author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

USBメモリを使用する場合、紛失により内部の重要データが漏洩または紛失する可能性がありますので、USBメモリのパスワード保護は、データの紛失または漏洩を防ぐための重要な対策です。次の記事は、USBメモリのデータをパスワードで保護する方法を紹介します。



一、USBメモリとは?
USBパスワード

USBメモリ(英語「USB flash disk」)は、USBインターフェースを使用し、物理ドライブを必要としない小型の大容量モバイルストレージ製品で、USBインターフェースを介してコンピューターに接続されます。便利な記憶媒体として、USBメモリは多くのデータを簡単に保存でき、保存されたデータはさまざまな端末デバイスで読み取って使用できます。 そのため、USBメモリは発売されてすぐに多くのユーザーに愛されてきました。

便利なモバイルストレージデバイスとして、USBメモリの損失やウイルスソフトウェアがインストールされたコンピューターへの接続など、便利なストレージと使用と同時にデータが漏洩するリスクがあります。 したがって、USBメモリの使用中に重要なデータの漏洩を防ぐために、暗号化して保護する必要があります。Windowsでパスワードを使用して、USBメモリの重要なデータを保護する方法を一緒に学びましょう。

二、WindowsでUSBメモリを保護する方法

1、USBメモリにパスワードをかける原理

USBにパスワードをかける

暗号化USBメモリとは、USBメモリの内容に対して暗号化保護機能を備えたUSBメモリを指します。 暗号化されたUSBフラッシュドライブには、主に3つのタイプがあります。

  • A.偽の暗号化、USBメモリ内のファイルを非表示にすることです。パスワードを設定して、身元を確認するだけで、実際のストレージデータを保護することはできません。
  • B.ソフト暗号化、一般的にAESを使用するデータを暗号化するための組み込みソフトウェアまたは添付ソフトウェアも、暗号化領域と非暗号化領域に分けることができます。
  • C.ハードウェア暗号化、. チップ組み込みハードウェア暗号化、透過的データ暗号化は、最高レベルの暗号化です。

要約すると、USBメモリを暗号化するには多くの方法がありますが、暗号化されたUSBメモリの価格は比較的高く、平均的なユーザーは暗号化技術と異なる暗号化方法の違いを知らないため、選択と使用のコストは比較的高くなります。 ここでは、暗号化ソフトRenee SecureSiloをお勧めします。このソフトウェアは、シンプルなインターフェース、簡単な操作、高いセキュリティを備えています。このソフトウェアを使用してUSBメモリを暗号化する方法を見てみましょう。

2、USBメモリにパスワードをかける方法

Renee SecureSiloとは?

Renee SecureSiloは、コンピュータ、ハードディスク、リムーバブルドライブ(USBメモリ、CD)などの内部プライベートデータを保護できる、高セキュリティのプライベートデータ保護ソフトウェアです。 このソフトウェアは、キーの強度が高く、機密情報の開示を心配する必要がない、最先端のAES256暗号化アルゴリズムを使用しています。 さらに、このソフトウェアは、非常に安全な暗号化スキームを提供します。コンピューター内のプライベートファイル、フォルダー、および外部USBドライブをパスワード保護で保護できるだけでなく、重要なファイルを暗号化して保存することもできます。また、コンピューターにファイルを簡単に保存することもできます。 /フォルダーは非表示または「偽装」されているため、機密情報の開示は防止されます。

さらに、操作も非常に便利で、ファイルの暗号化はわずか数秒で完了できます。 さらに、Renee SecureSiloの暗号化機能の使用シナリオと適用範囲は、企業内の機密データとファイルの一括暗号化の使用であろうと、ユーザーの個人データの暗号化されたストレージであろうと、全部対応できます。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

Renee SecureSiloでUSBメモリにパスワードをかける方法

Renee SecureSiloを選択してUSBメモリのデータ漏洩を防止する利点は、USBメモリに直接「.exe」の形式で暗号化ファイルを作成できることです。この形式は、任意のコンピュータで開くことができるため、ファイルの転送と保存に役立ちます。具体的な手順は次のとおりです。
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.「USB保護」-「外付けドライブ暗号化」をクリックします。外付けドライブに新しいロッカーを作成するを選択し、「次へ」をクリックします。

外付けドライブ暗号化

4.ロッカー(仮想ドライブ)名、パスワード、場所を設定し、「次へ」をクリックします。

パスワード、場所を設定

5.ロッカー(仮想ドライブ)のサイズを指定し、「次へ」をクリックします。完成したら、USBメモリを開き、ロッカー(仮想ドライブ)を開き、重要なデータを入れます。

ロッカーのサイズを指定

また、ローカルで暗号化領域を直接作成し、ローカルで作成したロッカー(仮想ドライブ)にファイル保存して保護し、転送が必要なときにUSBメモリに転送することもできます。

1.フォルダにパスワードをかけるフリーソフトをダウンロードしてインストールします。初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

2.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

3.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

4.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

5.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

6.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

7.「USB保護」-「外付けドライブ暗号化」をクリックします。既存のロッカーを外付けドライブにコピーするを選択し、「次へ」をクリックします。

既存のロッカーを外付けドライブにコピーする

8.以前に作成したロッカーを追加し、USBメモリの保存先を選択します。操作が完了したら、[次へ]をクリックします。元のgpdロッカーは、exe形式でUSBメモリに保存されます。

既存のロッカーを外付けドライブにコピーする

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...