author avatar
  プロダクトマネージャー  

概要

Excelファイルの重要なデータを保護するために、通常はエクセルにパスワードをかけます。Excelファイルの暗号化パスワードを忘れた場合はどうすればよいですか? この記事は、異なるバージョンのエクセルファイルのパスワード解除方法について説明します。



Microsoft Excelは、Microsoftのオフィスソフトウェアの1つであり、一般的なシートデータ処理ソフトウェアとして、優れた計算機能、直感的なページ、およびチャート作成ツールを備えています。Excelファイルは日常業務で重要な役割を果たしますが、Excelファイルの重要なデータを保護するために、ほとんどのユーザーはエクセルにパスワードをかけます。

Excelファイルで設定したパスワードを忘れると、データコンテンツにアクセスして編集できなくなります。 それでは、エクセル(Excel)ファイルのパスワードを忘れたらどうしますか? 以下は、エクセル(Excel)ファイルのパスワードを解除するいくつかの方法を提供します。

一、Zipでエクセル(Excel)ファイルのパスワード解除(2007/2010またはその前のバージョン

この方法は、Microsoft Office 2010またはそれ前のバージョンに対応します。ご使用のExcelバージョンが2010以前のバージョンである場合、次の方法はExcelファイルのパスワードを解除するのに役立ちます。
① パスワードで保護されたExcelファイルをもう一つ保存します。

エクセルファイルをもう一つ保存

② Excelファイルを右クリックし、「名前の変更」をクリックして、ファイル拡張子を.xlsxから.zipに変更します。

拡張子を「.xlsx」から「.zip」に変更

③ zipでファイルを解凍し、拡張子「.xml」を持つファイルを見つけて、メモ帳で開きます。

.xmlファイルを見つけメモ帳で開く

④ 「Ctrl」 + 「F」キーを同時に押して「SheetProtection」と入力し、「sheetProtection」を含む行を見つけて削除します。 (複数のxmlファイルがある場合は、xmlファイルの「sheetProtection」行を1つずつ削除します。)

sheetProtectionの行を削除

⑤ ファイル拡張子を保存して「.zip」から「.xlsx」に変更し、Excelファイルを直接開きます。パスワードを再入力する必要はありません。

二、Office Password Removerでエクセル(Excel)ファイルのパスワード解除(2010またはその前のバージョン)

Office Password Removerは、パスワードで保護されたExcelファイルを解除するために使用できる無料のエクセルパスワード解除ソフトウェアです。Excelファイルのパスワードを忘れた場合は、それを使用してエクセルパスワード解除できます。 ただし、このソフトウェアはExcel 2010以前のバージョンにのみ適しており、拡張子.xlsのExcelファイルのみ対応でき、拡張子.xlsxのExcelファイルのパスワードを解除できません。
操作手順:

ソフトウェアをダウンロードしてインストールし、ソフトウェアを開いて「Open」をクリックして、パスワードを忘れたExcelファイルをソフトウェアにロードします。 Excelファイルをソフトウェアに読み込んだ後、「Remove Password」をクリックしてパスワードの削除を開始します。 パスワードを解除した後、パスワードを入力せずにExcelファイルを再度開くことができます。

Office Password Removerソフトでエクセルパスワード解除

三、Excel Password Crackerでエクセル(Excel)ファイルのパスワード解除(2003/2007/2010)

Excel Password Crackerは、Excel 2003、Excel 2007、およびExcel 2010バージョン用のExcelファイルパスワードを解除するソフトウェアです。 ユーザーがExcelファイルのパスワードを紛失したり忘れたりすると、パスワードを削除できるだけでなく、ブルートフォース攻撃、マスク攻撃、辞書攻撃技術によってパスワードをすぐに解除できます。

操作手順:

Excel Password Crackerソフトウェアを開き、「打开」をクリックし、Excelファイルを追加し、適切な解除モードを選択し、手順に従ってパスワードを解除します。

Excel Password Crackerソフト

四、SmartKey Office Password Recoveryでエクセル(Excel)ファイルのパスワード解除(全てExcelバージョン)

SmartKeyのOffice Password Recoveryソフトウェアは有料のパスワード解除ソフトウェアであり、ソフトウェアインターフェースはシンプルで操作が簡単で、すべてのバージョンのExcelファイルパスワードを解除できます。 ただし、ソフトウェアは有料ソフトウェアであるため、無料の試用版では4文字のパスワードしか解除できません。長いパスワードを解除する必要がある場合は、完全版を購入する必要があります。
操作手順:

ソフトウェアをダウンロードしてインストールした後、ソフトウェアを開いて「Add」をクリックし、Excelファイルを追加し、「Start」をクリックします。 パスワードの複雑さに応じて、解除プロセスには時間がかかります。

Office Password Recoveryソフト

ヒント

  • 上記からわかるように、インターネットには多くのエクセルパスワード解除ウェアがあり、ExcelファイルはExcel独自の暗号化方式を使用しており、簡単にクラッキングできます。 したがって、暗号化されていても、内部のデータは依然として100%安全ではありません。 Excelファイルのデータをより安全にするために、暗号化ソフトウェアRenee SecureSiloを使用することをお勧めします。
  • Renee SecureSiloはプロフェッショナルな暗号化ソフトウェアで、仮想ドライブ暗号化テクノロジーを使用して、さまざまな機密ファイルを仮想ドライブに保存して暗号化します。 また、ソフトウェアは最も高度なAES256暗号化アルゴリズムを使用しており、キー強度が高く、簡単に解除することはできません。
  • 情報漏洩を防ぐために重要なデータをさらに保護したい場合は、Renee USB Blockと暗号化ソフトウェアRenee SecureSiloを一緒に使用することをお勧めします。 ポート保護は、不正なUSBデバイスが悪意を持ってファイルをコピーするのを防ぎ、プログラムとウェブサイトをロックします。

おすすめ - ADs情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト 情報漏洩対策 - 一括暗号化・データの不正コピー防止ソフト

高速暗号化 暗号化された仮想ドライブで、ファイルが1秒で暗号化完了。

操作簡単 ロインターフェイスはシンプルで使いやすく、初心者も手軽に使える。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

アクセス制御 外部接続設備禁止(ホワイトリストを設定可能)、サイトブロック、プリンター禁止など機能ある。

攻撃を防ぐ 最大五回のパスワード入力回数を設定でき、総当たり攻撃を防ぐ。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全な保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能。

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

更に詳しく

エクセルパスワード設定のアドバイス

パスワード忘れは、ほとんどのユーザーがよく遭遇する問題です。パスワードを設定するときは、パスワードを忘れる可能性を減らし、ファイルのセキュリティを確保するために、十分に安全で覚えやすいパスワードを設定する必要があります。 パスワードを設定するためのいくつかのアドバイスをします。

  • パスワードの長さ
    パスワードが長いほど、安全性は高くなります。 しかし、長いパスワードはより複雑で覚えにくいものです。 したがって、パスワードを設定するときは、特定の長さ(6〜8桁が適切)を確保します。
  • パスワードの複雑さ
    パスワードの長さに加えて、複雑さも考慮する必要があります。単純すぎなく(推測しやすい)、複雑すぎなく(覚えにくい)、自分にとって覚えやすく、大文字、小文字、数字、記号も含めるようにしてください。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...