5P-1.C7483456-A289-439d-8115-601632D005A0 /ah
del %windir%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Roaming\Microsoft\SoftwareProtectionPlatform\tokens.dat
del %windir%\ServiceProfiles\NetworkService\AppData\Roaming\Microsoft\SoftwareProtectionPlatform\cache\cache.dat
net start sppsvc
cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /ipk <KMSクライアントキー >
cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /ato
sc config sppuinotify start=demand

次はWindows 7 KMSクライアントキー:

OS

KMS クライアントのGVLKキー

Windows 7 Pro

FJ82H-XT6CR-J8D7P-XQJJ2-GPDD4
Windows 7 Pro N

MRPKT-YTG23-K7D7T-X2JMM-QY7MG

Windows 7 Pro E

W82YF-2Q76Y-63HXB-FGJG9-GF7QX

Windows 7 Enterprise

33PXH-7Y6KF-2VJC9-XBBR8-HVTHH
Windows 7 Enterprise N

YDRBP-3D83W-TY26F-D46B2-XCKRJ

Windows 7 Enterprise E

C29WB-22CC8-VJ326-GHFJW-H9DH4

三、免責事項

世界範囲で、特に経済レベルの比較的低い発展途上国、何百万人も海賊版のWindowsを使用しています。しかし、どの国や地域でも、Windowsのライセンス認証に非公式のクラッキングで使用することは、知的財産権の侵害です。

例えば、日本の知的財産に関する法律が完備であり、罰も非常に強いです。日本では、海賊版に関する違法行為への判決が最大10年の懲役刑と1000万円以下の罰金まで、すでに重大な窃盗罪を超えています。

アメリカでは、法律が知的財産権を守り、著作権に関する「合衆国法典」の第17章に基づいて、システムおよびソフトウェアの不正コピー、民法上さらに刑事上の責任を背負います。民事訴訟は数千ドルの罰を受ける可能性があり、刑事訴訟で最長5年の懲役刑と最高25万ドルの罰金を負います。

昔マイクロソフトの法務部門が提起されたの訴訟によると、通常個人のソフトウェアの違法コピーに対して法的措置を取りませんが、ただし、大規模な組織や企業による大規模な違法コピーについては対応する法的措置を取ります。

海賊版Windowsを使用するとMicrosoftの著作権および商標権が侵害されます。そうすると必ずしも訴訟の対象になるとは限らないが、マイクロソフトは法的権利を留保するので、ぜひ正規品のWindowsをご利用ください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...