author avatar
  サポートマネージャー  

概要

ドキュメントを暗号化する必要がある場合は、多くのユーザーがRAR圧縮して暗号化します。 しかし、rar圧縮暗号化の方法は本当に安全で信頼性がありますか? 圧縮および暗号化されたrarファイルは、さまざまな方法ですぐに解析でき、100%安全ではない。この記事はRARパスワード解析ついて紹介し、より安全な暗号化方法を紹介します。



一、Winrarでファイルを圧縮し暗号化する方法

Winrarは世界中で広く使用されているため、人々はソフトウェアを使用して重要なドキュメントを暗号化して保管したり、メールの添付ファイルとして使用したりすることがよくあります。 次に、Winrarを使用してファイルを圧縮および暗号化する方法について簡単に説明します。
1、ファイルやフォルダを右クリックし、【書庫に圧縮】を選択します。

【書庫に圧縮】を選択します

2、書庫形式に【RAR】を選択し、【パスワード】ボタンをクリックし、パスワードを設定します。

【RAR】もしくは【ZIP】を選択し、【パスワード】ボタンをクリックし、パスワードを設定します。

おすすめ - ADs情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト 情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト

高速暗号化 暗号化された仮想ドライブで、ファイルが1秒で暗号化完了。

操作簡単 ロインターフェイスはシンプルで使いやすく、初心者も手軽に使える。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

アクセス制御 外部接続設備禁止(ホワイトリストを設定可能)、サイトブロック、プリンター禁止など機能ある。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全な保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能。

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

更に詳しく

二、RARファイルのパスワードを解析する方法

圧縮暗号化を使用してファイルを暗号化する方法、操作は便利ですが、安全性が低く、設定されたパスワードが簡単に解析されます。 RARで暗号化されたファイルを解析するには、ソフトウェアとWebサイトの2つの主な方法があります。 これらの2つの方法を使用してパスワード付きrarファイルを解析する方法を次に説明します。

(1)Advanced RAR RepairでRARファイルのパスワードを解析

Advanced RAR Password Recoveryは、RARアーカイブのパスワードをすばやく解析できる強力なRARパスワードクラッキングツールです。 以下に、操作手順を説明します。

ソフトを開き、「攻撃タイプ」でブルートゥースを選択し、「範囲」でパスワードタイプを選択します。 (注:チェックする項目が多いほど、時間が長くかかります。)「開く」で解析するrarファイルを選択し、「開始」ボタンをクリックします。解析完了まで待ちます。

RARパスワード解析

(2)catpasswdでRARファイルのパスワードを解析

Catpasswdは、RAR暗号化ファイルのパスワードを解析する専門的なオンラインWebサイトです。パウワード付きrarファイルをオンラインで解析できます。操作方法は次のとおりです。

Webサイトを開き、「選択暗号ファイル」をクリックし、ローカルの暗号化されたrarファイルを追加し、自分のメールアドレスを入力し、「回復を開始する」をクリックして解析を開始し、完了するまで待ちます。

RARパスワード解析サイト

rarファイルのパスワードを解析するソフトウェアが数多くあるため、rar暗号化ファイルをクラッキングすることは難しくありません(もちろん、費用がかかります)。圧縮暗号化を使用してドキュメントを暗号化することは信頼できません。プロの暗号化ソフトウェアを使用したほうが、ファイルのセキュリティが保証されます。

三、より安全なファイル暗号化方法

RAR圧縮暗号化ファイルのセキュリティは高くありません。どんなファイル暗号化方法はより安全ですか?ユーザーが暗号化のセキュリティを向上させ、暗号化されたパスワードが簡単に解析されないようにしたい場合は、プロのソフトウェアを使用して対処することをお勧めします。 以下では、2つのプロフェッショナルで安全性の高いファイル暗号化ソフトウェアと操作方法を紹介します。

(1)Renee File Protectorでファイル暗号化

Renee File Protectorは、市場のユーザーが使用している暗号化ソフトウェアの1つであり、このソフトウェアのセキュリティは非常に高いです。 ソフトウェアを使用してファイルにパスワーをつけて、gflまたはexe形式に暗号化できます。 暗号化が完了したら、暗号化されたファイルをロックして二重保護も可能で、セキュリティを大幅に強化します。次に操作方法を説明します。
Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフトRenee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1、Renee File Protectorをダウンロード・インストールします

2、ソフトを起動します。「一般」-「暗号化」-「ファイルを追加」をクリックし、ファイルを追加します。

暗号化方法

3、暗号化方式を選択します。保存場所を選択し、パスワードを入力し、「OK」をクリックします。

暗号化方式が二つあります。gfl或いはexeに暗号化します。

  • gflは、ソフトをインストールしなければ、ファイルを復号できません。
  • exeは、ソフトをインストールしなくても他のコンピューターに復号できます。

パスワードを設定し、暗号化ファイル名、保存場所を指定できます。

4、「ロック」をクリックします。右側にロックしたいファイル/フォルダ/ドライブを選択したら、暗号化したファイルをロックできます。

ロックしたいファイル/フォルダ/ドライブをメインメニューにドラッグ&ドロップすることでロックしても良いです。或いは、右クイックメニューバーで操作することもできます。

データをロックする方法

5、ロックしたファイルをアンロックしたい場合、ロックファイルをチェックして、「ロックを解除」ボタンをクリックします。

ロックを解除

6、暗号化されたフォルダーを保護するために、プログラムのスタートアップパスワードを間違って5回を入力したら、メールボックスに電子メールを自動的に送信する機能をもあります。「設定」-「自己保護」をクリックし、セキュリティの「自動的にを電子メールにアラーム通知を送信する」にチェックを入れるだけです。

警告通知を電子メールアドレスに自動送信する

注意:ファイルが暗号化されると、.gflまたは.exe形式で保存されますが、ファイルのステータスと内容は変更されません。 2つの形式の最大の違いは、暗号化がglf形式の場合、解凍時にソフトウェアを解凍する必要があることです。exe形式を使用する場合、ソフトウェアは不要です。 glf形式への暗号化のセキュリティはexe形式よりも優れていますが、exeの実用性は比較的強力です。 exeを使用する場合、ファイルサイズは制限され、ファイルは4GBを超えることはできません。一部の古いWindowsシステムは2GBを制限し、GFLの使用に制限はありません。 ユーザーは、必要に応じて暗号化形式を選択できます。

(2)Renee SecureSiloでファイル暗号化

Renee SecureSiloは、人気のある暗号化ソフトウェアの1つです。ソフトウェアの暗号化原理は、上のRenee File Protectorとは異なりますが、ファイルを暗号化するためにソフトウェアを使用することも非常に安全です。

このソフトウェアをファイル暗号化に使用すると、次の利点があります。

  • 簡単な操作 – ファイルを暗号化する必要がある場合は、ソフトで仮想ドライブを作成します。暗号化された仮想ドライブにファイルをドラッグすることにより、ファイルを保護できます。 さらに、RAR / ZIP / 7ZIPなどの暗号化された圧縮ファイルとは異なり、暗号化された仮想ドライブ内のファイルは、長時間の圧縮と解凍の待機を必要とせず、ファイルの変更または新しいファイルの追加を1秒未満で保存できます。
  • クラックが困難 – 高度なAES256暗号化技術の使用により、安全性は抜群、簡単に解析できません。圧縮暗号化(rar暗号化、zip暗号化など)と比較して、セキュリティが大幅に向上しています。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
次にRenee SecureSiloでファイルを暗号化する方法を紹介します。

1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ディスクをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...