author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

私たちのコンピューターには多くのプライベートファイルが保存されていますが、共有のコンピューターを使用している場合は、フォルダアクセス制限を設定する必要があります。 さらに、特定のユーザーがファイルをアクセスできるようにしたい場合、フォルダ/ファイルのアクセス制限を設定することによって実現できます。



フォルダアクセス制限を設定することにより、ローカルファイルへのアクセスを制御し、許可されていないユーザーがプライベートファイルにアクセスするのを防ぎ、プライベートファイルのセキュリティを大幅に保護できます。
フォルダのアクセス制限を設定する方法
ファイルへのアクセス制限のために、次の方法を紹介します。

方法1:Windowsのアクセス許可設定を使用する

Windowsでは、アクセス許可は、さまざまなアカウントがファイル、フォルダ、およびレジストリにアクセスする許可を指します。 Windowsでは、さまざまなアカウントに権限を設定して、重要なファイルが他人によって変更されるのを防ぎ、個人のプライバシーを保護できます。詳しくは次の方法を参照してください。
1.保護するファイル/フォルダを見つけて右クリックし、「プロパティ」をクリックし、下の「詳細設定」ボタンをクリックします。

詳細設定

2.「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する

3.フォルダが暗号化されます。他のユーザーがファイルを開こうとすると、アクセスが拒否されます。

デメリット:NTFSパーティション上のファイルのみを暗号化できます。FAT形式は対応できません。この方法は、Windowsのホームバージョンでは使用できません。他の人もこのアカウントでログインすると、これらの機密ファイルにアクセスできます。

方法2:Renee SecureSiloを使用する

Renee SecureSiloは、ユーザーのファイルデータを暗号化し、ユーザーのプライバシーを保護するために使用されるプロフェッショナルな暗号化ソフトウェアです。 このソフトウェアは、仮想ドライブを作成して、仮想ドライブ内のファイルを暗号化および保護し、ファイルへのアクセス制限を実現できます。

次に、仮想ドライブを作成してファイルアクセス制限を設定する具体的な方法を説明します。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.フォルダにパスワードをかけるフリーソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.ソフトを開き、「暗号化」の「作成」をクリックし、ロッカー(仮想ドライブ)を作成します。

ロッカー作成

4.ロッカー名とロッカーの保存場所を指定します。

ロッカー名と保存場所指定

5.ロッカーのパスワードを設定します。

ロッカーごとにパスワード設定可能。もちろん、直接ソフト起動パスワードを利用することも可能。

ロッカーパスワード設定

6.ロッカーのサイズを指定します。

ロッカーサイズ設定

7.ロッカー作成完了後、自動的に開きます。そこにファイルやフォルダを入れ、ロッカーを閉じると、暗号化されます。

ロッカーを開くと、小さい画面が表示されます。「Q」をクリックすると、ロッカーを高速に閉じることができます。「+」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

注意:4Gより大きいファイルを入れるには、先に仮想ドライブをNTFSとしてフォーマットする必要があります。

ロッカーを開く、閉じる

8.ロッカーを開くには、もう一つの方法があります。「開く」をクリックし、パスワードを入力すると、ロッカーを開きます。

ロッカーを開く

9.ロッカーにファイル移動完了後、「閉じる」をクリックし、ロッカーを閉じます。

ロッカーを閉じる

10.ロッカーを削除する場合、ロッカーを選択し、「編集」をクリックし、「ロッカーを削除」をクリックします。パスワードを入力すると、削除できます。

ロッカーを削除

方法3:Renee File Protectorを使用する

ファイル暗号化ソフトRenee File Protectorは、ローカルディスクおよびUSBデバイス、共有フォルダをロック、非表示、および暗号化機能を備えたソフトウェアです。 Renee File Protectorのファイル暗号化機能を使用すると、ファイルサイズの制限を無視して、簡単にすべてのファイルを暗号化および圧縮できます。

高度な暗号化アルゴリズムを使用し、ブルートフォースクラッキング用の汎用ツールは市場にありません。共有フォルダーロック機能を使用すると、他のユーザーのネットワークアクセスが制限することも可能です。具体的な操作を以下に説明します。

Renee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフトRenee File Protector - 便利、安全、強力なデータ保護ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージのデータを隠したり、ロックしたりすることができます。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

圧縮暗号化機能付き すべてのデータを圧縮暗号化でき、データ転送の安全性を確保。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 65206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1、ソフトをダウンロードし、インストールします。初期設定します。

インストール後、パスワードとメールアドレスの入力が必要です。

初期設定

2、ソフトを開き、左側で「ロックを」クリックし、右側でロックしたいファイル/フォルダ/ドライブを選択したら、ロックが完了です。

ロック手順

※ロックしたいファイル/フォルダ/ドライブをメインメニューにドラッグ&ドロップすることでロックしても良いです。或いは、ファイル/フォルダ/ドライブを右クりックメニューからロックすることもできます。

右クリックメニュー

ロック解除する時パスワードが要求される

3、ロックを解除したい場合、ソフトからロックしたファイルやフォルダを選択し、「ロックを解除」ボタンをクリックします。

ロック解除方法

※右クリックメニューからもロック解除できます。

Renee File Protectorで共有フォルダのアクセスを制限する
さらに、ローカルアクセスの制限に加えて、共有フォルダーにアクセス制限を設定して、より多くのユーザーにアクセスを制御することもできます。この操作は、ファイル暗号化ソフトRenee File Protectorを使用して実行することもできます。
1.ソフトを起動し、「共有フォルダ」-「ロック」をクリックし、パスワードでフォルダをロックします。

共有フォルダにパスワードをかける

2.ロックを解除するには、フォルダを選択し、「ロックを解除」ボタンをクリックします。

まとめ
フォルダアクセス制限の設定方法に関して、上記の方法はすべての人に役立ちますが、Windowsのアクセス許可を設定する方法はソフトウェアのダウンロードに時間がかかりませんが、NTFSパーティション上のファイルのみを暗号化できます。FATパーティションには効きません。また、この方法は、Windows Homeバージョンでは使用できません。方法2は、Renee SecureSiloを使用することです。これは、暗号化された仮想ドライブに設定することでフォルダのアクセス制限をできます。方法3は、ファイル暗号化ソフトRenee File Protectorを使用して、プライベートファイルを簡単かつ安全に保護し、共有フォルダの権限を設定することにより、特定の複数のユーザーとファイルを共有できます。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...