author avatar
  テストマネージャー  

概要

多くのユーザーは、パスワード管理アプリを利用しているが、使用しているパスワード管理アプリの危険性を考えたことはありますか?深刻な場合、アカウントとパスワードが漏洩する可能性があります。次は、パスワード管理アプリの危険性を分析し、すべての人に安全で効果的なパスワード管理ソリューションを紹介します。



パスワード管理アプリ危険性
パスワード管理アプリ危険性

安全性能リスク

パスワードを保管する場所として、パスワード管理アプリ自体のセキュリティパフォーマンスは非常に重要で、一部のパスワード管理アプリは、メモ管理、パスワードカード管理などの便利な記録機能のみを提供します。ただし、これらのアプリは記録しやすいように設計されており、セキュリティ暗号化機能はありません。つまり、電話にアクセスできる人は誰でも、これらのパスワード管理アプリをいつでも開いてアカウントパスワードを取得できるため、セキュリティの観点からは完全に安全ではありません。したがって、パスワード管理ソフトウェアを選択する場合、ユーザーは安全な暗号化保護を備えたタイプを選択する必要があります。

アップロードのリスク

スマホのパスワード管理アプリを使用するには、通常、アプリがスマホの特定の使用権限を取得する必要があります。 ただし、一部のアプリはユーザーのデータを収集するためにソフトウェアの使用以外のデータを違法にアップロードします。 さらに、そのような情報を収集するプロセスは非常に気づきにくく、ユーザーはほとんど分かりません。 このように、パスワード管理アプリの一部は、ユーザーがパスワードを記録する負担を軽減するのに役立ちますが、同時にユーザーの重要な個人情報を秘密裏にアップロードし、これらの違法ソフトウェアの使用は非常に危険です。

情報漏洩のリスク

パスワードで保護されたアプリが暗号化によって保護されていても、極端な場合には、サービスプロバイダーがハッキングの対象となり、クラウドに保存されているパスワードが漏洩する可能性があります。 たとえば、パスワード管理ソフトウェアLastpassは、2015年6月にサーバーがハッキングされ、攻撃者がユーザーアカウントの電子メールアドレス、パスワード、リマインダー情報、および認証のためのハッシュ情報を盗みました。 この情報に基づいて、攻撃者は脆弱なユーザーのマスターパスワードを推測する可能性があります。

Lastpassの発表では、パスワードリークはなかったが、サービスプロバイダーの一方的な言葉にすぎませんでした。 この事件について最も皮肉なことは、パスワード保護サービスに特化したアプリがハッキングされ、ユーザーが重要なパスワードをAPPに保存しているため、セキュリティリスクが増大していることです。 それでは、重要なパスワードや情報保存用に安全で信頼できる管理ソフトウェアをどのように選択するのでしょうか?

Renee SecureSiloでパスワードを安全に管理する
上記の暗号化されていないスマホ用のパスワード管理アプリ、またはクラウドにパスワードを保存するAPP管理方法(Lastpassなど)は、100%安全とは言えません。アカウントとパスワードを効率的に管理する場合、Renee SecureSiloを使用することをお勧めします。

Renee SecureSiloは、ファイルやフォルダーを暗号化するための暗号化ソフトウェアであり、暗号化、USBの保護、非表示、パスワード管理、偽装などの複数の機能を備えています。「パスワードウォレット」機能を使用して、個々のパスワードを安全・効率的に管理し、暗号化されたファイルデータをローカルに保存することにより、ネットワークを介した漏洩のリスクを避けます。さらに、このソフトウェアは高度なAES256暗号化技術を使用しており、外部からは総当たり攻撃が可能性ありません。ローカルコンピューターにパスワードを安全に保存できます。したがって、ソフトウェアを使用してパスワードなどの重要な情報を管理する場合、そのセキュリティを保証できます。

Renee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフトRenee SecureSilo - 高速、安全、強力なデータ暗号化ソフト

操作簡単 簡単な操作でファイルを暗号化して守られます。

高速暗号化 仮想暗号化ディスクテクノロジーを使用し、1秒で暗号化。

強力保護 世界標準の暗号アルゴリズム(AES256)を採用し、安全性抜群。

独立実行 仮想ドライブ内でファイルが独立実行可能、USBなどでソフトなくてもしっかり保護・運用

機能豊富 USB暗号化、非表示、偽装、パスワード管理等機能ある。

操作簡単 ウィザード形式で初心者も自力で復元可能。

完全なファイル保護 ローカルや外部ストレージデータを保護可能...

強力保護 暗号化の形式は公開されない、プライバシーを保護。

無料体験無料体験 5206名のユーザー様に無料体験をしていただきました!
1.ソフトをダウンロードしてインストールします。

2.初めて利用するときは、起動パスワードを設定する必要があります。ソフトを開くたび、パスワードが求められます。

起動パスワード設定

3.「パスワードウォーレット」-「作成」をクリックします。

パスワードウォーレット作成

4.ウォーレットの名前と保存場所を指定し、「次へ」をクリックします。

ウォーレットの名前と保存場所を指定

5.ウォーレットのパスワードを設定します。ソフトの起動ソフトを利用することも可能です。

ウォーレットパスワード設定

6.「カード作成」をクリックし、カード名と種類を設定します。

カード名とカード種類設定

7.カードをクリックし、右で具体的な秘密情報を入力します。

情報を入力する

8.「閉じる」をクリックし、ウォーレットを閉じると、ウォーレットが暗号化されます。開くにはパスワードの入力が必要です。

ウォーレットを閉じる

まとめ
パスワード管理アプリを使用する場合、最も重要な考慮事項は2つで、1つはパスワードの管理のしやすさ、もう1つはパスワードを保存するときのセキュリティです。 ユーザーがパスワードを管理する場合、Renee SecureSiloを使用して管理することをお勧めします。

何かご不明な点がございますか?

Loading comments...