author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

今の主流のWindowsシステムであるWindows 10には多数のユーザーがいますが、Windows 10システムでさまざまなアカウントとパスワードを効果的に管理する方法を知っていますか? この記事は、Windows10 でパスワードを管理する方法を紹介します。



Windows 10ソフトでパスワードを管理する

Renee SecureSilo

Renee SecureSiloは、ファイルやフォルダを暗号化するための暗号化ソフトウェアであり、ドキュメントの暗号化、USBメモリの保護、ドキュメントの非表示など、複数の暗号化機能を備えています。 その中でも、パスワード管理が必要な場合は、Renee SecureSiloの「パスワードウォレット」機能を使用します。これにより、さまざまな個人パスワードを効率的に管理します。 また、インターネットを介した漏洩のリスクも排除されます。

さらに、このソフトウェアは個別のパスワード設計を使用しており、高度なAES256暗号化技術により、コンピューターを他のユーザーと共有しても、他のユーザーが外部から力ずくでパスワードをローカルコンピューターに安全に保管することはできません。 したがって、ソフトウェアを使用してパスワードなどの重要な情報を管理する場合、そのセキュリティを確保できます。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.「パスワードウォーレット」-「作成」をクリックします。

パスワードウォーレット作成

4.ウォーレットの名前と保存場所を指定し、「次へ」をクリックします。

ウォーレットの名前と保存場所を指定

5.ウォーレットのパスワードを設定します。ソフトの起動ソフトを利用することも可能です。

ウォーレットパスワード設定

6.「カード作成」をクリックし、カード名と種類を設定します。

カード名とカード種類設定

7.カードをクリックし、右で具体的な秘密情報を入力します。

情報を入力する

8.「閉じる」をクリックし、ウォーレットを閉じると、ウォーレットが暗号化されます。開くにはパスワードの入力が必要です。

ウォーレットを閉じる

メリット:Renee SecureSiloは、安全で効率的なパスワード管理ソフトウェアであるだけでなく、パスワードウォレット機能に加えて、データ保護ソフトウェアであり、Windows 10の情報を全面的な保護を提供します。

1Password

1Passwordは、Windows 10で一般的に使用されているパスワード管理ソフトウェアで、銀行カードやオンラインサービスなどの複数のパスワードタイプをサポートしており、多数のパスワードを簡単に記録できます。 256ビットのAES暗号化レベルで強力なパスワードを生成できるため、パスワードの盗難を防ぐことができます。ソフトウェアが提供するクラウドアップロードサービスを使用することで、ユーザーはパスワードをさまざまなシステムプラットフォームやモバイルデバイスのアプリに同期させることができ、より便利です。

1Passwordソフト

デメリット:1Passwordのクラウドサーバーにパスワードをアップロードすると、複数のデバイスの管理と使用が容易になりますが、サーバーが攻撃された場合、ユーザーのすべてのパスワードデータが公開される可能性があります。

Windows10上のブラウザでパスワードを管理する

IEブラウザ

Window 10でInternet Explorer(IE)ブラウザーを使用して、ログインアカウントを必要とするWebサイト(電子メール、銀行口座、ショッピングWebサイトなど)にアクセスすると、IEはユーザーに現在のユーザー名とパスワードを保存するかどうか尋ねます。次回ウェブサイトにアクセスすると、自動的にログインできます。IEでは、デフォルトでパスワード保存機能がオンになっています。パスワード保存をオンまたはオフにする方法は次のとおりです。

1. IEで、[ツール]ボタンを選択し、[インターネットオプション]を選択します。

2. [コンテンツ]タブで、[オートコンプリート]列の[設定]をクリックします。

メニューバー「ツール」から「インターネットオプション」を選択、「コンテンツ」タブからオートコンプリートの設定を開きます

3.個人のニーズに応じてパスワードを保存するかどうかを確認します。 また、Windows 10のIEは、以前のWindowsとは異なり、保存されたパスワードの管理をカスタマイズできます。[パスワードの管理]ボタンをクリックして入力すると、保存されたWeb情報を表示および削除できます。

フォームのユーザー名およびパスワード

Chromeブラウザ

上のIEと同様に、Chromeブラウザーには、ユーザーがChromeの関連するインターフェースで管理できるパスワード管理機能が組み込まれています。具体的な操作は次のとおりです。

1. Chromeブラウザーの右上にあるボタンをクリックしてインターフェイスを呼び出し、[設定]をクリックします。

2.設定インターフェースで、「パスワード」をクリックします。

[設定]の[パスワード]画面を表示する

3.パスワード管理インターフェースで、機能が有効になっているか、パスワードが保存されているWebサイトに自動的にログインするかを確認できます。 同時に、ユーザーは保存されたWebサイトのパスワードを表示したり、保存されたパスワードを削除したりすることもできます。

指定したサイトのパスワードを表示する

デメリット:IEブラウザーでもChromeブラウザーでも、これらのブラウザーはWebサイトの閲覧時に入力されたさまざまなフォームパスワードの内容のみを記録でき、ソフトウェアなどの保存されたさまざまなパスワードをカスタマイズできません。

まとめ
Windows 10でパスワード管理操作を実行する場合、一般的に言えば、ソフトウェア管理またはブラウザー管理2つの方法で管理できます。Renee SecureSiloはさまざまなパスワードカードをカスタマイズできます。また、AES256強力な暗号化を使用して暗号化します。パスワードがローカルに保存され、他の同様のソフトウェアとは異なり、パスワードはクラウドに保存され、ネットワークを介した漏洩のリスクがなく、Windows 10で利用する最高のファイル暗号化ソフトウェアの1つです。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...