author avatar
  サポートマネージャー  

概要

WINRARソフトの暗号化機能で、重要な情報を暗号化できるが、近年、WINRARファイルのパスワード解析用のソフトが次々と出て、この暗号化方法も100%安全ではない。この記事は、WINRARでファイルにパスワードを付ける方法とWINRARでファイルのパスワードを解析する方法を紹介します。



PCとネットワークの普及と応用により、情報の作成、保存、取得、共有がより便利になりましたが、情報漏洩のリスクも高まります。

ファイル暗号化は、情報セキュリティ保護の重要な手段であり、重要なデータの不正な読み取りや変更を防ぐことができます。 ただし、既存のクラッキングテクノロジーが改善され続けると、パスワードが解析されるリスクが高まります。したがって、暗号化ソフトウェアの選択するときは、非常に慎重する必要があります。

WINRARでファイル暗号化

WINRARでファイル暗号化する方法

Winrar圧縮ソフトウェアを使用したファイルの圧縮と暗号化は、ユーザーにとって最も一般的で最も簡単な暗号化方法の1つです。 データは簡単な操作で暗号化できます。次に操作方法を説明します。
1.ファイルやフォルダを右クリックし、【書庫に圧縮】を選択します。

【書庫に圧縮】を選択します

2.書庫形式に【RAR】を選択し、【パスワード】ボタンをクリックし、パスワードを設定します。

【RAR】もしくは【ZIP】を選択し、【パスワード】ボタンをクリックし、パスワードを設定します。

3.パスワード入力画面でパスワードを入力し、【OK】ボタンをクリックします。

パスワード入力画面でパスワードを入力します

簡単にRARファイルのパスワードを解析

ただし、Winrarを使用して重要なデータを圧縮および暗号化しても、そのセキュリティは保証されません。rar圧縮ファイルパスワードを解析するソフトウェアが多数あり、暗号化された圧縮ファイルは簡単な手順で解析できます。

以下は、RAR Password Recoveryを例として使用して、Winrar圧縮ファイルのパスワードを解析する方法を紹介します。

解析するWINRARファイルを選択し、解析方法を選択して、「開始」をクリックします。 パスワードの設定が単純すぎると、ほんの数分でWinRARファイルのパスワードが解析されます。

  • Brute-force with Mask Attack(Trying All Possible Combinations):最も一般的で最も直接的なブルートフォース攻撃方法。
  • Brute-force with Mask Attack:元のパスワードの一部の単語と記号が知られている場合の素早い解析方法。
  • 辞書攻撃:誕生日、時間、またはその他の固有のコードの組み合わせを使用します。

RAR Password Recovery ソフト

WINRAR圧縮ソフトウェアに組み込まれている暗号化機能により、ユーザーはファイルを暗号化して転送することが非常に便利です。ただし、ソフトウェアによって生成されたRAR形式の暗号化ファイルも非常に簡単に解析できます。非常に複雑な(覚えにくい)パスワードを設定しない限り、これらのクラッカーは基本的に数分から数時間でパスワードを解析できます。

以下では、比較的プロフェッショナルで安全な暗号化ソフトウェアをお勧めします(AES256暗号化アルゴリズムを採用し、クラッキングソフトウェアはありません)。

Renee SecureSiloでファイル暗号化する

Renee SecureSiloは、コンピューターのファイルとフォルダーの暗号化するソフトウェアです。仮想暗号化ドライブを使用するため、多数の機密ファイルを一瞬で暗号化・復号化できます。

また、これらの仮想ドライブファイルをUSBメモリやCD/DVDに入れて持ち歩くことが可能です。独立実行可能なので、ソフトをインストールする必要ありません。さらに、RAR / ZIP / 7ZIPなどの暗号化された圧縮ファイルとは異なり、長い待ち時間を必要とせず、ファイルの変更または新しいファイルの暗号化は1秒未満でできます。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
次にRenee SecureSiloでファイルを暗号化する方法を紹介します。

1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ディスクをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

暗号化仮想ドライブにデータを追加することにより、機密データを保護し、データ安全性の向上に役立ちます。WINRAR圧縮パッケージソフトウェアと比較して、このソフトウェアのほうが暗号化機能が優れています。操作がより便利で簡単です。

まとめ

Winrarの圧縮暗号化には多数の解析方法があるため、セキュリティを保証することは困難です。プロフェッショナルで安全な暗号化ソフトウェアを選択する場合、この記事で紹介したRenee SecureSiloが最良の選択肢の1つです。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...