author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

Windows 10は徐々に主流のWindowsシステムとして人気を博していますが、多くのユーザーがさまざまな理由でWindows 7を使用しています。では、Windows 7でIEが使用するアカウントパスワードを管理する方法は? この記事は、Windows7でIEのパスワード管理について紹介します。



Windows7でIEブラウザにパスワードを保存する方法

Windows 7でInternet Explorer(IE)ブラウザーを使用してアカウント(電子メール、銀行口座、ショッピングWebサイトなど)を必要とするWebサイトにアクセスする場合、パスワードをアカウントを保存するかを尋ねられます。IEはユーザーのユーザー名とパスワードを覚えて、 Webサイトにアクセスすると、アカウント情報を自動的に入力します。デフォルトでは、IEでパスワード保存機能がオンになっています。以下は、IEでパスワード保存機能を開いたり閉じたりする方法です。
1.IEのツールバーで「ツール」ボタンをクリックし、メニューから「インターネットオプション」をクリックします。

ツール、インターネットをクリック

2.「コンテンツ」タブをクリックし、「オートコンプリート」の「設定」ボタンをクリックします。

オートコンプリートの設定ボタンをクリックする

3.「フォームのユーザー名及びパスワード」と「パスワードの保存前に確認」にチェックを入れると、パスワードをユーザー名がIEに自動保存されます。

ユーザー名とパスワードを自動保存

オートコンプリート機能では、さまざまなフォームでユーザーが入力したパスワードやその他の情報を記憶することでユーザーの時間を節約できますが、他のユーザーと共有するコンピューターにパスワードを保存しないことをお勧めします。 この情報は、その時点で使用しているコンピューターに保存されるため、パブリックコンピューターまたは共有コンピューターを使用する場合は、必ずオートコンプリートをオフにしてください。 共有したくない情報を誤って入力した場合は、そのコンピューターからオートコンプリート履歴を削除することもできます。 IEで保存されたパスワード情報を削除する方法は次のとおりです。
1.IEのツールバーで「ツール」ボタンをクリックし、「インターネットオプション」をクリックし、「全般」タブをクリックし、「閲覧の履歴」の「削除」ボタンをクリックします。

削除ボタンをクリック

2.パスワード項目の「パスワードの削除」ボタンをクリックします。

パスワード削除

Windows7でIEブラウザにパスワードを保存するデメリット

上記のIEを使用してWidows7のWebサイトのパスワード情報を記憶する方法は、個々のユーザーがさまざまなパスワードを記録するのは便利ですが、実際には大きな制限があります。

まず、このようなパスワードの記録範囲は、IEに入力されたさまざまなアカウントのパスワードに限定され、個人の社会保障情報、銀行カード情報など、他の種類のパスワードを記録できません。

また、Windows 7のIEブラウザーにはパスワードの管理機能がありません(細かく管理できません)。 これは、IEがこれらの保存されたパスワードを表示、更新などできないことを意味します。パスワード情報が変更され、保存されたアカウントパスワードを更新する場合、オートコンプリート履歴を削除して再保存する必要があります。 したがって、この方法を使用して自分のパスワードを記録することはお勧めしません。

Windows 7でパスワード管理が必要な場合、どのような方法を使用したらいいですか?

Renee SecureSiloで安全にパスワードを管理する

Renee SecureSiloは、ファイルやフォルダーを暗号化するための暗号化ソフトウェアで、ドキュメントの暗号化、USBの保護、ドキュメントの非表示、偽装、パスワード管理など、複数の暗号化機能を備えています。 中でも、パスワード管理が必要な場合は、「パスワードウォレット」機能を使用でき、個々のパスワードは秩序正しく管理でき、暗号化されたファイルデータはすべてローカルに保存されます。ネットワークを介した情報漏洩のリスクも排除できます。

さらに、ソフトウェアは高度なAES256暗号化技術を使用しており、コンピューターを他のユーザーと共有している場合でも、外部からブルートフォース攻撃できない。ローカルコンピューターにパスワードを安全に保存できます。 したがって、ソフトウェアを使用してパスワードなどの重要な情報を管理する場合、そのセキュリティを保証できます。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.「パスワードウォーレット」-「作成」をクリックします。

パスワードウォーレット作成

4.ウォーレットの名前と保存場所を指定し、「次へ」をクリックします。

ウォーレットの名前と保存場所を指定

5.ウォーレットのパスワードを設定します。ソフトの起動ソフトを利用することも可能です。

ウォーレットパスワード設定

6.「カード作成」をクリックし、カード名と種類を設定します。

カード名とカード種類設定

7.カードをクリックし、右で具体的な秘密情報を入力します。

情報を入力する

8.「閉じる」をクリックし、ウォーレットを閉じると、ウォーレットが暗号化されます。開くにはパスワードの入力が必要です。

ウォーレットを閉じる

まとめ

Windows 7はやや古いWindowsシステムであり、組み込みのIEブラウザーはユーザーが入力したパスワードを保存できますが、使用中に細分化することはできず、パスワード管理機能は使いにくい。Renee SecureSiloの「パスワードウォレット」機能を使用する場合、ユーザーはさまざまなタイプのパスワードデータを保存できます。これらのデータはAES256暗号化独立パスワードに保存されます。コンピューター所有者を除き、誰も内容をみえません。パスワードデータのセキュリティをしっかり保護できます。また、ソフトはほかの暗号化機能もあり、Windows 7 PC上のデータを安全に保護することができ、必要なユーザーに推奨します。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...