author avatar
  サポートマネージャー  

概要

コンピュータを他の人と使用することがよくあります。重要なファイルが表示されないようにするために、暗号化することができます。 では、コンピュータ上の重要なファイルにパスワードを設定するにはどうすればよいでしょうか。 この記事は、ファイルにパスワードをつける様々な方法とクラッキング対策を紹介します。



なぜ重要なファイルにパスワードをかける?

今企業のビジネス機密文書は盗まれるのを恐れているだけでなく、多くの一般の人々もプライバシーにますます注意を払っています。重要な文書を違法な盗難、読み取り、変更から保護するために、ファイルにパスワードをかける方法が重要です。ファイルにパスワードを設定した後、これらのファイルを再度表示してアクセスおよび変更する場合は、パスワードを入力する必要があります。

ファイルパスワード

重要なファイルの暗号化を選択する人が増えるにつれて、さまざまな暗号化方法が登場しました。自分に合った暗号化方法を選択するにはどうすればよいですか?

各暗号化方式と注意事項

ファイル転送に適した暗号化方式

今のインターネットでの保存と送信に適した暗号化方式は、基本的には圧縮暗号化です。つまり、一般的なwinzip、winrar、7zなどのソフトウェアを使用して、重要なファイルを圧縮および暗号化します。

圧縮暗号化は、保存と送信に非常に適した暗号化方式であり、元のドキュメントのサイズを効果的に縮小し、パスワードで元のテキストを暗号化します。この暗号化方式は、スペースを節約し、ネットワーク上のデータ転送時間を効果的に削減するだけでなく、圧縮されたドキュメントのコンテンツをある程度保護します。

ただし、暗号化に使用されるさまざまな圧縮ソフトウェアの本来の目的は主に保存と送信を容易にすることであり、圧縮ファイルの内部ファイルを変更するための最適化プロセスがないため、これらの暗号化ファイルを変更する必要がある場合、時間がかかります。最初にファイル全体を復号化して解凍するだけでなく、変更が完了した後、ファイル全体を圧縮ファイルに再度追加し、インデックスの再作成、圧縮、暗号化などの一連の操作を実行する必要があるためです。多くのファイルを含む圧縮および暗号化されたファイルの場合、この問題はより顕著になります。操作が複雑なため、zipおよびrarを読み取ることができる多くのソフトウェアは、これらの圧縮および暗号化されたファイルの変更をサポートしていません。

さらに、zipやrarなどの圧縮された暗号化形式のセキュリティも心配されています。ネットワークには、zip、rar、7z、その他の圧縮暗号化形式から選択できる多くのクラッキングソフトウェアがあり、圧縮暗号化ファイルのセキュリティに大きな脅威をもたらします。

メリット メリットデメリット デメリット
圧縮して暗号化 ● ファイルサイズを縮小してネットワーク経由で簡単に送信。
● 広くサポートされている。ほとんどのソフトウェアは、圧縮ドキュメントの内容の読み取りをサポートしています。
● ファイルの修正が不便、時間がかかります。
● zip、rarの場合、多数のクラッキングソフトウェアがあります。

ファイル修正に適した暗号化方式

社内の重要なドキュメント(機密情報を含むプログラムコードなど)の一部は、書き込みおよび完成の過程で、ストレージを暗号化するだけでなく、これらのドキュメントを頻繁に変更および整理する必要もあります。 上のWinZipなどの圧縮ソフトウェアを使用して圧縮および暗号化すると、変更による時間損失が非常に大きくなります。 この場合、通常、変更に適した暗号化方法を使用して、これらの重要なデータを処理します。 ファイル修正に適した暗号化方式は、主にハードウェア暗号化、フルディスク暗号化、仮想ドライブ暗号化を指します。
  • ハードウェア暗号化。主にストレージデバイス自体の暗号化モジュールを指し、データはデバイスに入った後に自動的に暗号化されて保存されます。 承認されたトークン情報を送信した後にのみ、内部の情報を読み取ることができます。 このタイプの暗号化ハードウェアは通常高価であり、周辺機器の完全なセットからのサポートが必要です。 この種の機器は、一般的に大企業で使用されています。
  • フルディスク暗号化。主にWindowsのようなBitLocker(Homeバージョンでサポートしない)とオープンソースTrueEncryptおよびその他のソフトウェアを使用して、パーティション全体をセクターレベルで暗号化することを指し、パスワードを入力した後にのみアクセスできます。
  • 仮想ドライブ暗号化Renee SecureSiloなどのソフトウェアで暗号化された仮想ドライブを作成し、自己開発システムドライバーを使用して特定のドライブ文字(G:、H:など)にマウントすることを指します。USBメモリのように必要なときにロードして使用し、不要なときに閉じて非表示にします。 仮想読み込みテクノロジーを使用しているため、この方法は非常に秘密にされており、仮想ドライブは他のファイルに偽装することもできます。
これらの暗号化方式はセクターレベルの暗号化であるため、ファイルが変更されると、ファイル全体を解凍せずにファイルの内容を変更できるため、ファイルの変更を保存したり、新しいファイルを追加したりするのに1秒もかかりません 。 また、データのインデックスを再作成して圧縮する必要がないため、圧縮や暗号化に比べて処理時間が大幅に短縮されます。
 メリット メリットデメリット デメリット
ハードウェア暗号化● 最速の暗号化と復号化
● 非常に高いセキュリティ
● 値段が高い
● 多くの支援施設が必要
フルディスク暗号化● 高速な暗号化と復号化
● 暗号化に時間がかかる
● 低価格、高コストパフォーマンス
● 安全性がそれほど高くない
● 指定されたバージョンのみWindowsを使用できます(Homeバージョンをサポートしない)
仮想ドライブ暗号化● 高速な暗号化と復号化
● 仮想ドライブのサイズは自由にカスタマイズできる
● 強力なプライバシーにより、いつでもロードおよびクローズできる
● 非常に高いコストパフォーマンス
● 安全性がそれほど高くない

注意事項

  • ファイルを暗号化する場合は、暗号化パスワードを設定し、忘れないように覚えやすいパスワードを設定してください。
  • 100%のセキュリティを保証できる暗号化方式はありませんが、暗号化されたファイルが簡単に解読されるのを防ぐために、高いセキュリティパフォーマンスを持つ専門の暗号化ソフトウェアを選択することをお勧めします。
  • ファイルとフォルダは暗号化されていますが、削除することはできます(暗号化されたファイルが、削除されないように保護されたファイルをサポートしている場合を除く)。 暗号化する前に、重要なファイルをバックアップしてください。

ファイル転送に便利篇 – 重要なファイルにパスワードをかける方法

方法一:方法一:【安全・便利】Renee File Protectorでファイル暗号化

Renee File Protectorは、専門的なファイル暗号化ソフトウェアです。このソフトウェアは、高度な暗号化技術を使用して、ローカルファイルやモバイルデバイス上のファイルの非表示、ロック、保護などの機能を提供します。 さらに、このソフトウェアはファイルを安全に暗号化し、他のユーザーがファイルを変更して読み取ることを禁止し、特定の重要なファイルを監視してプライベートファイルのセキュリティを保護することもできます。
Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフトRenee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
操作手順
①ソフトをコンピューターにダウンロードしてインストールし、ソフトウェアを開きます。

②[一般]-[ファイル暗号化]機能を選択します。

③[ファイルを追加]または[フォルダを追加]をクリックし、暗号化するファイルまたはフォルダを選択します。

④必要な暗号化形式、[gflに暗号化]または[exeに暗号化]を選択します。

データ暗号化

Tipsgflとexe暗号化形式の違い:

  • gfl形式:暗号化がgfl形式の場合、Renee File Protectorがインストールされているコンピューターでのみ復号化できます。したがって、gfl暗号化形式は、ソフトウェアがインストールされている特定のコンピューター間でデータを転送するためのソフトウェアパスワード所有者に適しています。
  • exe形式:暗号化がexe形式の場合、暗号化時に設定したパスワードを入力すれば直接解凍できます。 exe形式の方がより実用的で、各パスワード所有者は安全にスムーズに転送および復号化できます。通常、データ転送にはこの暗号化形式を使用することをお勧めします。

⑤ ファイルの保存パスとパスワードを設定し、[OK]をクリックして暗号化を圧縮し、完了します。

パスワードを入力

优点
● このソフトウェアは強力で、複数の暗号化およびロック方式をサポートしています。 さらに、このソフトウェアはブルートフォースクラッキングに対して自己保護するように設定でき、パスワードが連続して5回誤って入力された場合、ソフトウェアは自動的にメールボックスにメールを送信してクラッキング状況を通知します。また、10分以内にパスワード入力の操作を禁止するように設定できます。
自己保護

方法二:【高速・安全・便利】Renee SecureSiloでファイルをにパスワードをかける

Renee SecureSiloは、ファイルの暗号化に重点を置いたソフトウェアです。ファイル、フォルダ、ドライブをパスワードで保護し、ファイルのバックアップ中に重要なファイルを暗号化できます。 さらに、ソフトウェアはファイルを隠したり隠したりする機能も提供し、ファイルを圧縮および暗号化することもできます。
Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
操作手順
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.USB保護の「添付ファイル暗号化」をクリックします。

添付ファイル暗号化

4.「追加」ボタンをクリックして、添付ファイルを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

添付ファイル選択

5.ZIPファイルの保存場所とパスワードを設定します。

保存場所とパスワード設定

6.暗号化完了したら、Gmailで添付ファイルとして送信できます。

暗号化完了

メリット
● このソフトウェアは、高度なAES256暗号化技術を使用しており、解析できるプログラムはありません。 このソフトウェアは強力で、複数の暗号化方式をサポートしています。

方法三:WinZipでファイル圧縮して暗号化

WinZipは、強力で使いやすい無料の圧縮ソフトウェアで、Windowsエクスプローラーと密接に連携しています。ファイルやフォルダーをZip形式に圧縮できるため、ファイルの転送や保存に便利です。 さらに、WinZip圧縮ソフトウェアは、ファイルまたはフォルダーにパスワードを追加することもできます。
操作手順
①WinZip圧縮ソフトウェアを最初にダウンロードしてインストールし、インストールが正常に完了したらソフトウェアを開きます。

②ソフトウェアインターフェースの右側の操作バーで、[暗号化]をオンにします。

③左側の列で暗号化するファイルを選択し、中央の空白の列に追加またはドラッグします。

④圧縮ファイルのパスワードを設定し、[OK]をクリックしてから、圧縮フォルダーを保存して閉じ、圧縮と暗号化を完了します。

デメリット
● さまざまな種類の圧縮ソフトウェアの設計の最初の目的は主に保存と送信を容易にすることであるため、暗号化されたファイルを変更する必要がある場合、非常に時間がかかります。 また、ネットワーク上には圧縮ファイルの解読ソフトが多数あり、セキュリティは保証されておらず、暗号化されていても簡単な手順で解読できます。

方法四:WinRARでファイル圧縮して暗号化

WinRARは、いくつかの重要なファイルを圧縮および暗号化できる圧縮パッケージソフトウェアです。
操作手順
①ソフトをダウンロードして、インストールします。

②ロックしたいフォルダを右クリくして、「書庫に圧縮」を選択します。

【書庫に圧縮】を選択します

③書庫形式を選択し、「パスワード」ボタンをクリックしします。

【RAR】もしくは【ZIP】を選択し、【パスワード】ボタンをクリックし、パスワードを設定します。

④パスワードを2回入力し、「OK」ボタンをクリックします。

パスワード入力画面でパスワードを入力します

⑤パスワード付きの圧縮ファイル作成された後、元のファイルを削除してください。

デメリット
● さまざまな種類の圧縮ソフトウェアの設計の最初の目的は主に保存と送信を容易にすることであるため、暗号化されたファイルを変更する必要がある場合、非常に時間がかかります。 また、ネットワーク上には圧縮ファイルの解読ソフトが多数あり、セキュリティは保証されておらず、暗号化されていても簡単な手順で解読できます。

Zip、RARなど圧縮ファイルの欠点

ARCHPRは、ZipおよびRAR圧縮暗号化ファイルをクラックするために特別に設計されたソフトウェアです。このソフトウェアのクラック効果は非常に優れています。さまざまな種類のクラック方法を提供できます。パスワードセットが単純でも複雑でも、このソフトウェアを使用してクラックできます。 そして、ソフトウェアの操作はシンプルで便利で、パスワードを解読するためのほんの数ステップです。

ARCHPRソフト

これからわか​​るように、RARとZip圧縮暗号化は比較的簡単に解析でき、ファイル暗号化のセキュリティを確保するために専門の暗号化ソフトウェアのみを使用しており、解析は簡単ではありません。

ファイル修正便利篇 – 頻繁に変更されるファイルに安全なパスワードを設定する方法

方法一:【暗号化された仮想ドライブ】Renee SecureSiloでファイル暗号化

Renee SecureSiloは、プロフェッショナルな暗号化ソフトウェアであり、仮想ドライブ暗号化技術を使用して、大量の機密ファイルを仮想ディスクに保存して暗号化でき、バッチファイル暗号化に非常に適しています。 そして、ソフトウェアは最も先進的なAES256暗号化アルゴリズムを使用しており、鍵の強度は高く、簡単に解読することはできません。

Renee SecureSiloは、RARやZipなどの暗号化された圧縮ファイルとは異なります。仮想ドライブ内の暗号化ファイルを変更する必要がある場合、それほど時間がかからず、変更、追加、追加を1秒未満で行うことができます。 これらの暗号化されたファイルを保存します。

操作手順
1.フォルダにパスワードをかけるフリーソフトをダウンロードしてインストールします。

Windows版無料ダウンロード

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

メリット
● ソフトウェアはAES256暗号化アルゴリズムを使用しており、鍵の強度が高く、簡単に解読できません。 また、ソフトウェアはファイルを一括で暗号化できます。これは変更に便利で時間を消費せず、暗号化されたファイルの保存と変更に非常に適しています。

方法二:【ディスク全体暗号化】Bitlockerでファイル暗号化

Bitlockerは、Windowsオペレーティングシステムに組み込まれたデータ暗号化保護機能であり、ディスク全体を暗号化することで、内部のファイルデータを保護できます。
注意:

WindowsのすべてのHomeバージョンは、BitLockerをサポートしていません。

Bitlocker機能は、次のWindowsバージョンに組み込まれています。:

  • Windows VistaおよびWindows 7 UltimateおよびEnterprise Edition
  • Windows 8および8.1 ProfessionalおよびEnterprise Edition
  • Windows 10 Professional、Enterprise、およびEducation
  • Windows Server 2008以降のシステム
Bitlocker操作手順:
1、暗号化したいドライブを右クリックし、「BitLockerを有効にする」をクリックします。

BitLockerを有効にする

2、スタートアップ時にドライブのロックを解除する方法を選択します。パスワード入力を選択します。

スタートアップ時の解除方法

3、パスワードを入力します。

パスワード入力

4、回復キーのバックアップ方法を指定します。複数の方法があり、一つ選択します。

回復キーバックアップ方法指定

5、暗号化モードを選択します。

暗号化モード指定

デメリット
● 機能が制限されているため、Bitlockerはファイルまたはフォルダーを個別に暗号化できず、ファイルが配置されているディスクのディスク全体のみを暗号化して、間接的にファイル暗号化の目的を達成できます。 ユーザーがディスク内の他のファイルを開く必要がある場合、毎回パスワードを入力する必要があり、これは非常に面倒です。 また、ホームバージョンには適用されません。

漏洩を防ぐために重要な情報をさらに保護する方法は?

さまざまなモバイルデバイスの幅広いアプリケーションで、データ漏洩は企業や個人の利益を脅かしており、ポート保護ソフトウェアはますます注目を集めています。 重要なファイルの暗号化と保護に加えて、保護されたファイルが不正にコピーされるのを防ぐために、プロのポート保護ソフトウェアを使用してUSBポートをロックすることもできます。

Renee USB Blockは、プロフェッショナルなポート保護ソフトウェアであり、ユーザーに使いやすく、セキュリティの高いUSBポート保護を提供できます。 不正なUSBデバイスによる悪意のあるフォルダのコピーを防止すると、ロックされたプログラムを実行したり、ロックされたWebサイトを閲覧したりすることもできなくなります。

Renee USB Block - 情報漏洩対策ソフトRenee USB Block - 情報漏洩対策ソフト

操作簡単 初心者も手軽に操作可能。

情報漏洩防止 外部デバイスからの不正アクセスやデータコピーを防ぐ。

強力保護 デバイス、ウェブサイト、アプリ、USBポートなどロック可能。

ログ監視 ログでデバイスの動作を監視。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ

操作簡単 初心者も手軽に操作可能。

強力保護 デバイス、ウェブサイト、アプリ、USBポートロック...

ログ監視 ログでデバイスの動作を監視。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
操作手順
①Renee USB Block を無料ダウンロードして、コンピューターにインストールします。

②左側の「USB&CDロック」をクリックし、各設備を無効にします。
チェックボックスにチェックを入れると、該当メディアの使用が無効になります。

チェックボックスにチェックを入れると、該当メディアの使用が無効になります

③自分の設備が正常に利用できるように、ホワイトリスト(信頼された設備のリスト)に設備を追加してください。

追加方法:設備をPCに接続し、「追加」ボタンをクリックし、設備を選択します。

ホワイトリスト(信頼された設備のリスト)に設備を追加します

暗号化された重要なファイルがクラックされるのを防ぐ方法

安全なパスワードを設定する
ファイルを暗号化する場合、セキュリティが高いパスワードを設定すると、パスワードの解読が難しくなる可能性があり、暗号化ファイルのセキュリティも向上します。
暗号化パスワードを設定するときは、次の点に注意する必要があります。
  • パスワードの桁数は8桁以上です(長さが短すぎません)。
  • 大文字、小文字、数字、記号の組み合わせを使用します(文字の組み合わせはできるだけ複雑にする必要があります)。
  • 異なる暗号化ファイルに同じパスワードを設定しないようにしてください。
  • 自分の名前または誕生日をパスワードとして使用しないようにしてください。
  • ナンバープレート番号、電話番号、自宅の住所など、簡単にアクセスできる個人情報は使用しないでください。
ファイル暗号化パスワードに関する情報を漏らさない
セキュリティが高いパスワードを設定するだけでなく、文字の組み合わせやパスワードの長さなど、パスワード関連の情報を他人に漏らさないように注意する必要があります。 クラッカーがパスワードの関連情報を知っている場合、クラッキングの範囲は大幅に減少し、クラッキングの難しさは大幅に減少します。
より安全なプロの暗号化ソフトウェアを使用する
ファイルを暗号化する方法はたくさんありますが、ファイルのセキュリティを確保するためには、重要なファイルを暗号化するために、高度なセキュリティを備えたプロの暗号化ソフトウェアを使用するように努めるべきです。 たとえば、前述のRenee File ProtectorとRenee SecureSiloを使用すると、このような専門的な暗号化ソフトウェアのセキュリティパフォーマンスは比較的高く、簡単に解析されることはありません。
暗号化されたファイルをロックする
ファイルを暗号化した後、Renee File Protectorを使用して再度ロックし、二重保護の効果を達成することもできます。これにより、暗号化ファイルのセキュリティが大幅に向上し、解析が困難になります。
ローカルファイルをロックする
1、ソフトをダウンロード、インストールします。

Windows版無料ダウンロード

2、「ロック」をクリックします。右側にロックボタンをクリックしてロックしたいファイルを選択したら、ファイルをロックできます。

ロックしたいファイル/フォルダ/ドライブをメインメニューにドラッグ&ドロップすることでロックしても良いです。或いは、右クリックメニューで操作することもできます。

データをロックする方法

3、ロックしたファイルをアンロックしたい場合、ロックファイルをチェックして、「ロックを解除」ボタンをクリックします。

ロックを解除

外付けメディアをロックする
1.外付けHDDをパソコンに挿入し、ソフトを起動します。

2.「外付けメディア」-「ロック」をクリックし、右側の「フォルダをロック」ボタンをクリックし、ロックしたいフォルダを追加します。

外付けメディアのデータをロックする手順

  • 【Renee File Protectorのパスワードを利用する】:チェックすると、ソフトの起動パスワードをロックパスワードとして利用します。チェックしない場合、別のパスワードでロックできます。【パスワード】、【パスワード確認】に入れてください。
  • 【ゲストパスワード】:このパスワードでロックしたデータを開いたり、書き込んだりすることができます。ロック解除、データ削除することができません。自分のデータを他人に修正したりしたい時、この機能を利用できます。

3.パスワードを設定し、「ロック」ボタンをクリックすると、exe形式ロックデータが作成されます。 これで外付けHDDのロック作業が完了します。

exe形式ロックデータ

4.外付けHDDを開いて、ロックしたデータをダブルクリックすると、exe形式のファイルが実行され、ロックパスワードが要求されます。 パスワードを入力すると、ロックが解除され、デスクトップ右上で次のウィンドウが表示されます。

メインプログラムから外付けメディアのロックデータを解除する手順

  • 【開く】:クリックすると、データを開きます。ここからデータを開いて修正し、閉じたら、データがまた自動的にロックされます。
  • 【解除】:ロックする時、メインパスワードでパスワードを設定した場合のみ表示されます。クリックすると、ロックパスワードの変更と解除ができます。ここからデータを解除すると、データを修正後、自動的にロックされません。

何かご不明な点がございますか?